大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「攻略」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 京都の旅 八坂の塔と建仁寺 | main | 参院選東京選挙区、三宅洋平氏立候補予定 >>
真田丸「攻略」
小田原の北条家の滅亡が迫って来た。
北条家を滅亡に追い込んだのは、北条氏政を中心とするとする中枢部の外へ向ける目が不足したことが大きい。
戦国時代で大きな領土を維持していた北条家は、土木事業に力を入れ、米増産に力を入れている。
米の石高を細かく測り、地元領主が不正に多く取るようだったら小田原城まで申し立てに来い、と言っている。
つまりは、領国支配が上手く行っていたのである。
そのため、外に目を向ける力が弱く、強大な秀吉の力を見誤った。
ドラマでは、信繁が小田原に交渉に行っていた。
これは創作である。
行ったのは、徳川家康や織田信勝の家臣、そして小田原城開戦後に無血開城の交渉に行った黒田官兵衛である。
彼らは、徹底抗戦の氏政でなく息子の氏直と交渉していた。

秀吉が変なセンスの陣羽織を着ていたが確かこれ熱田神宮にあった。笑
信繁の背負っていた黄色い風船のようなものは、母衣(ほろ)と言う。
竹を細く削り円く形をこしらえ、黄色い布をかぶせた武具である。
軽いが、武家の7つ道具の1つである。7つとは 具足、兜、刀、太刀、弓、矢、母衣。
後ろから飛んで来た矢をよけることができる。
黄色の母衣(ほろ)は黄母衣衆で、秀吉の馬廻衆の中から選抜されたエリートである。
「甫庵太閤記ほあんたいこうき」「武家事紀ぶけじき」などに、黄母衣衆だった人たちの名前が挙がっているが、
もちろん信繁の名前はない。
秀吉に重用された黄母衣衆、その後、豊臣の落日とともに散って行った武士も多い。

PS.おしろいバタバタはたいている氏政、鬼気迫りかつ滑稽。
        息子の氏直、北条家当主ですでに29歳。
   10代だっていっぱしの戦国武将はいる。
   謙信なんて今の13歳(数え14歳)ですでに城主、翌年には攻めて来た敵を壊滅させている。
   
   氏直、徹底抗戦のオヤジどかして、北条家の実権を握らないとな。
   この人、実父信虎を追い出した武田信玄の孫なんだけどな。
   

【2016.06.13 Monday 19:42】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(5) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんにちは。
いつもありがとうございます。
京都の旅、いいですねー。
長男が、4月に京都奈良へ修学旅行に行き、1日自主研修なるものがあったのですが、もったいない1日の過ごし方、中学生が計画したことなので、しょうがないなぁ、と思いつつ。。。

北条氏の滅亡にあたり、高校生のころの思い出が。
先の圓楽師匠が文化講演で、高校に来たときに、お味噌汁の話を絡めて、北条氏の話をされました。
ご飯は何杯タ食べてもいいのですが、お味噌汁はご飯やおかずとの食べ方にあわせて、おかわりをしないというのがお食事マナーであると。それができなかった方で、北条氏は滅亡したとのことでしたが。
何せものすごく昔に聞いた話で、本当に北条氏だったかも曖昧で。。
こんな切れっぱなしの記憶からで申し訳ないのですが、何かご存じなことありませんか?

もし、ご存じでしたら、よろしくお願いいたします。
| ぺんた | 2016/06/14 5:21 PM |
ぺんた様

コメントありがとうございます。
京都は、修学旅行生たくさんいましたよ。
ぺんた様のご子息様はどんな自主研修だったのでしょう。
生徒さんもたくさん、一般旅行客も大入り満員、京都は大混雑でした。

氏政の2度汁かけ飯のお話ですね。
氏政が食事の時、汁を1回かけて、少なかったのでもう一回かけました。
これを父親の氏康が見ていて、「毎日ご飯を食べるのに、汁の加減もわからないとは。
北条家もわしの代で終わりか。」と嘆いたと言うお話です。
でも、毛利家でも似たような話があります。
氏政の代で北条家が滅亡してしまったので、評価の低い君主として後世できたエピソードでしょう。
北条五代のうち最も領国を大きい時代の人ですので、そんなに愚物でもないのですが。
惜しむらくは、領国経営が上手く行っていただけに外の世界の知識が不足していました。
氏政の父氏康は、家臣に「酒は朝飲め。」なんて言っています。
夜飲むと深酒してしまい、朝なら行動する時景気づけになるからだそうです。

氏康は、「信玄と信長は表裏常なく、頼むに足りない人物だ。謙信だけは請け合ったら骨になっても義理を通す人物だ。謙信の肌着を分けて守り袋に入れ若い大将に持たせたい。」と言ったとか。(o ̄∇ ̄o)♪
| いづな薫 | 2016/06/14 8:13 PM |
こんばんは。

早速教えていただきありがとうございます。
そうです、この話です。うやむやなまま、長くきてしまっていました、(恥)

ありがとうございました。
| ぺんた | 2016/06/15 12:08 AM |
「氏直 氏直」 (´Д`) おいで、おいで
「 は、! 」 ( ゚д゚ )
「あんまり、かっかしなさんな」 (´Д`)
氏直役の俳優さんが、埼玉県で撮影中に、どっかのおばさんに声をかけられたそうです。
大河ドラマ出るって凄いもんだなと、思ったそうで、
氏直の小物ぶりが良かったんだが、まともになっちゃった。

茶々の子供、父親は誰かある、石田か、
豊臣秀吉には、側室が20人以上、茶々を女とは見ていない、
おそらく、側室としているが、手はつけていないだろう。
織田信長の血統として、貴重な人材としてしか見ていない、
つまり、茶々の子を織田信長直系の子として、自分の後を継がせる、天下を治める、
これで豊臣家は安泰だ。なんせ全員農家出身だから、なんだかんだ言って馬鹿にされている。
一体誰の子なのだ。秀吉公認の男は誰だ、いづな先生なら知っておいででしょう。

小田原城は1回ですが、行ったことがございます。
たしか謙信は小田原の近くのお寺で、関東管領の就任式をおこなっているはずですが。
| 串かつ | 2016/06/17 8:01 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
大河の地元の経済効果はすごいらしいですね、
真田の岩櫃城の駐車場は満車だとか。

茶々の子の本当の父ですか?
存じませんよ。笑
まじめに答えれば、秀吉以外の男子がそうそう行けない場所に茶々はいたと思うので偶然出来た秀吉の子ではないですか。
秀頼はすごく大柄だったそうですが、秀吉は小さいですよね。
でも、茶々の実父浅井長政の肖像画見るとかなり恰幅が良いです。
浅井三姉妹の生涯見るだけでも、戦国史が垣間見えますね。
浅井長政の切腹の地も行きました。
長政は悲惨なことになりましたが、孫は徳川家光ですからね。
ひ孫に天皇も出ました。
死後のことなので、栄誉は分からないですが。

謙信公、小田原攻めの時、矢玉飛んで来る中お弁当食べて、お茶3杯まで飲んでお帰りになったとか。笑
| いづな薫 | 2016/06/18 10:43 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417073
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中