大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 紛争に巻き込まれないために | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 越後上越おもてなし武将隊 | main | 白熱教室第6回 これからの資本主義〜再分配システムをどう作るか〜 >>
紛争に巻き込まれないために
人質事件、集団的自衛権、憲法改正の動き、格差拡大、
最近日本は紛争に巻き込まれる可能性が日々増している。

まずは、世界に、そして政情不安地域にも展開する日本企業である。
自衛隊が中東に行くようなことになれば国内外の日本人がターゲットになると思う。
今週、オーストラリア・シドニーでは、テロを計画した容疑者の自宅からアイシル(ISIL・イスラム国と呼ばれる組織)の旗が見つかっている。
オーストラリアは、アイシルへの空爆に参加している。

日本政府は、もっと危機を回避することを考えたらどうか。

私は、最近世界で起きたテロ状況の記録を読んでいる。
これを、いずれ書く時が来るかもしれない。
爆弾を仕掛けられたバスや、ショッピングセンター、駅など事件後の有様は見るも無残である。
バスは、焦げた床板と倒れた骨組みしかない。
乗り合わせた被害者は、バラバラになってしまっただろう。
日々が有事のイスラエルでは、ボランティア且つ警察補助組織でテロや災害でこの散乱した遺体を拾い集める人々までいる。

日常生活を送る無辜(むこ)の市民が、一瞬にして犠牲になる。
家族は、まず勤務先や学校を探す。
しかし、見つからず次に病院、そして最後に信じたくない思いで遺体安置所に来ることになる。

犠牲者の多くは、日々働き、通学し、公共交通網を利用する中低所得層の一般国民である。

アイシルによる日本人人質殺害事件で、きっかけになったのは安倍首相の発言である。
そう言うと、ネット上では安倍擁護派のバッシングを受ける。
アイシルの味方をするのかと。
安倍擁護派は、アメリカを嫌いながらなぜ”従米政権”である安倍政権を擁護するのか。
安倍政権の推し進める、改憲、集団的自衛権容認は、いずれ自衛隊を米国の傭兵として使うと言うものである。
9条を改憲する目的は、日本が海外に軍隊を出すためである。
そうなったら、国内外の日本人がいかに危険にさらされるか真剣に考えた方が良い。

テロは悪い。
言うまでもない。
しかし、テロを起こす原因を作った国や人間についても良く考えたら良い。
先日、ヨルダンで死刑になった女囚は、野菜売りを営んでいたと言う。
イラク戦争の米からの攻撃、そして米国の空爆で、家族を複数失っている。

組織をいきり立たせない、むやみに被害の出る方向を避けるのが日本の取るべき道である。
日本は今、米、イスラエル側に立つ。
いずれか一方の肩を持つのは極めて危険である。
アイシルは、非常に残忍な手口を使う。
米国映画のシーンのようだと言う人がいた。
あきらかに、誰かに見せ脅迫しようと言う意思が伺える。

米国は、日本も含む有志国連合を強化しようとしている。
しかし、テロ組織に戦いを挑んでも事態は悪化するばかりである。
イラク、アフガニスタンと武力介入しても、力では解決できていない。
かえって、反発を大きくしている。
米国は、人質事件発生の場合、身代金を出すことも人質交換も断固拒否の姿勢である。
日本政府も、今回これに従った。
米国など有志連合国が、アイシルを空爆中だが、たとえ掃討出来ても90国2万人に上る外国人兵士は母国に戻ってテロを起こすだろう。

フランスの、風刺週刊誌シャルリー・エブド襲撃事件はアルカイダから分かれた組織が犯行声明を出している。
戦争やテロは、貧困そして富める軍産複合体を土壌として生まれて来る。
貧困で争いが起き、または金儲けのために軍産複合体が戦争を起こす。
紛争地域は、豊かになれば自然と収まる。
それまで、多くの犠牲が出るだろう。
でも、外から介入するよりましである。

日本も格差が拡大し、過激な人間が増えている。
ある程度の豊かさがあり差別など社会的環境が劣悪でなければ、誰もが自分の生活を守りたいと思う。
だが、これから日本は格差がどんどん拡大する。

我々はどうしたらいいか。
不要に、危険な地域に出かけないのは言うまでもない。
そして、戦争の道を突き進む安倍政権を絶対に支持してはいけない。
テロや戦争で、自己や家族を失いたくなかったらぜひそうして欲しい。

【2015.02.14 Saturday 21:06】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416733
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中