大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 春日山城跡 崩落その後 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 謙信公奨励、青苧(あおそ)の着物 | main | 首相夫人、沖縄高江へ >>
春日山城跡 崩落その後


先月末、新潟県上越市の春日山城跡が崩落したことを皆さまご存じだろうか。
都知事選真っ最中で、私も相当忙しかったためツィッターのみ書いた。

二の丸、三の丸がなだれるように崩落した。
大雨のあとのことである。
今は、春日山神社や一部登城できる道があるそうだ。
国指定史跡なので、おいそれとは修復できず、かなり時間がかかる模様。

中世の遺跡である、土塁はどうしたのか。
地中には遺跡が埋まっている。
埋蔵土一握り、みな大切な遺跡である。
私は、かつて、ネットで呼びかけた大勢の皆さまとともに春日山城の樹木伐採の反対運動をした。
そして、上越市が情報公開をしたことがある。

何年も経て、春日山城はかなりの樹木が伐採されてしまった。
当然、山の保水力は格段に落ちた。
そこへ、大雨。
木を伐らねばならないこともある、しかしむやみに伐ってはいけない。
新潟は雨も雪も多い土地である。
環境面からもよくよく考えないと、遺跡は未来につなげない。

【2016.08.06 Saturday 20:42】 author : いづな薫 
| 春日山問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
これ以上の土砂の流出がないように、砂防ダムを造るしか方法がない。
そして周囲をコンクリートで固めて、アンカーを打込む。
春日山も大事ではあるが、下流の生活圏に被害が及ばないように、
早めに対策をたてる。
いづな先生、上杉会の皆さん、謙信公も了承なさると思います。
近年の激しい雨の降り方では、どこに土砂災害が発生するか分かりません。
建設コンサルタントに調査を依頼し、防止工事の設計図を早急に作成してもらう。

あるいは、平成の大修理として、石垣を積み上げる方法で、当時の山城の
復元をはかり、その部分を、休憩場や駐車場として埋戻し、整備をはかる。
上越市役所にも土木部や建設課があるでしょう。検討していると思いますよ。
検討会が立ち上がれば、いづな先生にもお声がかかると思います。
謙信公祭りの予算が減りましたので、その分を春日山の整備費にまわせる。
まずお金がないと、なにもできませんので、予算確保です。
予算はざっと見積もって5000万〜1億ぐらいでしょうか。
| 串かつ | 2016/08/10 7:00 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
災害を食い止める措置は必要ですね。
雪解けの頃も、斜面から水を吹いていたそうですから。

新潟は、建設、土木関係の方がたくさんいらっしゃいます。
私の友人知人にもいます。
工事や植林には、遺跡保存、環境保護をよくよく考慮していただきたいです。

山城復元は、私は反対です。
なぜなら戦国時代の城の史料がないので復元に当たらないからです。
そして、上物を立てると杭や重機で地中の遺跡が壊れます。
埋蔵土も貴重な遺跡です。
取り出し保存する方法は、今の技術ではありません。

〉まずお金がないと、なにもできませんので、予算確保です。
予算はざっと見積もって5000万〜1億ぐらいでしょうか。

国指定史跡なので、文化庁が修復に関わるのでしょう。
防衛省でなく防衛庁、文化庁でなく文化省にしたいものです。
| いづな薫 | 2016/08/10 8:52 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417112
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中