大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦争法案 日本の行きつく先 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 消費税10% 軽減税還付金は年間4000円まで | main | 謙信公祭はGACKTさん?それとも? >>
戦争法案 日本の行きつく先


本太郎議員の答弁は、聞いておいた方が良いと思う。
国民の立場で考え、マスコミが明らかにしないことを多く発言している。

来年の参院選、3年後の衆院選で、国民は太郎さんのような議員を複数国会に送り込む必要がある。
誰が、国民の利益や安全を訴えているか、国民は正確に判断しなければならない。

太郎さんが、上記の答弁でイラクやアフガン戦争で、米軍が現地民間人を殺傷した戦争犯罪について追求している。

私は、最近、2004年米軍イラクファルージャ総攻撃の記録を読んだ。
米英占領当局(CPA)の請負業者が車ごと撃たれ、興奮した現地人が刃物等で傷つけ車で引き回し、
油をかけ火をつける。
遺体をユーフラテス川にかかるブルックリン橋につるしたことから、米国の世論に火がつく。

路肩に仕掛けられた簡易爆弾で亡くなった米軍兵士は、イラク戦争米軍死者の67%にも及ぶ。 電柱に仕掛けられた爆弾、米兵士が住宅に踏み込んだ途端爆弾が爆発。
路上駐車中の車に仕掛けられた爆弾が爆発。
爆弾は前もって仕掛けられ、離れたところで爆破スイッチが押されるのである。
日本の自衛隊が戦地に後方支援として行けば、この爆弾の犠牲になる可能性が高い。

小さな子供も含め、多くの民間人が虐殺され、兵士も多く死傷する。
戦場で、すぐさま輸血など治療が施されるが甲斐も亡くなって行く。

集団的自衛権行使容認、安保法案成立をみた時、
これが、日本の自衛隊の行きつく先である。



【2015.09.09 Wednesday 16:47】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
雨で仕事になんないんで堤防決壊による救助の生中継見てます。
呆れる、あれだけの救助を待っている人がいるのに、たったヘリ一機かい、子供もおるやん。
救助して直ぐに流された家があったぞ、まさに危機一髪だ。自民党は死んでるんかい。
この税金泥棒がヽ(゚皿゚)ヽ ガオー、午後3時になろうとしてるのにヘリこんぞ、もう直ぐ暗くなる。
テレビによれば、救助の要請が頻発してるが、政府の対応がまったく出来ていないと。
内閣総辞職か衆議院解散だ。
| 串かつ | 2015/09/10 3:01 PM |
串かつ先生

コメント嬉しいです。
串かつ先生の地元は、豪雨大丈夫ですか。

鬼怒川堤防決壊、救助を待つ方々の安否を心配しています。
凄い濁流ですね。

>テレビによれば、救助の要請が頻発してるが、政府の対応がまったく出来ていないと。

テレビが安倍政権批判しているんですか。
小沢さんは、安倍政権は今年いっぱいと仰っていましたよ。
| いづな薫 | 2015/09/10 8:33 PM |
フジテレビの安藤キャスターの番組で、そこに出ていた評論家です。名は忘れた興味なし。
意思の疎通が悪いだの、ボロクソ言っていましたよ。フジテレビ共、身の安全が心配です。
災害列島だ、今後又何があるか検討がつかない。建設会社がいくつあっても足らない。
普通、地元の建設会社にはパトロール車が一台から二台ほどあります。
大雨が降ると自主的か国土交通省の各河川事務所の要請を受けて、一級河川の
パトロールをするのです。それと水位観測所での水位データーをネットで確認。
住民の話だと、決壊する前、すでに堤防を越えて水が流れ出ていたと言っていますね。
氾濫危険水域はとうに越えていたわけです。連絡は入っている遅い、遅い何を考えて
いるんだ。避難判断水位は、もっと下だから早い段階であったろう。行政側の判断が遅いな。
大河である阿賀野川は、上流である奥只見で降った雨が海に出るまで、わずか7時間だ。
上流で大雨が降って、下流に到達する時間は、地元の建設会社皆知っています。
だてに河川工事を請け負っていませんね、人命がかかっているわけですから。
| 串かつ | 2015/09/10 10:56 PM |
串かつ先生

貴重なコメントありがとうございます。
テレビは、安倍の応援団ですが、さらに上にアメリカがいますからね。
テレビが政権を批判し始めたら、米国のご意向に沿わなくなって来たということです。

>災害列島だ、今後又何があるか検討がつかない。

災害復旧に必要な自衛隊を、よその喧嘩(戦争)に使うなんてとんでもないと思います。

>建設会社がいくつあっても足らない。

建設会社と、河川危険水域越え、行政の関係のお話、大変関心をもって読んでいます。
串かつ先生のお話が聞けて良かったです。

>阿賀野川は、上流である奥只見で降った雨が海に出るまで、わずか7時間だ。

興味深いです。日本の川は急流ですね。
奥只見〜海まで、何Kmあるのですか?
| いづな薫 | 2015/09/11 9:38 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416895
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中