大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 クレオパトラとエジプトの王妃展 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< しそサイダー | main | 参院戦争法案 >>
クレオパトラとエジプトの王妃展


クレオパトラとエジプトの王妃展を見て来た。
古代エジプトに生きた、4人の王妃と女王たちの展示である。

1枚目写真の背景の中で、2枚目の衣装と蛇を首に巻いて記念写真を撮れ、と置いてあった。笑


さて、その展示内容と歴史背景について。

当時、エジプトでは基本的に王には男性がなる。
女性の王が出た時は、腰布をつけあご髭をつけ男性の姿でレリーフや彫像になっている。
ちなみに、あごひげは男性も付け髭である。
これまで、発掘された品の中にまだあご髭はない。

日本の夏も暑いが、エジプトの王墓の中は夏、50℃にもなる。
よって、調査は12〜1月にすることになっている、


ネフェルティティと言う王妃がいる。
ツタンカーメンの妻の母親とされる。
ネフェルティティが、夫のアメンホテプ4世と世を治めたのはBC.1350〜1334である。
ネフェルティティには、”美しい人が来た”の意味があるが、その現存する像は実に美しい。
現在、ベルリン博物館にこのネフェルティティの胸像があるが、エジプトが返還を求めているがドイツが拒否している。
エジプトで、新たな博物館を造るから目玉として展示するので貸して欲しいといってもみたが、「移動すると壊れるから。」とまた拒否している。

ネフェルティティから1300年後に、女王クレオパトラが現れる。
クレオパトラは、ギリシア人である。
クレオパトラの国、プトレマイオス朝はギリシア語が公用語である。
ナポレオン配下の仏軍がエジプト遠征の時に、ロゼッタストーンを発見して持ち帰っている。
ロゼッタストーンとは、ヒエログリフ解読の鍵になった石碑である。
現在は、大英博物館にある。
ロゼッタストーンは、ヒエログリフ(古代エジプトの神聖文字)、デモティック(民衆文字)、ギリシア語で、同一文が併記されている。


さて、クレオパトラの彫像も今回来ていた。
絶世の美女との噂がある彼女だが、像を見る限り、普通の女性である。
ただ、クレオパトラは物凄く頭が良かった。
7ヶ国語を操り、カエサル、アントニウスと名将を次々と取り込んでいく。
才覚があったことは確かだろう。
名将だが、田舎者のカエサルとアントニウス、アレキサンドリアで学んだ都会的な才女クレオパトラが素敵に映ったのかもしれない。
ましてや、相手は富も地位も名誉もある女王である。


エジプトの造詣に、ウジャト眼と言うのが頻繁に出て来る。

ホルス神の左目、ハヤブサの眼を表し、癒しの効果があるとされる。
海外でよく見かける、薬局の看板に書いてある「Rx」は、処方箋の意味である。
このRxは、ホルスの左目を表すヒエログリフが、Rxの文字に似ていることからつけられている。
ミイラの内臓を取り出した傷に、ウジャト眼の形の物をおくのである。
今回の展示にも、ウジャト眼のデザインの首飾り、指輪などかなりあった。
癒し、医療的な効果を狙ったものなのである。

ホルスとは、エジプトの神、オシリスとイシス夫婦の子である。
父オシリスが、弟セトに殺されバラバラにされ全国にばら撒かれてしまった。
母イシスが、それをかき集めつないで、包帯でぐるぐる巻きに。
だから、オシリスの姿は包帯ぐるぐる巻きのミイラ姿である。
包帯ぐるぐる巻きの後に生まれたのが、ホルスである。えっ。
そのホルスの左目が癒しのウジャト眼。

クレオパトラの王墓は見つかっていない。
クレオパトラを最後とする、プトレマイオス朝11人の王墓も未発見である。
アレキサンダー大王が遠征中に病死して、ミイラにされた。
彼の遺体が、故郷マケドニアに運ばれる途中、敵国のプトレマイオスに奪われるという事件が起きている。
おそらく、アレキサンダー大王のミイラもプトレマイオスの墓地にあるだろうと、識者の間では推測されている。
アレキサンダー大王の墓が見つかる時、女王クレオパトラの墓も発見されるかもしれない。

【2015.07.31 Friday 16:22】 author : いづな薫 
| 古代史 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416859
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中