大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 あけましておめでとうございます。 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< バラ育の大晦日 | main | サザン紅白 >>
あけましておめでとうございます。

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
           
                                      

私は、見なかったのですが昨夜の紅白、サザンの桑田さんがヒットラー風のちょび髭で登場しピースとハイライトを熱唱したそうですね。
安倍政権を痛烈に批判した「ピースとハイライト」です。
これを、安倍政権御用達NHKで、しかも高視聴率の白で安倍首相をヒットラー髭で風刺し、政権批判をしたことを大いに支持したい。
昨夜の映像です。消されてしまうので、まだの方は以下で早めにどうぞ。 
12月28日には、サザンのライブに安倍首相夫妻が来ていたそう。
安倍よ、内容わかって聴いているのか。

            
 
新年迎えても、日本の政治は暗い。
それを思うと、「あけましておめでとう」どころではない。
安倍政権が大勝した以上、多くの国民に利益がある政策は敷かれない。
超富裕層と米国の利益のみ追及するのが、安倍&自民党の政策である。

先日、非正規雇用がまた拡大したとの記事を読んだ。
雇用状況、雇用待遇が悪く、増税など、国民が生きていく上で重苦しい不安を感じる要素が増える。
既に、格差拡大、中間層もリベラル激減している。

歴史を考えると、見えて来るのである。
日本人は、危機が大きければ大きいほどおかしな方向に集団で進む。
生活が苦しく社会不安増大し、もう負けたくないからと不利益でも権力者に擦り寄る人が増える。
これが大勢となってしまうとその先に戦争が起きる。

沢山票を取ったから、大勝したから、支持率高いから、政権が信任された?
それは違う。大体、小選挙区制が死に票が多すぎる。
今や、リベラルは少数意見になってしまったかのようだが、少数意見にこそ耳を傾けなければならない。
少数意見派は、論戦を張るために一生懸命勉強する。
一方、大勢派は思考停止に陥っている。
世論がしっかりしていれば、少数意見にも耳を貸し、マスコミも政府もいい加減なことは出来ない。
全ては、わたしたちの世論にかかっている。

【2015.01.01 Thursday 13:17】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416700
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中