大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 謙信公祭はGACKTさん?それとも? | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 戦争法案 日本の行きつく先 | main | 安保法案反対集会inハチ公前 >>
謙信公祭はGACKTさん?それとも?

来年の新潟県上越市の、謙信公祭にGACKTさんを招聘するか否かで賛否両論が持ち上がっている。 
招聘に難色示しているのは、市である。
理由は、招聘費用に2千万かかるからである。 
ホテルや、商業関係者はもちろん来訪希望である。

私は、謙信公&歴史ファンだが、謙信公役にはGACKTさん以外ありえないと思う。
謙信公の居城、春日山城址を抱える上越市は、北陸新幹線開通により観光に力を入れている。
春日山城の史跡保存、”謙信公のまち”として発展を考えた場合、謙信公祭は最も大きなイベントである。
そのイベントが、廃るようなことがあってはならない。
GACKTさんには、来訪の御意思があるので、いらしていただけるのなら来ていただいた方が良い。
上越市や、市長の発表では、以後招聘しないのでなく5年後、10年後はお呼びしたいと言っているが、政府を始め公的機関にありがちな自己立場のみ考えた意見だと思う。

上記の上越タウンジャーナルで、アンケート募集しています。
 
次の、上越市観光振興課に一言いただけたらなお効果があります。私も書きました。
 「来年以降もまた、GACKT謙信公が見たい。」で良いのです。

以下、私の文章ですが、ご意見を書いて下さる方は資料として下さい。


謙信公祭は、東京神奈川埼玉など首都圏のみならず、全国各地からの参加者が参ります。
GACKTさんでないのなら、来年の来客は半分、再来年は更に半分になるでしょう。
GACKTさんファンでなくても、”謙信公のイメージ”としてGACKTさんが定着しているのです。
春日山城址に立つ、謙信公銅像は、 石坂浩二さんに似ていると言われています。
私は、かつての大河ドラマ「天と地と」を知らない世代です。
でも、上越妙高駅に立つ謙信公像は、集客を考えればGACKTさんモデル(許可いただければ)でも良かったかと存じます。
上越妙高駅前の銅像が被る、金箔押し左折烏帽子形兜は米沢稽照殿にある謙信公所用の貴重な宝物です。
でも、この銅像、前田利家公に似ているとか、評判がいまひとつです。
謙信公の、左折烏帽子形兜の認知度が高くないからです。
前田利家公の金色甲冑の方が有名なのです。
観光で成功する秘訣は、多くの方の認知度、観光客のニーズに寄り添い、リピーターを多く作ることが大切です。
ただ、城址保存などをきちんと文化財を守った上での観光です。

春日山城地下に眠る埋蔵土は、貴重な宝物です。
謙信公御生誕500年の、2030年には春日山城はフィールドミュージアムになる計画があると聞いています。
それまで、史跡を大切に保存し、観光地としての価値を高め、祭りの集客力を高めるにはGACKTさんの力はぜひとも必要です。
上越市の繁栄を心より願っております。

【2015.09.12 Saturday 09:54】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
2千万は高いと思いますよ。ガクトさんの人気は、とうにピークは過ぎています。
本人も今後の収益を考えて、あおっているのでしょう。乗ることないです。
謙信公は人気があり、一度はなりたい人が多くいると思いますので、毎年公募すれば、
千人以上の応募者が殺到するものと考えられます。中にはガクトさん以上の、これぞ
謙信公の再来ぞと、身長、容姿、オーラが抜群の男子が現れるでしょう。
名誉職ですから、日当と宿泊費、食事代、往復の交通費で二日間で15万円ぐらいが妥当
かと思いますよ。 ドラマや映画で、名だたる名優が謙信公を演じられました。
国営放送の武田信玄では、謙信公を柴田恭平さんが演じられ、上越からクレームが
きたそうな。ガクトさん、お疲れさまでした。長い間、ありがとうございました。
| 串かつ | 2015/09/12 8:05 PM |
串かつ先生

揚北衆としての書き込みですか。笑
コメントありがとうございます。

>謙信公は人気があり、一度はなりたい人が多くいると思いますので、毎年公募すれば、
千人以上の応募者が殺到するものと考えられます。

千人以上ですか????

>これぞ謙信公の再来ぞと、身長、容姿、オーラが抜群の男子が現れるでしょう。

実は、私もなって欲しい方はいます。
でも、馬術が巧みと聞いたことがないのでやはり無理かも。笑

>謙信公を柴田恭平さんが演じられ、上越からクレームが
きたそうな。

なっなんでですか?笑

>ガクトさん、お疲れさまでした。長い間、ありがとうございました。

締めないで下さいっ!笑
| いづな薫 | 2015/09/12 8:13 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416896
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中