大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「迷走」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< バレンタインプレート | main | アベノミクス終了 >>
真田丸「迷走」
水戸黄門が同番組でこらしめた代官は、実際の代官より多いそうな。
テレビ番組はもともと創作だが、真田丸を見ていると、
戦国大名はいつも戦ばっかりやっているような印象を抱く人が多いと思う。

彼らは、領主であり国を治めているのだから、政治家である。
軍事家である前に政治家である。
真田昌幸と長男・信幸は政治家だけれども、次男・信繁は政治家ではない。
軍事力をそろえるにも、先立つものは金である。
金がなければ、満足な軍事力が持てない。
そこで大事なのが、領国経営である。
それをドラマで描くことは本当に少ない。

水戸黄門の話ではないけれど、戦国大名の逸話も創作が大部分占め、
戦国ファンタジ―ストーリーである。
言わずもがな、そのつもりで見ることにする。

今回、北条氏政・氏直親子が出て来た。
北条氏政の先妻は、武田信玄の娘で氏直の実母である。
上杉謙信に対抗するため、三国同盟が北条、今川、武田で締結されたが、
今川義元が織田信長に殺された後、破棄される。
そして、北条氏政に嫁いでいた信玄の娘は離縁となった。
6人ほど子供がいて仲睦まじさが推察出来るが、信玄の娘で北条氏政の妻・黄梅院は
離婚後27歳で死去している。

忍者の佐助のアクションも見どころである。
信濃の国衆・出浦昌相も、霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)のモデルである。
彼は、甲州透破(すっぱ、忍者)の元締めである。
真田とよしみを通じているが、武田家滅亡後は、信長家臣で海津城にいた森長可(もりながよし)に属した。
ちなみにこの森長可は、信長の小姓の森蘭丸、坊丸、力丸らの兄である。

真田が勢力を張っていた、上州、信州は北条、徳川、上杉が群雄割拠した地域である。
非常に複雑な土地である。
信長の死がドラマでは即伝えられていたが、当時の関東に人々にとって確定情報ではなかったのである。
たとえ信長が死んだとしても、織田家が即なくなるわけではなく、信州、上州の諸将たちは織田家重臣滝川一益の支配下にあった。
しかし、北条が怒涛の勢いで北上して来る。
北条に滝川一益が敗れ、信濃の大方の武将は北条になびいて行く。
北条を阻む者も、いる。
越後の上杉、東海の徳川である。

しかし、昔って小さな単位で戦争やっていて本当に大変。
県単位どころか、町単位、村単位で戦争しているようなもの。
いやいや、戦争ばかりではなく、ちゃんと政治も商売もしているんだが。

【2016.02.15 Monday 20:35】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(8) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
馬鹿な事聞いてごめんなさい

真田丸ってTVでやっている?
何処の局の何曜日の何時。。。。  笑ってない?

TVなかなか見ないのです。 
イギリスのミステリードラマとかが好み。 アメリカのはパス  
字幕で助かります。
遺伝的に耳が悪くて ^^
| さくら | 2016/02/15 11:43 PM |
さくら様

コメント嬉しいです!
真田丸は、日曜20:00〜NHK総合、BSは日曜18:00〜です。

>笑ってない?

笑っています。すみません〜。
真田丸、三谷幸喜氏脚本なのですが三谷節全開で面白いです。

私もTV、あまり見ません。
先日、故司馬遼太郎氏の「この国のかたち」をNHKで放送していましたが、安倍広報NHKに、司馬さんは無理と思い見ませんでした。
小説では、司馬作品、好きです。

さくら様は、ダウントン・アビーとかご覧になっていらっしゃるのでしょうか。
| いづな薫 | 2016/02/16 9:29 AM |
うん 見てました
NHKがやっていた頃から見ていました
未だ階級社会のイギリスですが、いい面もあると思います
景色や花 などにも興味があるし。。

