大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「策略」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 越後で朝ごはん | main | 謙信公の出陣料理 >>
真田丸「策略」
上杉への手紙を持って、真田信幸と忍びの佐助が城を発つ。
途中襲われて、手紙を奪われた上、佐助が斬られてしまう。
あ〜あ〜、おかしいと思ったのよ。
北条にも織田にも、それぞれ仲間に入れて下さいと言って、上杉にも仲間になりたいと言う返事を書く。
そんな手紙書いていることがばれちゃまずいのだから、つまりは密書である。
密書を、戦闘になって手から手にやり取りするなんて間抜けすぎる。しかも落とす。
普通、襟に縫いこむとか笠の紐にするとか、1行ずつ裁断して別々に持って行く。でなければ口頭で伝えるとか。
信幸が変装もせずに歩いていたが、武士は、商人や僧などとは違い、どこでも他国へ入国できる立場ではない。怪しまれる。

でも、2人のコミカルな俳優さんが、大真面目で密書運びやら殺陣やら演じているから面白い。
出浦昌相、う〜んどうも忍たま乱太郎の山田先生に見えてしょうがない。←私はこの映画が好き。

信繁ら3人きょうだいの、性格書き分けが面白いが、姉と小山田茂誠(おやまだしげまさ)夫婦も面白い。これは人気が出そう。
信繁の姉村松殿の夫は、生年がいくつか説があり、ドラマでは妻の村松殿より若い設定だそうだ。
信繁と同年である。
今回はこの小山田茂誠(おやまだしげまさ)だが、三谷脚本って「清須会議」と言いボロボロの逃亡武者がよく出て来る。笑

さて歴史の話。
真田家の行く末を決める、重要会議に参加しない次男信繁と、嫡男・信幸の立場の違いが書かれていた。
ドラマの中で、父昌幸が北条、上杉と味方する先を思案しながら結局、織田に付くと言っている。
昌幸は、2人の兄がいた。
長兄信綱、次兄昌輝である。
彼らは、織田信長との1575年長篠・設楽ヶ原戦いで戦死している。
つまり三男で真田家の家督を継いだ昌幸は、兄2人の仇敵に付こうと言うわけである。
まあ、仇敵だ何だと言っていては勝てない。
(現代、野党連合はいやだと駄々をこねる民主党よ見習って欲しい。
勝たなきゃ意味ないんだよ。
マスコミは野合だのなんだの書き立てるが、そんなもの反安倍勢力結集させたくないからである。)

真田昌幸は、表裏比興者(ひょうりひきょうもの)と秀吉に言われた。
ころころと態度を変え、強い勢力に味方していく意味である。

ドラマで、真田昌幸は武田家滅亡寸前に勝頼を助け、自分の城岩櫃城(いわびつじょう)へと誘った。
それを勝頼が甲斐を離れられぬと言い、裏切り者になる小山田信茂の岩殿城へ向かう。
武田家の歴史書「甲陽軍艦」だと、真田は外様だから信用できないと勝頼は小山田の方へ向かったことになっている。
しかし、事実真田昌幸は北条氏政に2度も手紙を出しており、武田を救援するつもりなどなかった。

天正10年(1582)3月に武田が滅び、同年6月に織田信長も死ぬと真田昌幸は徳川に付く。
徳川に付き、北条と上杉に抵抗した。
しかし、徳川と北条が和睦すると、真田は今度は上杉について二男信繁を人質に差し出す。
この先は、またそのうち。

誰か強い勢力に忠誠を誓うのではなく、真田昌幸はおのが一族を残すために奔走するのである。

信繁の側室になる人物が2人出て来た。
梅ときりである。
梅の子は、第1子なのに「すえ」。「きく」だったとの説も。
きりの娘は、伊達政宗の家臣片倉重長(小十郎、ここんちみんな小十郎)の妻になる人である。
あまり女性の歴史は残っていないが、真田信繁の正室側室は少なくとも4人いて子供も10人以上いる。

【2016.01.25 Monday 20:54】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
白山大権現の掛け軸、真田昌幸の背後、床の間に飾ってありますね。
真田家が霊峰白山様を信仰してるとはしらなんだ。
実は私も白山様のお札を持っております。石川県に親戚がいるので、
訪れると必ず白山比彗膺(しらやまひめのおおかみ)をお祭りする、
白山比弯声劼坊悗任帽圓ます。
菅平高原からは木曽の御嶽山は見えるんですが白山は見えない。
忍法戸隠流の戸隠山の九頭龍信仰からきているのか、
興味は尽きない。
| 串かつ | 2016/01/26 4:03 PM |
串かつ先生

興味深いコメントありがとうございます。
私も調べました。
真田城下町の松代に現在長国寺という、真田家菩提寺があります。
これが、以前上田にあり、その頃は長谷寺だったそうです。
そこに、白山信仰(山岳信仰の一種)の修験者のお堂があったそうです。修験者は、諸国を歩いていて情報通ですし、薬の知識もあります。
真田家にとって大事な人たちですね。
| いづな薫 | 2016/01/26 9:19 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416967
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中