大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 バラ新苗 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 三宅洋平さんキックオフ | main | 国民生活が大事なんて言う政治は間違っていると思います。by稲田朋美政調会長 >>
バラ新苗



4〜6月はバラ新苗(1歳苗)の季節です。

2歳苗の大苗を購入することもゼロではありませんが、私は微生物資材で植物を育てるのでなるべく小さいうちから
無農薬、微生物に慣らしたいのです。
ですので、バラを購入するとしたら新苗が売られる春がシーズンです。
今年も、1歳児バラたちがやって来ました。
うちに来るまでは農薬育ちのはずなので、農薬が切れたころ微生物を噴霧します。
でないと、農薬に殺されてしまいます。

土壌灌水用の水にはもう微生物が入っています。
虫よけのニンニク唐辛子リカーを微生物と共に噴霧します。
もしお試しの方は、なるべく薄めに。
規定量より濃くしない方が良いです。
アルコールがせっかくの、葉に出来た微生物の被膜を溶かしてしまいます。

梅雨で雨が続くと、農薬では黒星病やうどんこ病防除が難しくなって来ます。
あれこれ薬をローテーションし、しかも年何回と使用回数が決められ防護服みたいな状態で噴霧するなんて私はパスです。
黒星病は何もしなければ、半日も雨に当たれば出ます。
けれども、昨年梅雨時、10日間続いた雨でも微生物で防除出来ました。

微生物は、乳酸菌、納豆菌、光合成菌などです。
乳酸で葉を覆うだけでも、虫の忌避効果があります。
バラゾウムシは見かけません。
青虫は時々いますが、その都度取ってつぶします。
ルリチュウレンジバチの親を4〜5匹見ましたが、 今年は今のところ虫が少ないです。

植物を育てると、1年先の花や実のために今の計画を練ります。
出来上がった商品を買って来るでは、この楽しみは味わえません。
忙しい時はちょっとほっておいても大丈夫です。
まだ植物を育てていない方、これから始めようという方是非ご一緒に楽しんでみませんか。


【2016.06.19 Sunday 10:54】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417079
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中