今NHKBSでやっている刑事フォイル ケーブルでずっと前から見ていました
お金がかかるので本土イギリスでは一応中止になってしまい
残念です  今までのBBCの作品の中でも
特に好きでした  字幕が最高です
吹き替えでやっているNHKのものはイメージが違ってしまい
みていません  本題はフォイルズウオーなんだけど。。
主人公の人柄が好きです  夫にしたい ^^
| さくら | 2016/02/17 12:39 AM |
さくら様

コメントありがとうおじゃりまする。

〉イギリスですが、いい面もあると思います
景色や花 などにも興味があるし。。

さくら様のきれいなお庭に似ています。
刑事フォイルの予告、Youtubeで見て参りました。
誠実で理知的な紳士ですね。
やもめで、一人息子を育てて、第二次世界大戦中が舞台で、ドラマチックな要素満載です。

〉吹き替えでやっているNHKのものはイメージが違ってしまい
みていません  本題はフォイルズウオーなんだけど。。
主人公の人柄が好きです  夫にしたい ^

相当なファンですね〜。
予告だけでも、魅力的な人柄が伺えます。
吹き替えって、声優選択誤るとどうしようもないですね。笑
試しにやってみたのですが、真田丸、字幕スイッチ押すと出ます。
| いづな薫 | 2016/02/17 9:51 AM |
 いづな様、お久しぶりです〜 義太郎です。
 真田丸、私も毎週見ておりまする。(脚色ドラマとしてですが)
 いづなさん仰る通り、ドラマは戦国武将の一側面しか描いていませんね。日夜いくさに明け暮れていたかのように受け取られがちですが、本当は「領国経営」が本業、主体でした。
 国主は日々、領民から評価され、無能な場合は統治が出来なくなり領民は隣国へ流出するか、侵略されるかのいずれかになりました。日本は島国といっても当時は東欧と同じで、すべて独立国(県)でした。

 真田家(昌幸)は小土豪であり、旗本でもなければ大大名でもありません。ですので、武田、織田、北条、上杉、徳川などの大名にすがって生きていくしかありませんでした。まあ、ドラマではおもしろ可笑しく三谷脚本は描いていますが、真田家では仕方がなかったともいえましょう。
 ちまたでは「表裏比興の者」昌幸の、平気で人を裏切る姿に「子どもには見せられない」との声もあるようですが…。
 そんな下剋上の中で唯一、上杉家だけは調略・裏切りはしませんでした。劇中(前回)、信長が本能寺で横死した直後真田家臣から信濃の織田軍を征伐してほしいとの訴えに、「上杉は弱気を助け、強気を挫くのが、わが家風。」「人の弱みにつけこんで攻め入るは、上杉の流儀にない」として、キッパリ断っていました。
 これ、上杉謙信公が武田信玄公急死した際にも、同様の采配をしています。春日山城下界隈の歌・舞踊等をしばらく一切禁じ、武田勝頼を攻め入ることはしませんでした。
 景勝公も、関ケ原の際に家康に追い打ちをかけませんでした。


 あらためて書きますが、歴史に名を残す戦国武将は、経済的にも優れた手腕をもっていました。経済戦略が成功したからこそ、民は領主を慕い、尊敬されたのです。また上杉のように経済的に成功を治めてもなお「義と経済を両立」させた家は、きわめて稀有です。
 金に物を言わせて金の茶室をつくったり、海外まで出兵してしまう武将もいましたが、やがては己に跳ね返ってきます。織田、北条、豊臣などは、敵が弱いと判断したならば即座に急襲するということを信条としていましたが、彼らはすべて滅んでいます。


 歴史から何を学ぶか?ー古今東西、言われてきたことです。
 私はやはり、為政者(政治家)は経済学エコノミーだけでなく、儒教・仏教・人道などの「徳」を積むことが必須項目と思います。何のために経済・産業があり、国を潤していくのか?その心は?
 経済とは経世済民という、あまねく民を救うという意が込められています。特に最近の政治家(国内だけでなく、外国の政治家も)は人としての品性が劣化している人が多すぎます。

 戦国時代は特に、経済力をもとでに何を行ったか?を検証できる、ある意味リトマス試験紙のような時代でもあったと思います。お金の使い方・人の遇し方で、その武将の人柄・考え方・哲学が透けて見える時代でもありました。そうしてみると、また面白くみえますよね。


※先日、月岡の人間国宝・刀工の天田昭次さんの記念館を拝見してきました。すばらしい逸品ばかりで、心が洗われました!

