大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 謙信公ざんまい | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 沖縄高江、豊洲、年金 崩壊途中の日本 | main | キッチン抹茶 >>
謙信公ざんまい



今日は、東京の上野駅と千葉県で、謙信公三昧して参りました。
まずは、上野駅で開催中の新潟産直市に行き、越後上越おもてなし武将隊がいらしていたので、お声をかける。
実は、上越で名刺交換済み、イベントなどでご一緒したこともあります。

華麗な演舞を見せていただいた。
今日は、甲冑正装バージョンの謙信公。
涼しくなったとは言え、そのお姿はお暑いでしょう。
「お体くれぐれもご自愛下さいませ。
それがしは、お屋形さまの兜を見に参りますのでこれにて失礼つかまつります。」と謙信公に直に言上する。

産直市で、家族へ土産に豆菓子を買い、千葉県佐倉にある、歴史民俗博物館に向かう。
謙信公のうさぎのかぶとが公開中である。9月19日まで。
それが、上の写真。
うさぎの耳に、月の前立ての意匠である。
うさぎがなぜ武具のかぶとに使われるか?
耳が良く、情報が早い。
足も早い。
月が信仰の対象なので、月とうさぎはセット。
子供を沢山生む。
大黒天(大国主)と関係があるなど。


今宵は、十五夜、
謙信公のかぶともうさぎと月でした。
月を愛でる夜を待ち、良い宵闇を迎えます。

【2016.09.15 Thursday 16:11】 author : いづな薫 
| 上杉謙信 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ご支援ご指導に、心から感謝申し上げます。
さて、来たる10月29日(土)ならびに30日(日)に、「森ゆうこと語る会in煌蘭」東京丸の内を開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
この機会に是非、森ゆうこさんと3度目の当選のよろこびを分かち合って下さい。 皆様の、奮ってのご参加をお待ち申し上げます。
://www.mori-yuko.com/20161008/
| 串かつ | 2016/09/16 7:30 PM |
串かつ先生

東京で開催と言うことは、それだけ支持者が多いと言うことです。
謙信公のおひざ元でも、票に大差がつきました。
上越北京ダック美味しそうですね。
| いづな薫 | 2016/09/16 7:37 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417131
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中