大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「奪還」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 共産 参院選1人区取り下げへ | main | 東電、メルトダウン基準、5年気づかず。原発寿命40年ルール形骸化 >>
真田丸「奪還」
木曽義昌、武田信玄の娘婿である。
しかし、信玄の子勝頼存命中、新府城築城の重税に反発し信長に寝返った
織田の援軍を得て、武田と戦ったが新府に人質として差し出していた母と長男長女を処刑されている。
滅んだのは、義昌の子義利の時1600年に、改易にあっている。
ドラマでは、畳2枚も積んで居丈高に演出されていたが、悲劇に見舞われた人物である。
まあ、武田家重臣でまともに存続したのは真田くらいのものである。

真田昌幸は、信長が死に武田家が滅んだ1582年、あらん限りの知恵を尽くして領地を守るため行動している。
この時期の昌幸の、武略と努力は感服する。

武田が滅び、独立した戦国大名になれた真田だったが生き残りをかけた厳しい戦いに飲み込まれた。
信長を失った滝川一益は、京に帰ることを目指し、信濃に入り、小諸城を発つ。
あるじを失った上州はたちまち草刈り場と化す。
まわりの勢力が分捕るのである。
昌幸も、もちろん動いた。
しかし、動いたのは昌幸だけではない。
もっと大きな勢力が動いている。
上杉景勝は、配下の黒滝城主・村山慶綱(よしつな)を信濃の海野(うんの)に使わし、徳川家康も有泉信閑(ありいずみのぶつら)を甲府に向かわせている。
更には、毛利攻めから戻って信長の仇を討った秀吉がいる。
この中を、国の命運をかけて泳ぎ回らねばならないのである。

感想。
ビジネスの話だが、1回ぐらい相手をだまして上手くいっても2回、3回となると無理である。
真田昌幸が、「わしのやることは何でも裏目に出る。わしは疫病神かのう〜。」と言うようなことを言っていた。
真田パパよ、ウソをつかないでやってみるのも手かも。
ウソをつかず、生涯ぶれなかった上杉景勝も上杉家を後世に残している。

【2016.02.23 Tuesday 21:24】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさま、こんにちは。
先日は、さくらさんのブログで、
私の呆けたメッセージに答えてくださいまして
ありがとうございました。

さくらさんのブログ経由で、何回かここにお邪魔しましたが、
上杉謙信にお詳しいのでびっくりして尻込みしてしまいました・・・
すみません。
地元にいながら、何にも知らない事が恥ずかしくもありました。

でも、上杉謙信や直江兼続・・・上杉鷹山には
人間的にも惹かれるものはあります。

春日山にも来られたことがあるんですね・・・
私は、早春のカタクリの花が咲くころが大好きです。^^

(単細胞なので)難しい話には乗れませんが・・・
たまにお邪魔いたします。
| ふとみ | 2016/02/24 5:39 PM |
ブッタ
・「慈しみは、慈しみ育てることであり、慈しみを修めることにより、
むさぼりの心を断つことができる。」
・「悲しみは、かなしみ助けることであり、相手の立場に立って中道の判断を
忘れず、非を修めることによって怒りの心を断つことができる。」
・「喜びは、他人の喜びを自分のことのように喜ぶことで、自己と他人に
とらわれる心を断つことができる」
・「捨てるは、自分でなした行為の報いを求めず、また恩に着せず、恩と怨み
のいずれの人に対しても差別をなくすことによって、とらわれの心を
断つことができる。」
これが喜捨の精神である。分かったか真田安房守昌幸
昌幸
いつもながらブッタのお話は心に沁みまする。武士であるのこの昌幸、常日
ごろブッタのことは忘れませぬ。
ブッタ
本当か昌幸、わしに嘘はつけんぞ、「まったく、こんなこと言ってればいいんだ
から、楽な商売だな。まともに聞いてれば、とっくに首と胴が離れとるぞ」と
思っているではないか、あ〜ん昌幸。
昌幸(アセアセ)
はは〜恐れ入りましたブッタ、ブッタの前では赤子同然でありまする。
| 串かつ | 2016/02/24 7:49 PM |
ふとみ様

いづなです、初コメント賜り大変嬉しいです。
心より感謝申し上げます。

〉地元にいながら、

さくら様から、謙信公おひざ元にお友達がいらっしゃると伺っておりました。
ふとみ様のことなのですね!
そちらには何度も参上しております。

〉上杉謙信や直江兼続・・・上杉鷹山には
人間的にも惹かれるものはあります。

歴史上屈指の名君ばかりです。

〉春日山にも来られたことがあるんですね・・・
私は、早春のカタクリの花が咲くころが大好きです。^^

春日山には、数えきれないくらい参りました。
カタクリの花、綺麗ですね。
景虎終焉の地鮫ヶ尾城にも、カタクリが群生していますね。
ふとみ様は、良い所にお住まいです。
うらやましいです。
当ブログに、またおいで下さいね。
| いづな薫 | 2016/02/24 8:29 PM |
串かつ先生

お忙しい中、コメント本当にありがとうございます。
まだ、繁忙期は続きそうですか。
お体だけはご自愛くださいね。

〉これが喜捨の精神である。分かったか真田安房守昌幸

真田昌幸、白山大権現は信仰していたけれども、信仰より修験者の情報の方が重要だったのかもしれませんね。
しかしドラマの昌幸、うそ付きまくっていますね。笑
それで、やることなすこと裏目に出るって、当たり前でしょ。笑

裏切りが当たり前であった時代ですが、裏切れば人質は殺されます。
景勝の養父謙信公は、何度でも許し、暗殺のために近づいて来た者さえ許しました。
謙信公の言動は、いつも仏教への厚い信仰のもとにありますね、串かつ先生。
| いづな薫 | 2016/02/24 8:41 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416985
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中