大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではない by第1次安倍政権法務大臣 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 真田丸「滅亡」 | main | 三宅洋平さん選挙フェス高円寺 >>
国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではない by第1次安倍政権法務大臣
今大変、話題になっている動画である。



国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ。
@創生「日本」東京研修会(2012年5月)
第一次安倍政権法務大臣、長勢甚遠(ながせじんえん)氏の言葉である。15分あたりから。

稲田朋美自民党政調会長の、「国民生活が大事なんて言う政治は、私は間違っていると思います。」に続き、こんなのも出て来た。
この発言に対し、会場に拍手が起きている。
こんな連中が、日本の政治の中枢である。安倍政権である。
安倍政権は、戦後最も危険な政権だと私は思っている。

国民の主権、人権、平和主義を削ってどうするのか?
隣国の脅威が大きくなっているから軍事防衛が必要だ。武器も、米軍も必要?。バカ言うな。
日本にいる米軍は海兵隊である。
日本防衛とは何ら関係ない。
軍需産業が儲け、政治家に献金が行く、その原資は我々の血税である。
だから、戦争するには国民がいかにも納得するような理由が必要である。
そして、国民の主権、人権、平和主義も削って、国民の命も財産もいいように使いたい。
だから安保法も必要なのである。

国民に金を出させ、戦争で命を差し出させる。
これが、自民党や最大支持母体経団連ら既得権益の本音である。

【2016.06.23 Thursday 16:54】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417082
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中