大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 与党虫 よとうむし | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< メディアが語らない今起きていること、個人が消えた憲法草案 | main | 目には青葉山ホトトギス、クラシック >>
与党虫 よとうむし


与党虫真っ最盛りの季節である。
本当は夜盗虫だが、日本を食いつくす与党虫が大量発生している。
頭目の安倍なんて、害虫以外何物でもないと思っている。

で、今日は園芸の方のよとうむしの話。

今朝、庭の唐辛子の葉を見たら、食害されている。
大きめの糞がコロコロ。
葉を裏返してもいないので、よとうむしと判断した。
昼間は土中にいて、夜中に地中から出て来て葉をむしゃむしゃ食べる。
大食漢なので、早く駆除しないと坊主になる。
よとうむし駆除には、唐辛子ニンニクスプレーを使うが、葉っぱは好んで食べている。
葉唐辛子の佃煮なんてものがあるが、あれは唐辛子の実をトッピングしているのか。
生の葉はそんなに辛くないのか。

夜10時以降だと、葉を食べに出て来るがそんな時間に庭に行かないので昼間駆除する。
土を掘ろうと、マルチ用の稲わらをどけたら、よとうむしの奴、土中でなく土上に寝ていた。
即刻つまんで踏みつぶす。
よとうむしの死骸を、別のよとうむしが忌避すると言われる。
仲間がつぶされたから、危険を感じ取るのか。

今後もっと出て来るようだったら、よとうむしの酢漬けでも作るか。昨年家族がぶちまけ虫、虫の大騒ぎになり失敗したが。
ペットボトルに砂糖とアルコール、酢を入れてつるすと親の蛾を取ることも出来る。
よとうむしにお悩みの方、お試しあれ。

ガーデナーの嫌われ者のよとうむし、私は与党虫アベの方がもっと嫌い。

【2016.05.14 Saturday 11:51】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中