大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 常夜鍋 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 酒盗バーニャカウダ | main | とある日のおうちランチ >>
常夜鍋




毎夜食べても美味しいから、常夜鍋。
これがまた本当に美味です。
本当は、豚肉とほうれん草のみだそうですが、私はねぎだのキノコ、油揚げも入れてしまいます。
お酒にも合うし、おつゆを雑炊にしても絶品です。


材料 4人分
豚バラか、しゃぶしゃぶ用豚肉 400g
ほうれん草か小松菜1束
ねぎ 適宜
油揚げ 3枚くらい
きのこ 1パック
丁子麩 4個 なくても可
昆布 10cm
酒  おたま1杯
みりん おたま1杯
醤油麹 大さじ1
めんつゆ おたま6分目
顆粒出汁 少々
水 5〜6人用土鍋3分の1
豚肉下味用 すりおろし生姜と酒

作り方


1)豚肉はビニール袋にすりおろし生姜と酒を一緒に入れ、1時間以上置く。
 野菜を洗う、油揚げを細く刻む。丁字麩を水に戻し柔らかくなったら軽く水をしぼる。


2)鍋に水と昆布を入れ、加熱し出汁を取る。
 昆布を煮立つ寸前に引き上げ、酒、みりんをおたま1杯ずつ入れる。
 めんつゆおたま6分目、醤油麹、顆粒出汁も入れる。醤油麹はなくてもいいです。醤油麹入れない場合はめんつゆを少し増やし味見してください。


3)2で作ったおつゆが煮立ったら、きのこ、肉、野菜を入れて行く。
 煮立ったらいただく。
 
好みで、大根おろしやぽんずをかけても可。
そのままでも十分美味しいです。
お好みの具材で召し上がれ。

【2016.12.01 Thursday 20:25】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
白山冥利大権現南無
真田丸の題字、左官屋さんがコテを使って、土に描いたんやね。
石川県金沢市は加賀百万石の城下町、独自に発展した伝統芸術を誇る、
職人を大事にする町です。
実は私の義理の兄が左官屋さんです。私の姉の旦那
石川県左官組合の副会長なのです。白山市の名工としても表彰されています。
金沢城の土塀の修復も手掛けております。
石川県は仕上げ塗りが濃い、赤、紫、緑、紅葉の葉を入れて型どる技法もあります。
普通、聚楽壁仕上げは、ウグイス色など薄い色が主流ですが、石川県は濃い。

職人は道具、よく道具を見れば、その職人の腕前が分かると言いますが、
よく手入れの行き届いた道具、ただ単に手入れだけでなく、愛情を籠めて、
この道具で、子供を育て、税金を納め、服を買い、栄養のある食べ物を食べ、
親戚付き合い、冠婚葬祭などなど。
どの仕事もそうですが、道具を抱いて寝るぐらいでないと銭は稼げませんぜ。
私は関数電卓を抱いて寝ます。
| 串かつ | 2016/12/02 7:47 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
義理のお兄様は、左官屋さんでしたか。
しかも、偉い役職の方なのですね。
金沢城の土塀、私も拝見しましたよ。

>石川県は仕上げ塗りが濃い、赤、紫、緑、紅葉の葉を入れて型どる技法もあります。
普通、聚楽壁仕上げは、ウグイス色など薄い色が主流ですが、石川県は濃い。

ほほう、結構色があるものですね。
葉を入れるのですか。

>職人は道具、よく道具を見れば、その職人の腕前が分かると言いますが、

そう思います。
良い仕事をして家族のために働くということですね。
関数電卓抱いてお休みですか。
私は、パソコンになりますかしら。笑
| いづな薫 | 2016/12/02 8:06 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/12/05 7:28 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417168
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中