大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「船出」感想 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 茶道で右脳 | main | 真田丸「決断」 >>
真田丸「船出」感想
真田丸のポスターを初めて見た時、変わった馬具に目を留めた。
馬の鼻面に六文銭の板が乗っている。
私は少し、乗馬をしたことがある。
馬って、鼻面に何かつけられるのをとても嫌がるのだ。
だから、馬具には普通鼻面に付ける物がない。
おかしいなと、当ブログご常連様と話していた。

そうだったのか、この馬、ロボットなんだそう。
馬の時給って、30万円くらいだったか。
俳優より高いんだよね。
コスト面でも良いのかも。

さて、真田丸である。
思ったことを書いていく。
ひなびた土地に、幸村母がひとり都風。
山之手殿(やまのてどの)と言われる人である。
出自はいろいろあって、はっきりしていない。
1)京の貴族、菊亭晴季(きくていはるすえ)の娘、養女だとか。
2)貴族の正親町氏の娘で、武田信玄養女だとか。
3)武家の宇多氏の娘で、石田三成妻の姉だとか。
だが、石田三成妻の兄弟に、幸村の姉妹が嫁いでおりおそらく3)は誤説。
ドラマでは、幸村は3人兄弟だったが他にもいる。

菊亭は別名今出川氏で、右大臣出すような京の名門公家である。
  1)の菊亭は格が高すぎて、武田家臣の真田と結婚するのは無理か。
ちなみに、武田信玄の妹が菊亭晴季(きくていはるすえ)の妻である。
信玄の妻も、京都の名門公家三条家の人である。
どんな経緯で、真田幸村の母が信州に嫁い#で来たかは不明だが、おそらく京都の出身で
武田信玄の縁故によって、重臣の真田に縁付いたものと推測できる。

ドラマで、武田家滅亡が進んでいる。
興味深かったのは、家臣たちが最初は軍議や隊列に参加してもだんだん離れて行くシーンだ。
戦国時代の侍は、たぬきの泥舟と一緒に沈みたい人間は少ない。
この殿様ダメだと思ったら、どんどん見限るのである。
滅亡でなくても、半農半武士が多いので、稲刈りなどあればさっさと帰る。
だから、家臣をひきつけ勢力を維持し続けた戦国大名と言うのはいかにすごいかである。
領主も、部下の厳しい査定に常にさらされているのである。

ラスト、父を除く真田一家が乱取り(戦場の盗賊)に襲われながら逃避行を続けるシーンがあった。
これも、映像で見たことが興味深い。
武田等大きな勢力が滅ぼうとする時、戦場から逃げる人がたくさん出る。
そして、戦場は良い稼ぎ場でもあった。
これで食べている人もかなりいる。
武田家のスローガン「侵略すること火の如し」もまさにこれ。
死んだ武者から甲冑をはぐだけでなく、人や物資の略奪、さらには人身売買がたくさん行われた。
奴隷として、日本のみならず海外に売るのである。
長崎は、世界でも有数の奴隷市場である。
買うのは外国人でも、日本人を日本人が狩り、仲介業者も日本人である。

戦国武将の華やかな合戦シーンばかりが映像になるが、戦国時代の日本はそういう時代である。
もちろん、ドラマ真田丸は娯楽番組なので娯楽性を求めてくれて良いと思う。
「富士山か浅間山が噴火しない限り、武田家は滅びない。」と言った途端、ドッカーンと爆発するのはまさに三谷節。
予告で、景勝が「当家は弱きを助け強きをくじくのが家風」と言ったのは上杉家らしさが出て良かった。

私は、ただドラマが面白いとか面白くないと言うだけの感想を書くことはない。
史料から見える、戦国時代を考えて行きたいと思う。

【2016.01.11 Monday 20:27】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
不死身の串かつです。
また、恥をさらすようで申し訳ないのですが。
私も食べ物であたり、重度の蕁麻疹になったことがございます。
県外の出張で晩御飯のおかずを買いに近くのスーパーに行ったんです。
買ったのがシュウマイが2箱、黒豚の肉が入っている品でした。
翌朝頭が痒くて目を覚まし、痒いので頭を両手で掻いたのです。
そうしたら顔がみるみる膨れ上がり、別人の顔になりました。ひえ〜
その後、全身蕁麻疹です。医者に何食べたんですかと言われ、
シュウマイだべ〜と言いました。場所が東北なので
仕事は3日休みました。仕事に行ったら同僚に、(゚д゚)!誰と言われました。
おさまるまで一週間かかりましたよ。
そしてバス事故。 てめ〜ら、一体どうゆう商売してんだ。激怒強烈

幼い子供をイジメ、殺す親、犬畜生にも劣る行為
製薬会社の不正行為
政治家、高給官僚、いくら立派なことを言っても現状は
何もやっていないんだよ、犬畜生以下だ
この国にいたら殺される。
| 串かつ | 2016/01/17 5:17 PM |
あの世は成層圏と中間圏との間にあるそうだ。天から見てるんだ。
ある人から教えてもらった。悪いことはできない、信じようが信じまいが自由です。
あの世から見れば、この世はあの世だそうです。あと、この違いだ。
| 不死身の串かつ | 2016/01/17 6:18 PM |
串かつ先生

真田丸見て参りました。
いつも貴重なお話ありがとうございます。
豚肉にあたったのですか。
無事に回復されていらっしゃいますか。
私、たぶんレバーペーストにあたって全身牛柄になったことがございます。おいおい。笑
すぐに治りましたが。

お大事になさって下さいね。

〉仕事に行ったら同僚に、(゚д゚)!誰と言われました。

そんなに、腫れたんですね。大変。
バス事故、こんなの以前もありましたね。
日本の労働者って、労働環境良くない方が結構いらっしゃるので事故も時々起きていますね。
命を預かる人は、本当健康と休養が不可欠です。
会社が管理が甘いです。

〉幼い子供をイジメ、殺す親、犬畜生にも劣る行為
製薬会社の不正行為

増えているんでしょう。大変な人が多いので、社会にひずみが出ています。
しわ寄せはいつも弱い所に出ますね。

〉この国にいたら殺される。

今夏の選挙で自民勝ったら、本当にやばいです。

〉あの世から見れば、この世はあの世だそうです。

人は転生してあの世とこの世を行ったり来たりするんでしょうか。
| いづな薫 | 2016/01/17 9:10 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416958
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中