大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 国民生活が大事なんて言う政治は間違っていると思います。by稲田朋美政調会長 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< バラ新苗 | main | 真田丸「滅亡」 >>
国民生活が大事なんて言う政治は間違っていると思います。by稲田朋美政調会長



「国民の生活が大事なんて言う政治は間違っていると私は思います。」確かにそう言っている。
これこそ自民党の党是か。
しかも自民党政調会長。 戦時中の権力者の亡霊でも見ているようだ。

自民党の西田参議院議員は、「そもそも国民に主権があることがおかしい」と言ったそうな。
前後の文の脈絡があるだの、言われているが憲法違反のレッドカード以外何物でもない。

自民党は、改憲を参院の争点にしないと言っているが争点にしなくても改憲しようとすることに変わりない。 有権者はだまされてはいけない。
自公に78議席以上与えたら今度こそジエンドである。


【2016.06.21 Tuesday 14:20】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
♪馬鹿馬鹿しいと思うなよ、やってる本人大真面目♪ヽ( ・∀・)ノ サイコー

なんか別の世界にいる人間みたいです。
全く人間的に進歩していませんね、周りがそういう人間達なんでしょう。
一番重要な心の進歩が、まったく停止してしまっています。
過去の日本が犯した過ちを繰返さないための反省がありません。
反省は人間だけに与えられた超能力です。動物は自然の管理下にあるため、
反省できないのです。 反省ができない人間は、動物以下だ。

反省は神さんが人間に与えてくれた慈悲であり、自らを救う唯一の超能力である。
反省するときは、金色の安らぎの光に包まれ、心の奥底から湧き上がってくる、
魂の兄弟達が応援してくれ手伝ってくれているのだ。感謝の気持ちが湧いてくる。
自分一人が反省しているのではない、魂の兄弟5人が同時に反省しているのだ。

稲田、甘利、高市、安倍、舛添、東京都議団、検察、国税に光は届かぬ、進歩が進んでいない。
お金がせっかくの人生を台無しにしている。
| 串かつ | 2016/06/21 9:17 PM |
串かつ先生

コメントお礼申し上げます。

>別の世界にいる人間みたいです。

本当ですね。
麻生財務相が、「90歳になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていた。いつまで生きてるつもりか」と発言しています。
前後の文の脈絡を見ろと、失言にお決まりの言い訳をしていますが、
こんなもの一発レッドカードです。
金融資産を使わわないと意味がないと言いますが、政府があてにならないから預金するわけです。
ましてや、高齢者は自民党の支持層でしょ。
自民党に入れて来た高齢者の方々は投票先を再考して欲しいです。
若い世代は、年金激減もしくはもらえないかもしれない。
今現在の不断の生活も大変な人がたくさんいます。
預金がない人が半数でしたか。
選挙に行かないと大変なことになります。
| いづな薫 | 2016/06/23 10:14 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417080
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中