大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 花燃ゆ「塾を守れ!」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< かぶき者慶次「石田三成の子」 | main | かぶき者慶次「新九郎の秘密」 >>
花燃ゆ「塾を守れ!」
 文(ふみ)がいくら家庭的な温かさを見せ、松陰の暴挙を止めようとも松陰は聞く耳を持たない。
更には、親友で義理の弟でもある小田村伊之助をも罵る。

ただ、松陰の言動は分からなくはない。
彼は、幼い頃から国を守る武士として、兵学者として苛烈な教育を受けている。
けっして、温かな家庭を守って生きるようにとは教育されていない。
教えた叔父玉木文之進は、日露戦争の時の乃木希典を教えた人でもある。

度重なる過激な言動により松陰は投獄されたが、もちろんそれでおとなしくしている松陰ではない。
伏見要駕策(ふしみようがさく)、老中間部詮勝(まなべあきかつ)暗殺計画と、過激さを増して行く。
さすがに、愛弟子たちも時期尚早、計画阻止に入る。
伏見要駕策(ふしみようがさく)とは、江戸に向かう毛利藩主を尊皇攘夷派公家が待ち伏せして、
尊王攘夷の旗揚げをしようと言うもの。

これを誰が行くがで、算段していたのがドラマのシーン。
入江九一・野村靖兄弟のうち、弟の靖が行くことになったが露見している。
(野村は、兄弟の実父の旧姓)
入江・野村兄弟は、下級武士が入る岩倉獄につながれることになった。

松陰が死にこだわるのは、自分が非業の死を遂げることで尊王攘夷運動が盛んになると言うもくろみがある。
自ら、起爆剤になろうと言うのである。

江戸で投獄された後、死を拒否し、生きることへの希望、死生観の転換も見せるがそこまで進んでいないのでそのうちまた。

花燃ゆ、ブログに書いてはいなかったが毎回見ている。
ホームドラマ、学園ドラマ風だが面白いと思う。
一般視聴者には、トラブルメーカーの兄に振り回される大変な家族の話に見えるかもしれない。
ふみたち家族が、何を思い暮らしていたかは歴史的に探索するすべはないが、
吉田松陰の壮絶な人生も、そろそろ佳境である。

【2015.04.15 Wednesday 15:58】 author : いづな薫 
| 花燃ゆ | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416774
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中