大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 鳴門金時のニョッキ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 秋風物詩 | main | 「松島瑞巌寺と伊達政宗展」 >>
鳴門金時のニョッキ


読者裕左衛門さまのリクエストで復活した、武将キッチンコーナーのお屋形さまラべルです。

本日は、ほくほく美味しい、鳴門金時のニョッキのご紹介です。



材料 2人分

鳴門金時、2本
小麦粉 カップ1
塩 ひとつまみ
卵 1個
オリーブオイル 適宜
玉ねぎ 大半分か中なら1個
豆乳か牛乳 少し
お好みのチーズ ラクレットチーズが余っていたので使いました。
ブイヨン 1個
白ワイン 大さじ3
料理酒 大さじ2
コショウ 少々
水 少し
ディルかパセリなどのハーブ なくても良い。


作り方

1)鳴門金時をふかして、皮ごとフォークで潰す。

2)ボールに1の鳴門金時と、塩ひとつまみ、小麦粉カップ1、卵1個、料理酒を入れる。 豆乳か牛乳を少しずつ加えながら、
団子位の固さになるまで練る。
すべて団子くらいの大きさに取り、フォークでほんの軽く潰す。

3)鍋にお湯を沸かし、2をゆでる。
 浮いて来たら、すくい上げる。
4)玉ねぎをスライスに刻む。
5)フライパンを加熱し、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを炒め、
 白ワインを足し、ブイヨンを溶かす。
 水分がなくなって来たら、水を少し足す。
  チーズを入れ溶かし、コショウをふり、火を止める。

6)お皿に3のニョッキを盛り付け、5のソースをかける。
 あれば、ディルかパセリを飾る。


実はこのメニュー、とにかく冷蔵庫のあまりものばかり。
栗1個余っていたので、それも入れました。
どんな野菜でも、美味しくできると思いますので、いろいろお試しください。
かぼちゃのニョッキの作り方がこちらにあります。


【2016.10.22 Saturday 14:26】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
久し振りエプロン姿のお屋形様のイラストを載せていただきありがとうございます。
| 裕左衛門 | 2016/10/24 9:38 PM |
裕左衛門さま

喜んでいただけて嬉しいです。ありがとうございます。
秋なので、美味しいものが沢山あって武将キッチンもレシピが増えそうです。
| いづな薫 | 2016/10/25 8:41 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417127
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中