大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 カニと、餅、梅干の茶碗蒸し | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 時間ができたので政治を考えます。 | main | 一六タルト >>
カニと、餅、梅干の茶碗蒸し


武将キッチンコーナーですが、一眼レフのレンズを新調したので、撮ってみました。
蒸す前の茶碗蒸しです。
カニ出汁と、餅、梅干の茶碗蒸しです。

材料 4人分
カニの出汁、身も少々。カニ出汁は450cc
卵 3個
餅 2個(1人当たり半個か3分の2くらい)
青菜 今回は小松菜使っています。
梅干 全体で1個 甘い梅でない方がいいです。塩味は梅でつけます。
銀杏 20個
カニ出汁と卵の割合は1:3、これが黄金率。
顆粒だし 少々
酒  50cc


作り方

1)カニは、今回渡り蟹ですが何でも良いです。
甲羅ごとぶつ切りにして、身は1の茶碗蒸しに入れ、カニ殻をフライパンで軽く炒ります。
水を鍋にかけ、炒ったカニ殻を煮ます。身が多少ついていても大丈夫です。

2)茶碗蒸しの器に、餅、ちぎった梅干(種抜き)、切った青菜、、むいた銀杏を入れる。

3)1が冷めたら、450ccをボールに移し、酒50ccと顆粒だしを少々入れる。
さらに、溶いた卵を入れて網でこす。

4)2の茶碗蒸しの器に、4を静かに注ぐ。

5)蒸し器に水を入れ煮立て、濡れ布巾を敷いて茶碗蒸しを並べる、布巾で包みふたをする。
強火で3分、弱火で12分蒸して出来上がり。


新調したカメラレンズの試し写真。
いづな家のお菓子缶を撮ってみました。
エジプトのミイラ棺柄。笑

【2015.11.11 Wednesday 20:02】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416928
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中