大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「恋路」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 犯罪疑いあっても高額有給もらって選挙準備か | main | 上洛中 >>
真田丸「恋路」
茶々の生まれた城、滋賀県の小谷城跡に2年前訪ねた。
茶々は言うまでもなく浅井三姉妹の長姉である。
父浅井長政は、守護大名京極家につかえる中堅程度の家臣で、国人(在地領主)である。
母は、信長の妹お市の方である。
母が信長の妹であったことが、信長、秀吉、家康と天下人に関わり続けることになった。
茶々の末妹は、江戸へ与えた江与である。昔ってホント人権ないのね。
2代将軍秀忠の妻となり息子は3代将軍家光、娘は後水尾天皇の妻で子は明正天皇である。
落城、切腹し、信長により頭骨に金箔加工までされた浅井長政は、将軍と天皇の祖父になったのである。

浅井3姉妹の人生を追うと、戦国史もかなり分かって来る。
そう思っての、小谷城を訪ねた。その時の、記録はここ。

浅井氏は、現在の滋賀県北部に領国を展開した勢力である。
戦国大名と呼ぶには領国支配が弱く、国人の大きいのぐらいか。
信長が、同盟関係にあった浅井に、妹を嫁がせたのである。
ドラマで茶々が、秀吉の側室になると決まった途端、信繁に高圧的になったが、 もとは、そんなに大きな勢力の生まれではない。
茶々が歴史の中枢に出て来たのは、あくまで信長や秀吉の影響である。

悲惨な過去を持つ茶々が、妙に明るいのは不可思議な感じがするが暗いとドラマが沈んでしまうのだろう。
先の話だが、秀吉死去後、豊臣政権の有能な外交官北政所が大坂城を去り、北政所が可愛がった子飼い大名たちも徳川方に寝返る。
明るい茶々が、徳川との衝突が避けられなくなって行く中で変容していく様をどう描くのか。
まあ、政治能力皆無のオバサンが実権を握る超危険政権だから、家臣も領民も迷惑な話である。
当時は権力者の家庭問題が即国政に直結している。

もう一つの婚姻話。 真田信幸と、本多忠勝の娘稲姫である。
結婚したのは、信長の死後3〜4年経過した1585、1586年頃と思われる。
後に小松殿と呼ばれた彼女だが、真田家に伝わる彼女の名前が稲姫である。
あと、おねい(お子亥)なんてのもある。
北政所も、ねいなのでドラマで一緒だと区別しにくい。
信幸と結婚後の手紙には、久とサインしてあるので、これが実名だろう。
かつて敵対関係にあった徳川・真田だが、裏切らないように徳川家康の娘として嫁がせたものと思われる。

【2016.05.17 Tuesday 16:01】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417051
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中