大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 盛夏の帯留め | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 首相夫人、沖縄高江へ | main | ベルリンのブランデンブルグ門 >>
盛夏の帯留め



先日仕立てた青苧(あおそ)の着物に合わせた、夏の帯止めです。
手作りガラスと金箔のエンゼルフィッシュで涼しげに。
先日、茶道茶会に参りましたら、ギアマン(ガラス製品)でお茶を出していただきました。
お茶は熱いのですが、涼しげな風情を堪能しました。

茶会には、海外の方も結構いらっしゃいます。
この日は、中国、台湾、英国の方がいらしていました。

流ちょうな日本語、難しい茶道作法をこなす海外の方と、同席させていただきありがたく思いました。
お茶は、茶室に入り席に着きお茶をいただくまで10回くらいのお辞儀と細かい作法があります。
さらには、掛け軸の書、生け花、陶器、漆器の知識も必要です。
彼らはこれらを事前に知識を入れて来るのです。
外国語など言葉はまだしも、文化や作法まで深く通じるのは本当に大変なことです。

昨今の日本は国際交流どころか、排斥主義が蔓延し不寛容な世界が広がっています。
非難の対象は、外国人であり、障害者であり、その一方で日本は素晴らしいと叫んでいます。
そういう行動を取る輩が、日本の歴史や文化の良さを本当にわかっているとは思えません。

自分が、行きたいと思う国に行き、言葉、文化、歴史を学ぶ。
友人ができれば、それぞれのお国もとの話になります。
そして、自国の歴史文化の知識不足に気付くのです。
再び学び、更に友人知人は増えて行きます。
殻に閉じこもり排他的になるよりも、友達を増やすこと、それが地球全体の平和につながる道だと思っています。



【2016.08.09 Tuesday 08:29】 author : いづな薫 
| 海外知ってこその和文化 着物 茶道etc | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
殻に閉じこもり排他的になるよりも、友達を増やすこと、それが地球全体の平和につながる道…本当にそうですね。

近隣諸国について、不安や怒りを煽るような報道が毎日されていた時、私の大きな心の支えとなってくれたのが、実際の近隣諸国の知人達でした。
仕事を通じて会った人々でしたが、とても一生懸命で、日本語も上手で、明るくて、国の壁なんて感じず、私の事をとても慕ってくれていました。(仕事柄、彼らからお願いされる立場だったので…笑)

いづなさんが茶道茶会でご一緒された海外の皆さまも、さぞ素敵な方々だったのでしょうね。

今頃ですが、選挙関連のご活動も本当にお疲れ様でした。今回の結果には衝撃を受けましたし、この世は良い方々への試練が本当に絶えないものだな…などと思いました。

でもね、確実にいづなさんの思いや行動は、周りの方や周囲の流れに影響を与えていますし、世界は変わってきつつあると思います。良い方向に変わる、変える事ができると信じています。そう思わなきゃやってられない。(笑)でも本当に、色々と良い記事も目に付くようになりました。いづなさん、これからも共に歩ませて下さいね。
| 木漏れ日 | 2016/08/14 12:30 AM |
熱っちぇ〜死ぬ
トイレの敷物を洗って外に干しておいたらスルメみたいになりました。(´・ω・`;)
肴はあぶったイカでいい〜♪ 思わず口ずさんじゃった。
でも朝晩はかなり涼しくなりましたね、朝早く移動してきたんですが、
車の暖房入れましたよ、秋は近い。
越後はこれから収穫の季節をむかえる。戦どころではない。
屋形様、おらのところ収穫さまねすけ帰らせてもらうだ。祭りの準備もさまね
コシヒカリの新米と丸ナスの味噌漬け、これが最高
竜馬伝で高杉晋作の役をやった俳優さんも魚沼に田んぼを所有して
農作業にいそしんでいるそうですよ。
ところで上杉謙信公は120万石ぐらいはあたのですか。
| 串かつ | 2016/08/14 5:45 AM |
木漏れ日さま

いつも貴重なコメントありがとうございます。
私の力となります。

〉殻に閉じこもり排他的になるよりも、友達を増やすこと、それが地球全体の平和につながる道…本当にそうですね。

個人で誰でも出来ることなので、みんながこれをすれば争いはなくなりますね。

〉近隣諸国について、不安や怒りを煽るような報道が毎日されていた時、私の大きな心の支えとなってくれたのが、実際の近隣諸国の知人達でした。
仕事を通じて会った人々でしたが、とても一生懸命で、日本語も上手で、明るくて、国の壁なんて感じず、私の事をとても慕ってくれていました。

隣国に友人知人もなく暴言言う人は、認められることも人間的に慕われることもないのです。
育った国も環境も違うのに、慕い尊敬できる人がいますね。
人間の立派さは、どの国でも共通す。
木漏れ日さまは、そう言う方なのです。

隣国叩きは、日米中などの軍産複合体が不和をあおっていますね。
戦争になりそうなら武器が売れますから。
メディアは報じませんが、米中は互いの艦船に米中の旗立てて合同訓練しています。

〉選挙関連のご活動も本当にお疲れ様でした。今回の結果には衝撃を受けましたし、この世は良い方々への試練が本当に絶えないものだな…などと思いました。

リベラルは、もっと頑張らないといけません。
平和は、当たり前には存在せずよほど頑張らないと維持できません。
既得権益でもないのに安倍政権を支持する人は、もうかなり生活も精神的にもぼろぼろなのでしょう。
大事な家族があり、認めてくれる人がいて充実した生活があれば、守りたいと思うのが普通です。

>これらからも共に歩ませて下さいね。

こちらこそよろしくお願いいたします。
木漏れ日さま、頼りにしてまっせ〜。
茶道、昨日行って来たのですが、鼻水が止まらず。
大谷刑部と石田三成みたいになってしまったらどうしようかと。笑
| いづな薫 | 2016/08/14 11:03 AM |
串かつ先生

残暑お見舞い申し上げます。

>朝早く移動してきたんですが、
車の暖房入れましたよ、秋は近い。

暖房ですか??越後涼しいですね。

>越後はこれから収穫の季節をむかえる。戦どころではない。
屋形様、おらのところ収穫さまねすけ帰らせてもらうだ。

そうそう、戦の最中でも本当に帰っちゃうんですよね。

>コシヒカリの新米と丸ナスの味噌漬け、これが最高

美味しそうー!!

>竜馬伝で高杉晋作の役をやった俳優さんも魚沼に田んぼを所有して
農作業にいそしんでいるそうですよ。

伊勢谷さんですか?この方、環境問題に造詣が深いですよね。

上杉謙信公、米は39万石といわれています。
当時は湿地が多く米作付に向きません。
大豆と言う地名が春日山にありますが、大豆を植えていたからです。
でも、謙信公、周知の通り港湾税や青苧ビジネスで莫大な利益がありました。
越後の国力は、国の大きさや石高では測れない所がポイントです。
商業政策で、戦国大名で一番リッチでしたね。
| いづな薫 | 2016/08/14 11:17 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417115
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中