大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ありし日のクリスマス風景 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 真田丸 最終回 | main | 「日本スゴイブーム」の恐ろしさ >>
ありし日のクリスマス風景


ドイツで小さな村に住んでいたことがあります。
東洋人の住民は私だけです。
牧師さんがいつもはいない、小さな小さな教会が私は好きでした。
畳で2畳ぶんくらいでしょうか。
それでも村のお年寄りが、掃除に来たりして小奇麗です。
そうして、何十年何百年と守られて来たのでしょう。
草原と、放牧の牛と、教会。
空を見上げると、雲の動きがドラマティックに変わって行きました。

どなた様にも、幸せなクリスマスが訪れていますように。

【2016.12.24 Saturday 20:24】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
今年の、「クルシミマス」も終了だ。
わずか畳二畳ほどの小さな教会か、いいな〜、中に十字架があるんですか。

ゴーダマ・ブッタも最初はゴザ二枚から始めたそうですから、
一応悟りの境地には達したんだが、見た目は乞食坊主ですからね、
最初はだれも信用しません。
最初の弟子、ヤサの両親ウパシカ、ウパサカも、この人がアポロキティー・シュバラー?
(;・∀・)コノヒト、ダ、ダイジョウブ…?なんかいと、ヤサに聞いたそうですから。
服は汗だらけ、埃だらけ、ボロボロ状態、裸足です。
ゴーダマは父王の届け物は一切受け付けませんでした。修行の妨げになるからと、
使いの人は、トボトボと、遠く離れた、カピラ城に帰るしかなかった。
食べ物は、もっぱら戸々食(ここじき)托鉢です。
ビンビ・サラー王のコーサラ国は、王が信心深い人なので、大抵は民家の前に
立てば、食料は貰えたのです。
すきっ腹に粥の味は最高だべ、乞食坊主、三日やったら辞められない。

皆さん人間釈迦ですよ、特別な存在じゃないんですよ、気のいい兄ちゃんですよ、
発する言葉、説法が心を揺さぶる、大王も弟子になったんですから。
| 串かつ | 2016/12/25 1:40 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
クリスマスいかがお過ごしですか。

>わずか畳二畳ほどの小さな教会か、いいな〜、中に十字架があるんですか。

あります。たぶんとても古いです。
村の人びとの信仰に守られて来ました。
道を歩いていると、道端にこの村から第二次世界大戦に行って戦死した人のお墓もあります。
墓碑銘によると、1945年に30歳代で亡くなっていました。
良き息子、良き夫であったと刻まれていました。

お釈迦様が生まれたインドにも、仏教遺跡がありますが
信仰する人や見学者が多いのでしょうね。
| いづな薫 | 2016/12/25 2:24 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417175
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中