大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 今宵は上杉会 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 初つばめ | main | 庭のキノコ >>
今宵は上杉会

今夜は、謙信公を尊敬する集まり「上杉会」に来ています。
場所は都心の某ホテルレストラン。
みんな私のお屋形さま自慢に花が咲いています。笑
 

【2016.04.28 Thursday 11:09】 author : いづな薫 
| 上杉謙信 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
揚北衆は鎌倉時代に相模地方の人たちが代官共に入植したんです。
刀匠や鍛冶職人も一緒に来なすった。五郎入道正宗
越後揚北は今や田植の真っ盛りです。
ゲロゲロとゲッツ(蛙)の泣き声がこだまする光景
揚北では蛙のことをゲッツと言います。オタマジャクシのことをゲロマンチョと言います。
子供達がオタマジャクシを見つけてはゲロマンチョ、ゲロマンチョと叫んでいます。逮捕されます?
相模地方でもそう呼びますか。
| 串かつ | 2016/04/30 4:33 PM |
串かつ先生

連投嬉しいです。
上杉会に相模国在住の方がおりますので、聞いてみました。
ゲロマンチョは、聞いたことがないと言っております。笑
揚北ゲッツって、かっこいい呼び名ですね。
何かのグループみたい。商品名でもいけそうです。
謙信公の祖先と言われる長尾定景も、鎌倉郡長尾庄(横浜市)に領地を持っています。
五郎入道正宗、相州伝を完成させた人ですね。
刀工史上屈指の名工で弟子も多くいました。
正宗は13世紀後半〜14世紀前半の人ですが、その作風は後世、直弟子でない刀工の作風にも影響を及ぼしています。


>越後揚北は今や田植の真っ盛りです。

水を張った田んぼに写る一面の青空に、私はいつも感動します。
| いづな薫 | 2016/04/30 9:00 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417037
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中