大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 TPP衆院可決とトランプ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< トランプ氏当確 米大統領選 | main | 中国の友人とトランプ談話 >>
TPP衆院可決とトランプ
調理される鶏が屠殺されて、首を失ったのに走り回ると言う話を聞いたことがあるだろうか。
何かのブラックジョークではない。

米国でTPP大反対のトランプが大統領になるのに、本日日本ではTPP法案が衆院で可決された。
日本に不利なTPPを、親分の米国ですら望んでいないのに、なんで可決する必要があるのか。
しかも、強行採決しているのである。
与党政治家は、考えることすらしなしないのか。
首からを上を失った鶏、脳みそがないのに走り回る姿に似ている。

猛反対のTPPを可決する日本は、トランプにしてみれば喧嘩売っているも同じである。
なぜこのような行動を日本政府が取るか。
TPPの中身をわかっていないのではないか。

日本に米軍基地がある。
米国は、米国の都合で日本に基地を置いている。
もちろん、米国民の多くは日本を守るために日本に米軍基地を置いているとは思っていない。
なのに、日本人の多くは日本を守るために米国が駐留していると勘違いしている輩が多くいる。
日本語のマスコミがそれを伝えていないからさもありなんだが。

新たなニュースが出ている。
トランプは当選後、日本に新たな基地負担を求めると意思を表している。
安倍は、国民の血税を差し出すだろう。
そのうち、自衛隊派遣で国民の命も差し出すことになる。
日本国民を守って、断る意志なんて安倍には毛頭ない。
反対運動は起きるが、大したことはない、沖縄県民ほどの抵抗をその他の地域の国民は見せないと安倍政権は高をくくっている。
頭のない鶏になって米国に追随しても、日本の権力者でいたい、そう言うことだろう。

戦争する危険を考えた場合、ヒラリーでもトランプでもどちらも危険である。
ヒラリーの方が良かったとは言えない。
ヒラリーは、リビア戦争のカダフィー暗殺指揮官である。
雇ったアフガニスタン傭兵たちに暗殺させ、次に彼らを米軍が抹殺している。
女性だから平和主義とは限らない。
古くはサッチャー、日本の稲田朋美だってそうだ。

トランプは、大統領不適格者である。
でも、トランプを選ばざるを得ないほど米国は厳しい。
そういう状況の米国は、対外的に厳しくなる。
一番、文句を言わず、財布にしやすい首に縄付けやすいのが日本である。

【2016.11.10 Thursday 21:46】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417162
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中