大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 初つばめ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< クラシック | main | 今宵は上杉会 >>
初つばめ


今来たと顔を並べる燕かな 一茶
盃に泥な落としそむら燕  芭蕉

毎年観察している近所のつばめを、この春初めて見た。
昨年秋に、遠い南の島(東南アジアあたりか)に旅立って無事に戻って来たのだ。
昨秋、南に旅立つつばめを見送る記事はこちら。

さえずる声を聞くたび、心沸き立つ思いがする。
小さな体に、ジェット機並みの飛行能力がある。
いや、人間の方が自然の力を追いかけているのだ。
環境も汚さず、長距離飛んで来るのだから。

私が楽しみにしているつばめは、交通量の激しい道路の上を飛んでいて、ビルの自動ドアの中に巣を作っている。
センサーの前を飛んで自分で開ける。
ビルの1階は牛乳屋さんで、つばめは自動ドア玄関にダルメシアン2頭の番犬付きの家を構えている。
ここは安全と思っているのだろう。
かなり頭がいい。

以前、箱根芦ノ湖の海賊船(遊覧船)に乗った時のことである。
船窓外の縁につばめが来るので見ていた。
窓越しだが、わずか30cmくらいの距離でつばめが私を見ている。黒々した目が大きくかわいい。
飛んで行って、しばらく経つとまた来る。
あれっと思い、角度を変えてみたら窓の近くに巣があってひなの顔が並んでいた。
芦ノ湖の周りは森があるが、そこには蛇などの天敵もいるのだろう。
動いている船の上に、巣を作れば安全とつばめは知っている。
船は、湖のいくつもある港に順番に立ち寄り運航している。
しかも、動いている大きな船は4〜5隻か。
間違えないで、子供たちが待つ船に飛んで来る。かなり賢い。

福島第一原発の事故後、野鳥の脳の容量が減り、自然界で生き抜く力を削いでいると言う。
人間の過ちで、命を脅かされる生き物たち。
人間の子供の甲状腺がんも、自然界では考えられないほど爆発的増加を見せている。
いつも、いつも被害は弱い方へ行く。
弱きものをどれだけ大事に出来るか、それが社会や国の価値である。
 

【2016.04.27 Wednesday 20:25】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ああ〜  素晴らしい 
心ある記者か識者のコラムを読んで
読後感に浸っている感じです
このまま私のブログに載せるか ご紹介したいくらい
一茶の句もいいですね

燕 そうなんですよね
人間など強い動物やその力を利用して安全を最大限確保して
巣作りする 賢い子です 
鳥は以外に賢いですよね ターシャもそう言っています

私は感激屋なのでしょうね 燕が来て田んぼの上を
ツイと飛んでいるのを見たり
友人の家の巣を覗いて(遠くから)みたり そんな時
長い飛行に想いを馳せ 心の中でかれらに拍手を送っています

自動ドア番犬付きの巣 船の巣 よく見つけますね
すごいな〜 ^^  私ももう少し観察します
感激ばかりでは話にならない  

弱いものから順に被害がある  許せない 
くやしく辛く悲しい現実です
| さくら | 2016/04/28 10:23 AM |
さくら様

過分にお褒め下さりお礼申し上げます。
どうぞ、適当にリンクなどしていただければ幸いです。

ライさんとの突然のお別れ、お察し申し上げます。
ライさんも御一家の中で幸せだったと思います。
新たな出会いが、きっとさくら様を待ち受けています。

つばめウオッチ面白いですね。
私は、目当てにしている所が5つくらいあります。
巣の下に張り紙がしてあって「写真を撮る方は、フラッシュ、シャッターを止めてお願いします。」とか、巣が万が一落ちても大丈夫なようにキャッチャーをつけている所もあります。笑
携帯電話屋さんの店頭ライトの上には、暖房付きの巣があります。
ターシャさん、私も好きです。

>私は感激屋なのでしょうね 

感受性が豊かでいらっしゃるのです。
お花や写真のセンスを拝見してよくわかります。

>許せない くやしく辛く悲しい現実です

この傾向最近強まっています。
格差が拡大して、より弱い方にしわ寄せが行きますね。
日本が格差が縮小したのは、20世紀後半のわずか30年くらいに過ぎません。
今夏参院選がありますが、個人が心豊かに安全に暮らせるよう行動するつもりです。
| いづな薫 | 2016/04/28 3:04 PM |
J-CASTニューステレビウォッチ元木昌彦の深読み週刊誌 より
両親が誰なのかわかりません。孤児院で育ち
3歳の時に雑貨商を営む夫婦に引き取られました。
養父がギャンブル好き、数百円でもあれば、それをギャンブルに使う性格。
パチンコ店でシケモク(たばこの吸い殻)を父のために必死になって拾った。
私は掃除をしていないだけで、殴られたりもしました。
養父は時には荒れて、隣近所に包丁を持って暴れることもありました。養母は愛想をつかして家を出ました。
雑草を食べて育ちましたから。食べるものにも事欠き、隣の家の暖かな食卓をうらやましく覗いた日々だった
貧乏で弁当を持っていくことができずに、校舎の裏で一人じっと待っていることもありました。
千円札なんて見たこともなかったです。

