大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 相手を怪我させて薬を買わせる | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 谷中墓地お参りと花見 その2 | main | ご縁は続くどこまでも >>
相手を怪我させて薬を買わせる

原発再稼動は、「相手を怪我させて、薬を買え」と言っているようなものだ。
 
安倍政権に対し、こう批判した人がいる。
日本総研研究所の主席研究員、藻谷浩介氏である。
言われた、安倍首相はなんと言ったか。

「あいつだけは許さない。」(日刊ゲンダイ)
 
一国の総理ともあろう者が、なんと稚拙で暴力的な答えか。
多くの権力を行使できる総理が、普通の民間人である人に対しなんと言う危険な言葉を吐くのか。
家族だって困惑するだろう。

藻谷氏の意見を、噛み砕いて書く。
原発が止まったので、火力発電用の石油輸入量が増えて貿易赤字国になった。
日本のお金を流出させないためには再稼働が必要だと経産省は言う。
でもこれは、とんでもないうそ
政府が、”円安”を自分で誘導しているのである。
わざと、日本のお金を流失させている。

円安は、例えば、
1リットル140円で買えていたガソリンが170円出さないと買えなくなると言うことである。
原発が止まっているから、電気料金が上がったのではなくて、わざと”円安”にして上げているのである。

藻谷浩介氏の考え方を、私はかつてから支持している。
彼は、ベストセラー「里山資本主義」の著者でもある。

まだお読みでない方は、読んでみていただきたい。
何が、書いてあるかと言うと。

20世紀から、当たり前にやって来た”エネルギー観”をくつがえそうと言う試みである。
長時間労働、使い捨ての生活、一生懸命働いても、物だけでなく人間すら使い捨てるのが現代社会である。
里山には、自然と共に生きるシステムがある。
美味しい水と新鮮な野菜、魚、燃料、自然エネルギー、バイオマス発電などにより幾らかのお金が入る。
家族、そして地域の強いきずなを保ちながら人間らしく生きていく暮らしが書かれている。
確かに都会の方が収入は多い、しかし、猛烈社員、猛烈企業は豊かか?
里山を資本とする生活の方が、はるかに豊かな生活を送れると、藻谷氏は言う。

そう言われても、誰もがいきなり田舎に引っ越せるわけではない。
 
でも、働けば働くほど、税金で持って行かれる。
だいたい、そんなに仕事に時間を取られていると、家事も育児も外注しなければならず、金がかかる上それってどうなのよ。
放射能汚染もあるし、忙しいからって添加物だらけの出来合いお惣菜なんてごめんである。
でも、こういう人ばかり増えたら?

企業は儲からないのである。
企業からお金をもらう政治家も反対する。
原発止めたら江戸時代!と言った与謝野元大臣、宮根アナみたいなのがまた声を大きくして騒ぎ出すのだろう。

「忙しいのだから便利な生活したいでしょ〜!江戸時代の生活に戻りたいんですか〜!」
 
人間的な暮らしも出来ない、忙しい生活を強いているのは誰か?
他の先進国は、1日8時間労働である。
私の友人のドイツ人は、年2ヶ月バカンスがある。
時間が出来ると、人間いろいろなことを考えるようになる。
政治に関してもだ。

安倍政権は、国民に余裕と時間を与えず働かせ、ものを考えないようにしている。
国民から金を巻き上げ、企業献金をもらい、うなるほどの金が自民党にはある。
企業は、どうするか。
その金を取りに行くに決まっている!

藻谷氏の「里山資本主義」に対し、批判記事がやはりあった。
そんなこと出来るわけないと。失敗例がたくさんあるぞと。
どこに載っていたかと言うと、「WEDGE」。
新幹線の中においてある、JR機関紙のWEB版である。
あまりにステレオタイプで、失笑した。
JRは、原発推進で、藻谷氏の思想とは真っ向から反する。

私は、東京区部の自宅で微生物資材をたくさん作っている。
肥料、活力剤、殺菌殺虫剤、台所洗剤、漂白剤、トイレ洗剤、入浴剤、シャンプー、金魚鉢の浄化にもなる。
材料費は、たくさん使う黒砂糖以外はただみたいなものだ。
これらを、お金を出して今まで買っていた。
微生物資材は、何種類も要るのに高価で1リットル2万円くらいするのもある。
微生物素材を、みんなが作り始めたら洗剤の会社も農薬の会社も製品が売れなくなる。
 
だから、言わない。
CMでは、除菌、除菌と騒ぎたて、良い菌も悪い菌と一緒に殺している。
良い菌がいなくなり、アトピー性皮膚炎など慢性的な皮膚病が蔓延している。
抗生
物質を投与された肉、魚、添加物の多い食事で、人間は体内汚染され、免疫力低下で病気になる。
私は、抗生物質を使った肉や魚(養殖)を買わない。
抗生物質食べて、予防接種なんてしていたら、いやもう人体・植民地化。 

