大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 軍師官兵衛「天下動乱」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 干支 未(ひつじ)のぬいぐるみ | main | 自民300議席超す勢い >>
軍師官兵衛「天下動乱」
官兵衛は、三成と家康の戦が避けられないと見て三成がどう動くか予測を立てていたようだ。

秀吉は生前、大名の夫人たちを実質人質として大坂に住まわせるようにしていた。
三成ももちろん踏襲し、家康と戦になっても人質を取られた大名たちがいずれ自分に加担すると踏んでいる。

三成は大名夫人を大阪城に集める命令を出そうとしている。
官兵衛の妻光(てる)と、長政の妻栄(えい)も、当時大坂の黒田屋敷にいる。
官兵衛は前もって、2人を脱出させる算段を栗山善助、母里太兵衛らとしていた。
黒田家御用達の商人納屋小左衛門宅に、光(てる)と栄(えい)を移し大坂の湊に係留していた官兵衛手配の船で九州中津まで逃がすと言う作戦であった。
官兵衛は、大坂→鞆→上関→中津と言う航路を事前に調べている。
ところが、三成側の探索が厳しくなかなか屋敷から抜け出せない。
そこで、事件が起きた。
人質になるのを嫌った細川忠興夫人ガラシャが、家老小笠原小斎に自らの命を絶たせたのである。
キリシタンなので、自害はしない。
夫の忠興が三成に激怒したのは言うまでもない。

ガラシャの死と屋敷火災で、三成側の警備が手薄となり官兵衛の妻光(てる)と長政の妻栄(えい)は大坂から脱出成功する。

さて関が原。
息子の長政は関が原に行った。
隠居の身、大人しくしているのが通常だが官兵衛はここに来て野心が沸いて来たようだ。
関が原と同時期に九州で起きた、石垣原の戦いが勃発するのである。
官兵衛は、徳川方と決めていたが九州の大名は大方西方である。
九州豊後大友家は400年間その地にあったが朝鮮出兵で秀吉の怒りを買い改易された。
大友氏は毛利輝元の世話になり、旧領奪還に動き出したのである。

黒田主力部隊は長政につけて関が原に向かったので、九州にいる官兵衛のもとには大した兵力はない。
しかし、官兵衛の元には瞬く間に兵が集まり始める。
黒田の家は倹約家である。
節約して、かなりの蓄財があった。
浪人を金で集めたのである。
中津城に蓄えた金銀を、兵員募集に来た浪人、百姓たちに分け与えた。
総勢9千人も集まったと言う。
長政が関が原に連れて行った兵は5400なので、その数の大きさが知れる。

【2014.12.03 Wednesday 09:16】 author : いづな薫 
| 軍師官兵衛 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416677
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中