大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 今年の春庭 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上田城その2 | main | 名残の桜 >>
今年の春庭

今年のうちの桜。
今年はわりと長く咲くが、1年に1週間ほどの命の桜に、私たちは駆り立てられるように花見に行く。
最近は海外からもその魅力を求めて、桜前線を追って旅する方がいらっしゃるそうな。
昔、桜のもとにて春死なんと詠いその通りに入寂した僧がいた。
桜がなければ、春はのどかなのにと詠った歌人もいた。
爛漫の美しさに心乱される春は、彼らの気持ちがわかる。
 

庭から見た桜。


太い幹から、力強く芽吹いて咲く花が私は好きである。



これはバラの芽。この品種は、芽吹く時がすでにバラ色。


どこからか、種が飛んで来て咲くすみれ。与えられた場所で花を咲かせる。


石畳み脇に咲く。

現在、米大統領選に出ているヒラリークリントン氏、前回の大統領選でクリントン氏はオバマ氏に敗れ、オバマ大統領の下で国務長官として働くことになった。
その時クリントン氏が言ったのが、「植えられた所で花を咲かせよ(Bloom where you are planted)」である。
クリントン氏は、誰よりも恵まれた人生を送って来ただろうがそれでもどうにもならないことはある。
それはどんな人間も同じ。
与えられた所で満足せよ、と言うことではない。

人は境遇を選べないけれども、生き方は選べる。
いかに生きるか、花を咲かせることができるか。
人々の花多かれと、この春に思う。



椿の向こうに桜。春爛漫の風景。


朽ちていく美。生ける辻が花。


これはうちの木ではないが、街路樹の桜の幹が伐られ、断面から天に向かって芽吹いていた。
生命は、何もかもが力強い息吹に満ちあふれている。

【2016.04.07 Thursday 16:41】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
素敵ですね 
さくらが毎年見られるだけでも、幸せでしょう
命からがら生きている人も多いのですものね

今はネコに時間をとられ、思うような時間を過ごせませんが
その時々で 出来ることをやっていきます

グッズの事も、少し後になりそうですが
どうぞよろしくです
| さくら | 2016/04/08 12:55 AM |
さくら様

お忙しい中、コメントありがとうございます。

〉命からがら生きている人も多いのですものね

本当ですね。

ライさんが入院中なのですか。
早く良くなって、さくら様のお庭でお散歩できるよう願っています。

>グッズの事も、少し後になりそうですが

かしこまりました。
| いづな薫 | 2016/04/08 11:50 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417021
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中