大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 社会保障費を減らし法人税を下げ、消費税を上げる。 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 忘年会中 | main | 土曜日なので家でよるごはん。 >>
社会保障費を減らし法人税を下げ、消費税を上げる。
夫婦同姓は合憲。裁判官も上に行くほど、政府寄りの判決が出る。
政府寄りの裁判官が出世するから。

自民系政治家の好きな氏の継承、家族は一つの姓を強制と言うのはどうも腑に落ちない。
私のスペインの知人は姓が4つもある。
フランスやドイツその他世界には籍を入れずに、実質夫婦生活を送る人は大勢いる。
同性婚も含め、人間の生き方にはいろいろなスタイルがあり、それぞれ認められるべきだと私は思う。
まあ、自民党は個人より体制が大事な政府で、いざとなれば、「お前ら、国のため犠牲なれよ!」くらい言いかねない。

先日、週刊現代が来夏、衆参同時選挙が行われ自民が大勝するなんて予測を立てていた。
当たるかどうか知らない。
でも、今年9月にあれだけ反対した安保法案も成立してしまえば当時ほどの熱はない。
「国民はすぐ忘れる。」そう、安倍政権は言っていた。

今、消費税の軽減税率の論議が賑やかだ。
最初に、生鮮食品のみと打ち出し、だんだん加工食品と範囲を広げて来た。
これがもし、逆だったらどうか。
生活必需品すべて8%にすると言っておいて、だんだん課税対象を増やしていったら。
それは、来年の選挙に確実に響くだろう。

消費税は、全額社会保障費に使うと言い当選したのが自民党である。
しかし、現実は社会保障費を2600億円も減らして、戦闘機3000億円も買った。
社会保障費に使うから、10%に上げると言いつつ、また足りないから税金をUPさせることは目に見えている。
消費税が上がる時、これまでほとんどの場合法人税が下げられて来た。
なるべく大勢の人を幸せにするのが、政治じゃないのかね。
一部の既得権益のための政府が、安倍政権。
社会保障費に使うから、必要だからという部分を政府が強調し、新聞は新聞で軽減税率ばかり書きたて、減らすと社会保障費が減って大変!!と騒ぎ立てる。

新聞は軽減税率を8%に抑えると言う。
ドイツなどでも、新聞や本は7%、デジタル書籍は19%だ。


今年、私は大変忙しくブログ更新が遅れた。
ようやく年末、まだ仕事納めではないけれど、少し時間が取れたので書いた。
どなた様も、お体にお気をつけてお過し下さいね。

【2015.12.18 Friday 20:16】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
本当に忙しそうですね  ご苦労様です
書かれている事も本当にそう思います
選挙になれば、国民はどうするのでしょうね
今より少しは自民党は減ると思うけれど、政権は?
考えたくな〜い が本音。
のど元過ぎて。。。 なのかな〜

いづなさんの名を入れてよくツイートが入る  中には怪しげなものも・・
これも腹が立ちますね  やな奴が多い

そう言えば、薔薇の冬越しは終わりましたか?
忙しいから大変でしょう?
お聞きしようと思ってましたが、バイオ液は冬も同じようにまいています?
時間がとれたら、教えてくださいね

お身体大切に。
| さくら | 2015/12/19 9:15 AM |
さくら様

コメント感謝いたします。
来年の選挙、自民減れば良いのですが国民も相当おかしいので、
メリットない人が安倍支持していて困ります。
富裕層が支持するのはわかります。
でも、一般人を非正規雇用、低賃金と締め上げても右傾化して安倍支持しますからね。

>これも腹が立ちますね  やな奴が多い

私の代わりに怒って下さってありがとうございます。(o^o^o)
リベラルを叩く人たち確かにいます。
この人たち、社会から必要とされないのです。
必要とされない政治をしている政府に、大いに責任があるのです。

バラは放置してあります。
もうバラは寝るので、大丈夫です。
大晦日の頃、植え替えするかもしれません。
バイオ液は、もし水をあげる機会があれば希釈してまくといいと思います。
バイオ液、冬は主に入浴剤にしています。
酵素でぽかぽかと温かいです。

さくら様にメールしようとしようと思ってまだしていないです。笑
| いづな薫 | 2015/12/19 2:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416942
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中