「どうせ人生こんなもの」 
こう語るのは、名古屋から生まれた「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者・宗次徳二(63歳)である。
「壱番屋」は国内に1229店舗を展開し売り上げは721億円になる。彼の半生は壮絶である。
電気も水道もない生活が何年も続いた。泣いている暇もなく、学校から帰ると養父の帰りを待ちながら、
ローソクの灯りで掃除や炊事をするのが仕事だった。だが、そんな養父だが、嫌いにはならなかったという。
「大好きでした。年に一度だけ、職安でもらう年末一時金で私の大好きなリンゴを二つ、お土産に買ってきてくれる。
あのリンゴの味は格別でした」

凄いな、上には上がいるものだ。自分はまだまだや
捨てる親より、拾ってくれる親の方が良いに決まっている。これも縁や
「どうせ人生こんなもの」この言葉好きや、気が楽になる
| 串かつ | 2016/04/30 11:39 AM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者・宗次徳二氏のお話を初めて知りましたが、大変な人生ですね。
63歳と言うことは戦後生まれで、高度成長期も経験した年代ですが、これだけ苦労される方がいらっしゃるのですね。
今この記事読んで来たのですが、
宗次氏は今でも毎日、名古屋・栄の街を早朝掃除し、「お金を自分のために使うのは恥ずかしくてできない」と仰るそうですね。
時計は9800円、シャツは980円…。
義と経済、両立している人はあまりいませんが、新たに見つけた気がいたします。

舛添都知事、外遊中1泊15万のホテルに泊まるのは急に来客がある時のためにと言っていました。(都の規定では1泊42,000円まで)
お客が来ても、別にきちんと仕事こなせばいいじゃないですか。
それで、相手も評価してくれます。
仕事こなす自信がない、もしくは仕事しない分、ホテルの豪華さでごまかしているだけですね。
湯河原の別荘に公用車で年間48回でしたか。

こう言うことやっている国会議員も、山ほどいるんでしょうね。
| いづな薫 | 2016/04/30 4:44 PM |
安倍首相と官僚はジャンボ機で高い経費使って海外旅行に行くし。
そんなものは事務レベルで十分事足りるのに、なぜわざわざ専用機で行くんだよ、
どこかの馬鹿テレビが報道してましたが、国民はシラーでしょう。
この五月の連中は与野党国会議員をはじめ地方議員、秘書共が海外視察と称して
税金で海外旅行に行く、うらやましいな、自分も行きたい。
飲むワインやお土産すべて税金でしょう。人間として恥ずかしくないのかね、自分はとても出来ない
国民に申し訳ないです。皆さん毎日必死に働いているのにね、とんでもないです。
霞ヶ関官僚は、民間で一人で出来る仕事を三人でやってるそうじゃないですか、馬鹿だね能力無し。
この連休で熊本県や大分県の震災ボランティアに行国地方議員、秘書、官僚はいるのかい。
そんなのいるわけないよね。
これで7月にボーナス支給されるってんだから、この国おかしいよ。

一般市民は自分のお金で旅行に行きます。税金は一切使いません。逆に税金払います。国に貢献しています。
国、地方議員、秘書、官僚は税金を使って旅行に行く。自分の財布の中身も全て税金だ。
こんなことしてるから格差が拡大するんですよ、休みの時は社会奉仕するのが当然と思います。
| 串かつ | 2016/05/02 7:29 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
外遊と称して、国会議員や都知事が海外に行きますが観光旅行ですね。
物見遊山です。
安倍首相がGWに欧州行っていますが、正直何しに行っているのか不明です。
立憲主義も民主主義も整っていない戦後間もない頃なら、外遊も意味がありましたが、今行ってもね、ですよね。
首相と閣僚のGW豪遊で、血税5億円だそうですよ。
これを毎年やっています。
外遊と言う名のバカンスです。

>国民はシラーでしょう。

国民の程度の政治家しか出ないから安倍みたいなのが存在するのでしょう。
政治学者の白井聡さんが、「安倍でなければ犬でも猫でも良い」と言いました。
猫首相良いと思いませんか、ゆったり平和に暮らせそうです。
| いづな薫 | 2016/05/03 11:41 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417036
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中