大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 新宿でも戦争法案デモ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 謙信公祭で見る、美しい日本の意匠 | main | 消費税10% 軽減税還付金は年間4000円まで >>
新宿でも戦争法案デモ

雨の中、連日のようにあちこちで戦争法案反対のデモが行われている。
写真は、新宿のマルイや、ビックロ、三越伊勢丹がある新宿通りである。

国民を戦争に駆り立てようとしている安倍政権、
一方税制では、2017年の消費税を軽減税率なしの10%で決めようとしている。
消費費税10%にするのは、法人税を下げるためである。
これほど、国民不利益の政権は珍しい。
不利益ばかりなのに、国民の皆さんのことを考えていますよ、と嘘をつくのが全く腹立たしい。

安倍首相が、「日本のお母さんや子供、おじいさん、おばあさんが乗っている米軍艦を自衛隊が守ることができないんですよ。」と大嘘をついた。
米国側は、軍の船に民間人を乗せないと言っている。
それに、世界一強力な米軍を日本が守ってやる必要はない。
最近は、中谷防衛大臣が、日本人が乗っていなくても集団的自衛権を行使するとを認めている。

安倍政権は、詭弁と嘘ばかりである。
こんな政権に、皆さまの命が握られている。

【2015.09.06 Sunday 16:55】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
国民の皆さんの方が10年先を行っていますね、優秀なんですね国民の皆さん。
今まで国民の皆さんがおとなしいのをいいことに、好き勝手していましたからね。
国会議員と官僚は変にプライドがあるから扱いずらいし、仕事が出来ないし始末が悪い。
普通のことが普通にやれない連中なんだね。そんで国民の皆様がケツ拭いてんですから。
国民の皆さんをなめきっているから出たんですよ、国民なんかこの程度で十分だて。
馬鹿は政府と霞ヶ関の官僚様、国会議員様。ほんの一部のまともな議員さんは除きます。
これで世界中から日本の官僚は物笑ですね。官僚の程度が幼稚園児並だとわかりました。
これでは日本国民の立つ瀬がないです。全員総退陣願います。
しかし税金をドブに捨てたとなれば笑っては済まされない。大変な事をしでかしました。
そのお金でどれだけの子供達がお年寄りが貧しい人達が助かったか、救われたか。
口先ばっかりで、これで国民の事なんか何も考えていないことがわかったでしょ。
どんだけ、損失や信用失墜を国民に負わせれば気が済むんだ。自分達は高給を取っといて。
もう頭にきた。公務員に損害を請求することができる、憲法第三章17条で訴えましょう。
| 串かつ | 2015/09/06 9:34 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
ようやく、世論が大きな動きになって参りました。
でも、戦争法案は成立するでしょう。
その後の政権が、実行できるか否かは国民の意思に左右されます。
戦争法案、消費税10%、TPPと自民党にとって好材料がないこの先、早期に解散総選挙に打って出ることも考えられます。
その時、国民はまた自民党に勝たせるのでしょうか。
安倍政権に反対している人は沢山います。
でも、自民支持者も相変わらず多く、自民は戦争法案を争点にしないようマスコミを使うでしょう。

>国民なんかこの程度で十分だて。

消費税20%くらいまで取れると言った人もいましたね。
戦争に駆出すのもOK、重税もOK、国民なんてバカだからすぐ忘れるすぐ慣れる、と言う事でしょう。

>そのお金でどれだけの子供達がお年寄りが貧しい人達が助かったか、救われたか。
口先ばっかりで、これで国民の事なんか何も考えていないことがわかったでしょ。

消費税は社会保障費に使うとか、自衛隊は米軍艦に乗った日本人を守るとか、政府は息を吐くようにうそをつきますね。
憲法第三章17条、公務員の不法行為で損害を受けた時、賠償を求めることができる。
該当する案件がありすぎます。
| いづな薫 | 2015/09/07 9:04 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416893
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中