大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 新潟雪室豚で肉巻き | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< かぼちゃと豚肉もやしの炒め物 | main | とある忙しい日の夕ご飯 >>
新潟雪室豚で肉巻き


熟精肉が流行っていますが、これは新潟県の雪室(雪の貯蔵施設)で熟成した豚肉です。
豪雪地帯の新潟では、冬に降った大量の雪で貯蔵施設を作り、そこに食材を保存し熟成を進めています。
暑い夏が過ぎ、冬が来て次の雪が降るまで1年間、雪をもたせます。
雪室コーヒー、日本酒、ビール、ワインなども有名です。
別の場所に降った雪まで、雪貯蔵施設に雪崩れこませ、1年雪を絶やしません。

食材王国新潟が誇る大変おいしい肉です。
皆さまももしお見掛けしたらぜひお試し下さい。

食料自給率100%、しかも米や酒、肉、魚、野菜とブランド食品が多いのに、新潟で原発なんてとんでもない。もちろん他地域も。

材料
豚肉 バラか生姜焼き用 1人分150g×人数分
チーズ カットチーズ 1人2枚×人数分
アスパラ 1束
塩コショウ
肉下味用 生姜 酒
オイル


作り方

1)肉をおろし生姜と酒に漬けこみ1晩おく。
 待てない人は30分くらいでも。酒もすべて焼く時入れて下さい。
 私はある程度の量、肉を買い込み生姜と酒に漬けて冷凍庫に保存します。
 小分けにしておくと、使いやすいです。

2)アスパラを等間隔に切りゆでます。

3)棒状に切ったチーズを芯にして肉を巻き、アスパラと交互に差します。
 フライパンに油を敷き、塩コショウして両面焼きます。



柔らかくスパイシーな肉とチーズが絶妙です。
つけ合わせはナスのしぎ焼きでした。

【2016.11.01 Tuesday 14:51】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
この料理だと不器用な自分でも作れると思うので材料を買ってきましたが竹串を買うのを忘れていました。

楊枝で代用してみようかな??
| 裕左衛門 | 2016/11/04 11:05 PM |
裕左衛門さま

コメントありがとうございます。
竹串なくても、肉を巻いて加熱するとくっつきますので、大丈夫です。
アスパラなど野菜と一緒に炒め物風にしても美味しいですよね。
もう、召し上がった後でしょうか。
| いづな薫 | 2016/11/06 7:25 AM |
昨日の晩御飯のおかずにアスパラとチーズ入り肉巻きの串焼きを作ってみました。

生姜は無かったのでパスしました。
竹串の代わりに普通の楊枝に刺しました。

Mが付くSNSに写真を貼り付けて日記に書き写真をこのコメントに貼り付けようとしましたが上手くいきませんでした。

| 裕左衛門 | 2016/11/07 11:06 PM |
裕左衛門さま

作られたのですね!
裕左衛門さまのも美味しそうです。
生姜の替わりには、にんにくや柚子こしょうが合うと思います。
ワイン降りかけて焼くと、洋風な味わいになります。
いろいろお試し下さい。
| いづな薫 | 2016/11/08 7:01 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417155
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中