                        義太郎
| 義太郎 | 2016/02/17 4:25 PM |
義太郎さま、

長文のコメントありがとうございます。
今朝の朝日に、「戦国武将のイケメン化が止まらない。」と始まる特集記事が載っていました。
ドラマも小説も、フィクションである点、ゲームと変わらないです。
大河見て、大抵の方はこれが歴史だと思うのかもしれないでです。

まあ、良いんですけれど。
わかっていることだけでは、まったくドラマになりませんから。
歴史を検証する番組でも、初めに答えがあり、それに沿った脚本、専門家インタビューも用意されます。
その時代の価値観にも左右されます。
だから、私は歴史番組を含めあまりテレビを見ないのです。
ここまで書いて、ご飯食べて来て以下続きです。

つい今しがた、記事を見たのですが、自民党の丸山参議院議員が本日17日の
参院憲法審査会の質疑で、大暴言吐いています。
オバマ米大統領について、
「米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。まさか米国の建国の時代に、
黒人奴隷が大統領になると考えもしなかった」ですと。

丸山氏、弁護士だそうですね。
天秤のバッチつけている人ですよ。
度の残した差別発言に、血の気が引きますわ。
| いづな薫 | 2016/02/17 8:18 PM |
昔、自分家の村では、村相談があると区長さんはホラ貝を吹いて、皆に
知らせたんですよ、ボウボ〜ボウボ〜て、遠い家までは聞こえないわけで、
聞こえた人におしえてもらうあんばいでした。
近くに笹岡城という山城の跡があります。周辺は安田城、水原城、
新発田城、中条城などの跡があり、かなりの激戦区だったと思います。
安田城の近くに渡場という所があるのですが、夏場になると大河である
阿賀野川の水位が下がり、唯一歩いて渡れる場所なんです。
長尾景虎(後の上杉謙信)ひきいる大軍も、ここを渡り本庄繁長成敗に
出陣して行ったのでしょう。
渡場の近くに草水という村があるのですが、そこのお寺さんに上杉謙信墓所の
立て看板が出ています。謙信公はこの場所で亡くなったんですよ、おそらく
春日山の謙信公は影武者です。なんか武田信玄に亡くなり方が似ています。
草水(くそず)原油臭水 から来たのか、どろくそーずはタールの柔らかい
ものを指す、原油の古い記録では燃 水・草水があり、これを産する場所は
草生津・臭水津などがある。越後は原油・天然ガス産出国でもある。
| 串かつ | 2016/02/19 8:49 PM |
串かつ先生

興味深いコメントありがとうございます。
近くに笹岡城、安田城、水原城、新発田城、中条城跡ですか。
山城ファンにはたまりませんね。
そのうち参上するかも。

〉阿賀野川の水位が下がり、唯一歩いて渡れる場所なんです。
長尾景虎(後の上杉謙信)ひきいる大軍も、ここを渡り本庄繁長成敗に
出陣して行ったのでしょう。

なるほど。

〉渡場の近くに草水という村があるのですが、そこのお寺さんに上杉謙信墓所の立て看板が出ています。謙信公はこの場所で亡くなったんですよ、

えええっ〜。
お寺中興したからですよ。笑

〉原油の古い記録では燃 水・草水があり、これを産する場所は
草生津・臭水津などがある。越後は原油・天然ガス産出国でもある。

越後は燃ゆる水が出ますね。
日本書紀の天智天皇七年(668年)七月の条に、越の国から「燃ゆる水」が近江大津宮に献上された記録があります。
最近、新潟のメタンハイドレードが話題になっていましたね。
| いづな薫 | 2016/02/19 9:16 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416979
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中