大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 内閣支持率は60.7% | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 11月東京で雪 昔の気象と収穫について | main | 酒盗バーニャカウダ >>
内閣支持率は60.7%
「共同通信社の全国電話世論調査によると、内閣支持率は60.7%で、前回10月の53.9%から上昇。」だそうだ。
不支持は、30.4%。
共同通信は御用メディア代表格ではあるが、こんな数字を恥ずかしげもなく打ち出すのが驚き。


60%超は茶番にしても、ある程度の支持があるのだろう。
年金が下がるのに支持、景気も良くならないのに支持するのか。
あきれて言葉もない。


「安倍晋三首相がトランプ氏や、ロシアのプーチン大統領らと相次いで会談するなど首脳外交を展開したことが
支持率アップにつながった可能性がある。」と共同通信は書いている。
大統領選挙中、安倍がヒラリーに会いに行っている。トランプをスルーした。
新しい主人になる人に会いに行った犬が、主人を間違え改めて新主人に会いに行った。
税金で買った50万のゴルフクラブをくわえて。
大統領にもなっていないトランプに安倍が会ったって、政治的成果は何もない。
大臣も側近も決まっていないから、会う人がいないので娘夫婦が会ったという有り様。

プーチンと会っても、島は帰って来ない。
そんなことをすれば、プーチンは国民の支持を失い屋台骨が揺らぐ。
領土問題はそう簡単ではないのだ。
領土問題を頑張っているように見せて、総選挙をし勝つのが安倍政権の目論見である。
選挙が終わってしまえば、島問題が不首尾に終わっても構わない。
韓国では、大統領退陣をめぐって大規模デモが起きているが日本では起きない。
起きてもおかしくない状態なのに、支持率が60%を超えている。
滑稽さを含んだ異常さが今の日本である。

【2016.11.27 Sunday 20:00】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(10) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
なんですと!(`・ω・´)
自分もゴルフやるけど12本で20万円だぞ、文句あるか!

トランプもいい迷惑だったでしょう。
金のゴルフクラブなんて、イメージ悪いじゃんかよ、たく
まったくよけいな事してくれるよな〜。

でもATMだから、じゃけに出来んし、しゃーない会うか、
(^ω^)みたいなもんでしょ。 恥をかかされたのは我ら日本人。
しかも財布から抜き取られて、勝手に造りよった。
馬鹿息子より、たちが悪いよ。
| 串かつ | 2016/11/28 10:35 PM |
串かつ先生

お怒りごもっともです。
安倍政権のやっていることは、本当、独立国家の体をなしていないですよね。
そのバカを褒めてたたえるメディア、もうどうしたら良いのでしょう。
政治的一人前でないのに、財布だけは持っている、そんな国が、国際社会でどんな評価を受けるかです。
財布の方も昨今厳しいですが。
| いづな薫 | 2016/11/29 7:20 AM |
おはようございます。

こういう調査も在りました。
https://apps.facebook.com/my-polls/form/1502264/

マスゴミの調査は信三さんと寿司友だから下駄を履かせているのか支持者の方達を多数サンプルに入れているのでしょう?
| 裕左衛門 | 2016/12/01 7:35 AM |
裕左衛門さま

政治問題にもコメントいただき、大変嬉しいです。
ありがとうございます♪
裕左衛門さまご指摘の通りです。
日本の大マスコミなんて、本当安倍公報以外何物でもないですよね。
安倍が米国とごく一部の既得権益層のために行う政治です。
それを、さも国民のためであるかのように書き換えるのが大マスコミですね。
| いづな薫 | 2016/12/01 10:04 AM |
今晩は昨日の調査の元記事のURLを貼り付けておきます。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=120338

これによりますと地方紙は反対が多数ですね。

自分は新聞は定期購読していませんが組合辺りが購読しているのか分かりませんが地元紙と日経新聞が社食に在り自分は福島民報を見ています。
| 裕左衛門 | 2016/12/01 10:32 PM |
裕左衛門さま

元記事ありがとうございます。
裕左衛門さまは、メディアリテラシーに長けた方ですね。
裕左衛門さまに当ブログをお読みいただきうれしいです。
地方紙は、安倍に寿司御馳走になっていないから義理だてする必要もないのでしょう。
選挙の翌日、安倍が東京に本社がある大手メディア幹部と会食していると聞いて、日本もここまで落ちたかと思いました。
テレビや大手マスコミは、オール政府寄りなので、それらに雇われない政治評論家の本やブログを私は参考にしています。
| いづな薫 | 2016/12/02 8:15 AM |
12月10日(土曜日)、前倒しで9日(金曜日)
この日は日本国民にとって悪夢の日です。

