大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 かぶき者慶次「新九郎の秘密」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 花燃ゆ「塾を守れ!」 | main | 翁長沖縄県知事と安倍首相会談 >>
かぶき者慶次「新九郎の秘密」
春日山城の柱と、聞いて、思わず身を乗り出してしまった。いや、ドラマだが。笑

前田慶次、加賀に置いて来た妻を思い出して、 ((((;゜Д゜)))ガクブル。笑

ちょっと前田家の人々について書く。
前田慶次の養父は、前田利久と言う。
慶次の実父は、織田信長家臣の滝川一益の一族と言われている。
慶次の母とも姉とも言われる女性(諸説あり)が、前田利久と婚姻し、更には慶次が前田家の姫と結婚した。
これが、前田安勝の娘。

慶次の養父・前田利久には、利玄、安勝、利家などの兄弟がいる。
前田利久の妻の連れ子?(弟?)が慶次で、その妻が安勝の娘。
つまり、慶次と妻は、系譜上”いとこ同士”の結婚である。
信長の命令で、長男に替わって、4男が前田家当主になった。
これが、前田利家である。

前田慶次、ドラマでは100石くらいの設定だそうだが、
これも、良くわかっていない。
関ヶ原以前、上杉家に仕官した時は、1000石での採用であった。

ドラマは、栄華を極めた謙信公の家臣派閥と、直江兼続の与板派閥が争っているお話。
う〜ん、まあ6000人もいるからな。
余談だが、この6000人の家臣団を従業員として考え、当時の人口を1600万くらいとして、現在の人口1億3千万に対しどのくらいの規模か考えてみた。
商業で潤っていた上杉家だが、経済状態も違うので一概に比較できないのであくまで余興。
ざっと、トヨタや、JR東日本、パナソニックなど日本の最上位グループに匹敵する人数である。

越後屋と言う、豪商がドラマに出て来た。
時代劇に本当に多い名前である。
謙信公が栄華を極めた越後経済、そのよすがで豪商の名前に多いのである。

慶次の娘が、「お父さんには隠し子がいます、新しい女もいます」と、母への手紙に書いてしまい、
慶次はゆっくり風流もしていられない。

慶次郎の人生で最も大事なことは、平和に風流三昧すること。

剣の師範代に、果し合いに来た伊達家浪人を採用したか。あの男は確かに使える。笑。
江戸に行ったお屋形さま(景勝)や直江兼続も出て来るのかしら。

政治的にも、家庭的にも、慶次の危機があり娯楽作品として面白い。
来週も、また楽しみ。

【2015.04.17 Friday 15:53】 author : いづな薫 
| 前田慶次郎 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
我ら、揚北衆としては本庄 繁長もドラマ化していただきたい。
戦国時代の北越後は揚北衆と呼ばれる、軍事力、財力を蓄えた有力な土豪達が、
群雄割拠する激戦区であり、繁長の本庄家もこの揚北衆と呼ばれる土豪の一つであった。
揚北衆は独立意識が強く、度々離反したり、互いに私闘を繰り広げたりして、
長尾・上杉氏にとっては、まさしく目の上のタンコブのような問題児ばかりであった。
札付きの問題児、繁長は問題行動が顕著で、出兵要請を拒んだり、
武田信玄に内応して謙信に反逆したり、曲者ぞろいの揚北衆の中でも背信行為が
突出していた。
この北越の暴れ馬の蛮勇ぶりには謙信も大いに手を焼かされたが、
次の当主である景勝には基本的に従順であり、一貫して景勝に忠誠を誓っている。
強いものには逆らうが、弱いものは助ける。強気を挫き、弱きを助ける。
これぞ本物、晩年は福島城主であり、70才以上生きて、畳の上で亡くなっている。
繁長が乱世を生き延びた何よりの理由は繁長本人の優れた器量と運の良さに帰結する。
上越の人達には申し訳ないが、下越の人たちは、本庄 繁長が英雄なのです。
熱狂的なファンがいるのもわかる。
| 串かつ | 2015/04/20 8:14 AM |
串かつ先生

>我ら、揚北衆としては本庄 繁長もドラマ化していただきたい。

出た〜我ら揚北衆ですね!
以前、このブログで揚北衆のことを書いたら、揚北衆と本庄繁長を支持する団体からメールをいただきました。
越後の武将たちは、直臣は少なく一国一城の主が多く独立心が強いですね。

>上越の人達には申し訳ないが、下越の人たちは、本庄 繁長が英雄なのです。

地元の殿ですね。
私は、旅行などで違う土地に行った時、知り合った人に「あなた様のお殿様は誰ですか?」と聞くことがあります。
いろいろな答えが返って面白いです。
| いづな薫 | 2015/04/20 2:39 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416775
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中