大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 忘年会中 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 日本は危険水域 | main | 社会保障費を減らし法人税を下げ、消費税を上げる。 >>
忘年会中

ただいま忘年会中のいづなです。
​仕事関係でなく、同じ先生に英語を習った仲間たちの集まりで、同窓会みたいな感じです。
現在の職業はいろいろ。​サラリーマンから、官僚、某学校の元校長先生で現在、外国旅行者のためのガイドさんやら。
ガイドさんをしている元校長先生と、私は昨今の安倍政権の関しお話が盛り上がっています。
私「安倍政権になってから、国民がどんどん危険にさらされています。
外国人向けガイドさんなので、大きなマラソン大会や、オリンピックではテロに気を付けて下さい。」
 
​校長先生「そうなんですよねー!私も自衛隊が海外で武力行使となると、日本でテロが起きると思うのです!」
 
一方重電メーカー社員は、「何、テロがどうしたの?」
 
校長と私「安倍政権が危険という話です。」
 
重電社員「政治の話とか普段しないしなぁ…。」
 
せっかく語学習っているのに、日本の新聞やテレビだけ見ていると危険、危険です。

 

【2015.12.11 Friday 21:23】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
不死身の串かつです。
私も医者に殺されそうになった経験を持つ一人として、大村智さんの
ノーベル医学・生理学賞受賞のニュースは嬉しいです。
この薬は現在も年間約3億人の人々に無償で届けられており、
ニューヨーク・タイムズは「20世紀で最大の医学的成功のひとつ」と
賞賛ている。
患者のほとんどは薬を買う金がない貧しい人々だ。
製薬会社メルク社創成期の社長、ジョージ・W・メルクはこう語る。
「会社がコストを背負ってでも無償で提供すべきだ」
前例のない営利企業の利益度外視の無償提供への決断。
無償提供に費やしたコストは数億ドル以上にのぼった。
「正しいことをすれば、あとになって思いもよらない恩恵が得られる」
会社の利益は失われたかもしれない。
しかし2人のノーベル賞受賞者を誕生させたのだ。
| 串かつ | 2015/12/13 10:38 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>私も医者に殺されそうになった経験を持つ一人として、

あの、目の前が緑になったお話し凄かったですね。
上杉会でも話しちゃいましたよ。
よくぞ、ご無事で。
病院もとんでもないですね。

>製薬会社メルク社創成期の社長、ジョージ・W・メルクはこう語る。
「会社がコストを背負ってでも無償で提供すべきだ」
前例のない営利企業の利益度外視の無償提供への決断。
無償提供に費やしたコストは数億ドル以上にのぼった。

こういう方、いらっしゃるのですね。
メルク氏のお話、初めて知りました。

>「正しいことをすれば、あとになって思いもよらない恩恵が得られる」
会社の利益は失われたかもしれない。
しかし2人のノーベル賞受賞者を誕生させたのだ。

素晴らしい行いはきっと誰かが見ているものです。
思いがけない時に、恩恵が帰って来たりしますね。
私も、そう思います。
| いづな薫 | 2015/12/14 9:29 PM |
「てめー殺す気か。」
串かつは、この一言で生還したのです。
金のことしか頭にない馬鹿医者には、これくらい言わないと気ずきません。

私は風薬をもらいに個人病院に行ったんですよ、風はまだひいていません。
それが点滴ですからね。その点滴が副作用をおこした。
体が膨れ上がり、目の前が緑色で白い網みたいなのが掛かったんです。失明か
強烈な吐き気、看護師に訴えても、ただ笑っているだけ。それに切れました。
「とっとと医者を呼んで来い。」死に行く人間の最後の叫びです。

それから緊急処置ですよ、点滴2袋と酸素マスク、点滴は指から針を刺したんですよ。
体が蕁麻疹みたいに膨れあがってるんですから、痛くもかゆくもないわい。
医者がごめんね、ごめんねと言うので、「てめー殺す気か」と言ってやった。
ふらふらになって家に帰りました。 皆さんもこれくらいは言うでしょ。

私も馬鹿ですね、請求書見せられて治療費を払いましたよ。
なんせ吐き気でふらふらで、思考力ゼロ状態でしたから。
| 串かつ | 2015/12/23 9:09 AM |
串かつ先生

病院のお話、凄い内容ですよね。
風邪で点滴ですか。

>強烈な吐き気、看護師に訴えても、ただ笑っているだけ。それに切れました。
「とっとと医者を呼んで来い。」死に行く人間の最後の叫びです。

切れます。この病院のせいで具合悪くなっているのに、笑っているなんて。
病院で具合の悪い人が多いから、具合の悪いことに慣れているんですね。
指から点滴って入るんですか。

> ふらふらになって家に帰りました。 皆さんもこれくらいは言うでしょ。

言います。
治療費と慰謝料のうち、治療費だけでも何とかならないのでしょうか。
損害賠償ものですよね。

| いづな薫 | 2015/12/23 3:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416941
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中