大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 真田丸「滅亡」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 国民生活が大事なんて言う政治は間違っていると思います。by稲田朋美政調会長 | main | 国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではない by第1次安倍政権法務大臣 >>
真田丸「滅亡」

今回面白かったのが、千利休の所で 作っていた鉄砲玉用鉛が北条の陣中で見つかった点。
千利休は、堺の商人で納谷業(倉庫業)を営む豪商である。屋号は魚屋(ととや)。

当時商人たちは戦争となれば、敵も味方もなく、商品を売り利益を上げるのが普通である。
千利休が特に、そうだったのではなく当時の商人の普通の姿である。
北条氏政、ドラマでは、死ぬ前”汁一気がけ”だったな。

子の氏直は出家し、僧の姿になり豊臣秀吉に降伏している。これは史実。高野山に入り、1年後秀吉に赦免され大坂に移っている。
1万石の大名になったが、同年30歳で没した。多門院日記によると死因は天然痘であったと言う。
氏直のいとこが、氏直の死後養子になりその家を相続狭山藩主となり家を存続させ、明治期には華族に列せられている。

秀吉が天下一統と言っていた。
当時は天下統一でなく、「天下一統」である。
統一は、江戸時代に初めて出て来る言葉である。

家康が、北条の後に関東を治めるよう秀吉から言われる。「噂以上のすすきが原」と嘆いていたが、実際はそうでもない。
江戸は北条支城が置かれ重要な土地であることには違いない。
東国の抑えとして、秀吉が家康に江戸を任せたと言うことである。

感想
伊達政宗、威勢の良い登場だったので何かと思ったら、餅つき。笑
政宗は小田原攻めで遅刻し(実母に毒盛られたので)、死に装束で弁明。
そういや、死に装束でやって来たのも今頃、6月。
この後またやらかすのだが、主人公は信繁なのでドラマでは触れないかな。


【2016.06.22 Wednesday 20:29】 author : いづな薫 
| 真田丸 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417081
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中