大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 バイオ園芸 黒星病との戦い | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< バイオ園芸 シロアリにえさ | main | 憲法改正と教育 >>
バイオ園芸 黒星病との戦い

逆光になってしまい、ただの黒い点にしか見えないが、刺客てんとう虫活動中。
アブラムシをどんどん食べている。

微生物軍の軍師のいづなです。

微生物資材を投入した場合、消毒しなければ植物の葉の表裏、 内部には無数の微生物が住む。
雨後も病気が見当たらなければ、一時的に菌数は減っても、雨の当たらない葉裏では菌が安定して住んでいると推測される。
微生物のうちバチルス菌(納豆菌もこの一種)は、黒星病菌の形態異常を起こし生存を阻害させる働きがある。
当ブログで何度も書いた、えひめAI-2は、納豆菌の培養液である。
葉の気孔(きこう・穴)は葉裏に多く存在し、病原菌感染経路にもなる。
しかし植物は、免疫センサーを持っていて、迅速に細胞に情報を伝達させ、病原菌を撃退する活性酸素を作り出す。
病原菌侵入経路の封鎖、抗生物質造成と次から次へ手を打つのである。

いやはや、生物って素晴らしい。
と言うわけで、

戦国カフェは、バイオ園芸なので以下の戦法を使う。

爆弾 化学兵器(薬品)禁止(農薬ムラの既得権益にえさはやらない)
風林火山 天敵と手を組む。
毘 毘(微)生物精鋭部隊を送りこむ。

黒星病の天敵は、納豆菌の他、放線菌が有力である。放線菌は土壌中1gに134万ほどもいる。

プチ余談 1944年、米のワクスマンらが放線菌の培養濾液(ばいようろえき)から、ストレプトマイシンを抽出する。
これが、最初の抗結核薬となった。
その後も数々の抗生物質が、放線菌から発見されている。
多くの人類の命を救った微生物である。


その放線菌の好きなものを、金軍資金として送り込む。
それは、何か。


蟹ガラである。


蟹ガラ作り方

1)魚屋さんに行き、蟹を買う。えびでも可。

2)テキトーに料理し美味しくいただいた後、蟹ガラを洗う。内臓は捨てる。
 陣中食・蟹レシピ→蟹のビスク ビストロ風渡り蟹のスープ

3)お湯を沸かし、2の蟹ガラでまた出汁を取り、後でおすましやラーメンに使う。

4)出汁を取った後の蟹ガラから肉を全て落とし、細かくペンチで砕きます。怪我しないように。

5)4をフライパンで炒れば出来上がり。(面倒な人は通販等で買って)
植物の素晴らしい肥料になる。
土壌に混ぜ込むと放線菌が増え、バラ特有の黒星病予防になる。もちろん、畑やプランターでも効果が出る。
蟹ガラをぼかしに入れても良い。


星黒星軍は、手ごわい。
胞子で飛び、菌を昆虫や雨に運ばせ、バラを蝕む。
なので、株元に防衛マルチを敷く。

大河ドラマ花燃ゆで、吉田松陰が畑作物の株元に稲わらを置いていた。
これだよ、これ。微生物付きの素晴らしいマルチ。

でも、東京でさすがに稲わらは難しいので、
天恵緑汁や、スギナの煮汁など微生物資材を漬け込んだ時出たヨモギなどの雑草、ヒノキその他で株元を覆う。
バークチップや炭に酢や木酢液、ニームなどを染み込ませ、覆っても黒星の他コガネムシ対策になる。



私の微生物資材に、触れたオレンジチュウレンジバチ。
5分くらいで動かなくなった。
蝶、蛾、コガネムシの類をいくつも入れたが、過労死、ショック死、微生物の中毒死なのか、はっきりせず。
空の入れ物に入れただけだと、いつまでも生きているので一定の効果が出ているのか。
未だ、研究の余地あり。

【2015.05.05 Tuesday 16:51】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
黒星病の対策 ありがとうございました
よく分かりました。  市販で蟹殻があるのですか?

オーガニックで園芸をやり始めて、まだ10日も立ちませんが
心なしか、植物が元気で、葉が生き生きしてきた気がします
最近は薔薇ゾウムシの被害を見かけません
時期的に薔薇の新芽が少なくなったからかしら。。。

↑薔薇がきれいに咲いていますね ^^

明日はえひめAI-2を散布予定です
今年はおかげさまで、庭作業も楽しくやる気になります

さて、これから現れるいや〜な蚊ですが。。。
なにか対策されていますか?
今のところ、オーガニック蚊取り線香と
ハーブくらいしか思いつきません
いづな様の小さな吸血鬼対策あったら教えてくださいね

| さくら | 2015/05/07 9:21 PM |
さくら様

コメント嬉しいです!
市販かにガラ、ありますよ。
質はいろいろですが。
でも、ご自宅で召し上がり、肥料も作ると納得のいく物が出来ます。
オーガニックは、葉が生き生き、つやつやしますよね!

>↑薔薇がきれいに咲いていますね ^^

ありがとうございます。
無農薬と思うと、感慨深いです。

>今年はおかげさまで、庭作業も楽しくやる気になります

さくら様とご近所で、庭つくりしているような気がいたします。笑

>オーガニック蚊取り線香とハーブ

上記以外の蚊対策ですと、入れ物に水張って、菓子クズとかまくとぼうふらがわきます。
晴れた暑い日に、石畳にぶちまけると集団で死にます。
蚊が二酸化炭素が好きなので、発酵する液体を何か夏に吊るそうかと思います。
ハーブでは、蚊が嫌うチェリーセージが入口近くに植えてあります。
蚊とは別に今、らっきょ汁を吊るしてありますが、害虫取れますよ。
成分によって多少取れる虫が違って面白いです。
| いづな薫 | 2015/05/08 9:36 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中