最近、子宮頸がんの予防接種でひどい副作用に陥る人が続出している。
この接種が日本で始まる前から、インドでは100人以上の死亡者が出たと報じていた。
 
予防接種なんて、製薬会社の在庫処理に過ぎず、およそやめた方が良い。
「予防接種しましょう」のお知らせにツられて、子供を連れて行く前に(自分も行く前に)、
薬成分をよく調べてみて欲しい。
吐きそうなものが入っているから。

 
医療機関も、日本のメディアも、もちろんそんなことは報じない。
そんなこと言ったら、薬が売れなくから。
製薬会社は政府とべったり、マスコミも政府とべったり。

抗がん剤もそうだ。
抗がん剤が効かないことは、医師である厚生省技官も認めている。
欧米よりも、日本のがん治療は20〜30年遅れている。
米国の国立がん研究所では、30年も昔に”抗がん剤が効かない”ことを宣言している。
この研究所、抗がん剤は強力な発がん物質で、投与すると多臓器にがん発症するとも言っている。

なんで、日本では未だに抗がん剤が使われているか。
米国では規制が出来て売れない薬を、規制のない日本で売っているから。(農薬も)
がんで病院に行くと、手術しましょう、抗がん剤治療しましょう、がんを増やしましょう。
がんが増えれば、また儲かる。

医療保険もあやしいものだ。
果たして患者のためにか医療関係者の儲けのためか、米国では大いに議論の的である。

税金の話である。
我々の税金のうち、330兆円が特別会計と言われる裏帳簿に入る。
一般会計の4倍もあるこの予算、監査もなしの使途不明金なのである。
特別会計の主な財源は、健康保険、国民年金、ガソリン税、石油税、地方道路税、労災保険、雇用保険
などである。
誰でも払っている。
このお金がどう使われるかもを分からないまま、補助金となって地方公共団体や特殊法人、公益法人から
業者へと流れている。
戦争マフィア、原発マフィアと言う言葉がある。
まさに、日本のみならず世界中がこのお金にたかっている。
そして、もちろん政治家ともつながっている。

日本のメディアはもちろんそんなことは報じない。
だから国民の多くは取られるだけ取られて、知らない。
 
怪我させられて、薬を買えと言われていることを知らない。
怪我させらて、薬買わされて、加害者を支持している日本人。
もう、その怪我は重篤で命に係わるほどなのにである。

【2015.04.06 Monday 11:21】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
「日刊ゲンダイ」の内容を取り上げるのもまた、稚拙に感じてならないのですが…
| ご立派ですが | 2015/04/06 4:03 PM |
権力を監視もせず、安倍首相と会食を繰り返している社長会長がいるメディアなら稚拙ではないのですね。
| いづな薫 | 2015/04/06 4:42 PM |
不死身の串かつです。(#^ω^)私も医者に殺されそうになった一人です。勇気をもって治療を拒否して無事生還しました。群馬や千葉の病院のニュースは人事ではありませぬ。京都大学の水産実験場の調査で明らかになったことがある。全4基が止まった高浜原発周辺の海を調べたところ、温排水が放出されなくなったため、南方系の生物が姿を消し、本来の生態系が戻ってきたそうです。原発はエネルギー利用率が低く、多くの熱を捨てている。温排水は周囲の水温より7度高い状態まで排水が認められているそうな、原子力発電所の出力100万キロワット当たりの温排水は毎秒70立方メートル、火力は40立方メートル、どこが原発はクリーンエネルギーなのだ。
| 串かつ | 2015/04/06 7:35 PM |
串かつ先生

コメント嬉しいです。感謝申し上げます。
串かつ先生の勇気ある治療拒否、忘れませんよ。大変でしたね。
医療機関の言うことを、鵜呑みすると怖いです。
医療機関にかかる人が少ない、長野県が長寿県だそうです。

>高浜原発周辺の海を調べたところ、温排水が放出されなくなったため、南方系の生物が姿を消し、本来の生態系が戻ってきたそうです。

そうでしたか、原発はやはり環境を破壊しますね。
鹿児島の川内原発稼働中に、大型水生生物の死体が上がることで有名です。

先ほど、参議院・復興特別委員会で山本太郎議員が質問していました。
「福島原発の汚染水はコントロール済みと、首相は宣言しました。しかし、1日で57%、5日で99%、湾内外の水が入れ替わるそうです。これは事実ですか?」
資源エネ庁の役人の答えはこうです。
「1日で57%は多すぎ、5日分は計算できません。」
| いづな薫 | 2015/04/06 8:14 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416770
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中