貧しい国民がやっとの思いで納めた税金から公務員に冬のボーナスが
支給される悪夢の日です。
何故利益を出さない人たちにボーナスが支給されるのか、
子供の頃から不思議でした。
私の親は朝早くから出勤し夜遅く帰宅していました。
唯一の楽しみは仕事が終わり風呂に入り、一杯のお酒と
炙ったイカです。
そしてまた、朝早くに家族のために仕事に出かけます。
会社の利益のため身を粉にして手に入るボーナス、
ありがたかったですね。

公務員さん達は利益を出さず、逆に税金を使い切るのが仕事、
何故ボーナスが支給されるのか不思議だ。
どうですか、公務員さんボーナス貰ってもイマイチ嬉しくないでしょう。
全額貧しい子供達に寄付してはいかがですか、一度くらいしても
罰は当たりませんよ。 しつこいようですが毎年この時期になると
悩みます。
国民の皆さん、騙されていますよ。
| 串かつ | 2016/12/04 5:38 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
公務員ボーナスの日ですか。
霞ヶ関官僚もですね。
私の園芸友達に、外務省の書記官がいます。
その方個人は、とても良い方です。
私が、国会&霞ヶ関デモに行くことも安倍を全く支持していないことも良く知っています。
外務省の中にも、安倍政権とは、異なる考えの人もいます。
表だっては言えませんが。
税金の使い方は、私も不満だらけです。
おかしな公務員もいます。
そんな話もします。仲の悪い国同士でも、国民レベルだと付き合うに値する人がいます。
色々な人と話し合いを持ち、次の衆院選を始め市民運動をして行くつもりです。



| いづな薫 | 2016/12/04 6:50 PM |
カジノ法案衆議院通過やて(・´з`・)

先生方ジャンブル知ってんですかね、儲かるのは元締めです。
当たり前です。玄関開けた時点で何十万〜何百万が吹っ飛ぶ訳ですから、
その経費を、訪れてくださった方々の財布から頂戴しなければならない。
勝つか負けるか運しだいなんて、客商売に通用しませんぜ(・´з`・)

なんでも、ディーラーさんはルーレットの番号を自由自在に当てることが
できるそうです。回転と投げるタイミングでしょう。
また、それが出来ないと、お客の前には出さないそうです。
トランプもそう、ブラックジャック、ポーカーなど、好きなカードを
出すことなど、自由自在だそうです。手品やイカサマではありません。
技術です。最初は勝たせておいて、多く掛け金をださせて、最後は有り金
全部頂く寸法だ。

パチンコもそう。
朝先頭に並んでいる2〜3人はサクラです。店側から何番の台に座れと、
指定されているので必死で先頭に並んでいるのです。
機械ですから誤作動を起こす台もあります。店側としては、厄介な台ですが、
なかなか一台、二台となると取り替えるのが面倒です。
一台でも警察の立会いがいるからです。仕方なく店側は放置しているのです。
その台に当たると出ますよ。
| 串かつ | 2016/12/06 8:08 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
日本は、国家挙げて博打奨励ってことですよね。
特に、米国の大手カジノ業者は5000億〜1兆円の投資規模になると言っています。
日本では、視聴率の上がらないフジテレビがお台場カジノ誘致に躍起になっています。
カジノ法案審議で時間が余ったからと、般若心経読みあげた自民谷川なんてのもいました。

>先生方ジャンブル知ってんですかね、儲かるのは元締めです。

国会議員、バカ揃いなので分かっているんだかどうか。
賭けた人の多くの損失の上に成り立つ儲けです。
しかも儲けるのは、米国など海外業者でしょう。
カジノに加え、伸びる軍需産業、もんじゅ廃炉で新・増殖炉作る政府…本当にこいつら何とかならないものでしょうか。

>最初は勝たせておいて、多く掛け金をださせて、最後は有り金全部頂く寸法だ。

昔からこの手法ですね。笑
ディーラーは技術ですか。面白いですね。実際見たいとは思いませんが。
私は、パチンコをしたことがありません。サクラがいるんですね。
| いづな薫 | 2016/12/07 3:36 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417171
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中