大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ベルリンのブランデンブルグ門 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 盛夏の帯留め | main | 終戦記念日 >>
ベルリンのブランデンブルグ門




夏休み、いづなの落書き。
なつかしのドイツ・ベルリンブランデンブルグ門の日没。
ドイツ好きの知人へ、私が描いてメッセージカードに作ったもの。

ドイツで日々学業に励んでいた当時、私にとって教会の鐘の音と授業、図書館が人生のすべてでした。
明治期にドイツに渡った、森鴎外や北里柴三郎の遠い後輩の隅っこに自分もいるのだと。
私と同時期、別クラスに60歳くらいの留学生がいて、うらやましいと思ったり。


あの日の情熱は未だ変わらず。


今も、生涯学び続けたいと思う私がいます。

【2016.08.14 Sunday 09:23】 author : いづな薫 
| 近況 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
凄いよね
拍手 ^^
| さくら | 2016/08/17 10:08 AM |
さくら様

コメントありがとうございます。

60歳くらいの留学生ですが、この方の留学理由は存じ上げなかったのです。
けれど、私の親しい友人は、チェルノブイリ近くで育った医師で更なる研究のために、社会人留学生として来ていました。
多くの日本人学生と違い、学ばねばならない何か強い理由があったりします。
ですので、ものすごく勉強するのですね。
| いづな薫 | 2016/08/17 11:58 AM |
改めまして

今年の謙信公祭りは残念でしたが 来年に期待しております
いづなさんの御着物姿も &#9825; ^^

この時はコメしなかったのですが この素敵な絵は
(落書きだなんて謙遜) パソコン画なのでしょうか?
いづなさんはなんでもされて それが素晴らしく形になって
残っています  考え方も筋が入り 勉強家です
我が家の子たちに爪の垢を煎じて飲ませたい

ご両親を尊敬いたします もちろんいづなさんも ^^
| さくら | 2016/08/27 10:15 AM |
さくら様

コメントありがとうございます。
来年、お祭りご一緒出来ると良いですね。
私も、謙信公役に関してはあちこち働きかけます。
素敵なお屋形さまなら、経済効果も上がるので。
絵はパソコンです。

お優しいさくら様、お子様たちも、きっと努力していると思いますよ。
18歳くらいまでは親の意思で生き方が左右されがちですがその後は自己責任です。 
努力すると、必ず引き上げてくれる人が現れるんです。
素晴らしい人材に会えるか否かも本人次第です。

昔はみな早く大人にならねばならなかったですよね。
謙信公で言うと、謙信公は14歳で国許親元を離れ一国一城の主になりました。
今でいう、13歳です。中一くらいですね。
少年殿様の身辺は安全ではなく、若年と侮って戦争を仕掛けて来るんです。
それを逆に14歳が追い払っちゃうんですけど。
生きて行くために強くもならねばならなかったのでしょう。

欧州にいた時、私の同級生に戦争経験者がいました。
中東やボスニアヘルツェゴビナの人です。
自分が、如何に平和で恵まれた環境にいたか思い知らされました。
| いづな薫 | 2016/08/29 9:02 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417117
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中