大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 猫に注意 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< お屋形さまのお膝元 | main | 越後の朝 >>
猫に注意

越後の国のとある路上にいたにゃんこ。
リードがおうちの入り口につながっているが、にゃんこが舗道の反対側にいた。
つまり、舗道をリードのひもが横切っている。
ありゃありゃ。
にゃんこを撫でながら、にゃんこの家の方に誘導する。
入り口には、「猫に注意!」の貼り紙が。
いや、おとなしいにゃんこなんだけれどな。
毛がふわふわでとても可愛いです。

【2017.01.20 Friday 17:38】 author : いづな薫 
| 春日山城、新潟 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
猫って笑いますよ、見た事ありますか?実際不気味です。
霊も見えるみたいですよ、自分に向かって「う〜・・シャア〜」と唸ったんですよ
人間のオーラも見えるみたいですよ、
実家のメス猫でチンチラのトムコがそうでした。
私の体験談、知りたいですか(・´з`・)
皆さんびっくりしますよ。
私は今でも化け猫じゃないのかと、思っています。
直虎に出てる猫はひこにゃんのご先祖様でしょうか。
| 串かつ | 2017/01/20 7:17 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
越後国の現代旅籠にいるいづなです。
トムコさんと串かつ先生の体験談、ぜひお願いします。
ひこにゃんのモデルは、東京の豪徳寺にいたにゃんこです。
手招きして、井伊2代藩主直孝を落雷から救った逸話があります。
直孝、豪徳寺にお墓あります。
| いづな薫 | 2017/01/20 7:43 PM |
まずは、我が家(実家)の化け猫をご覧ください。
www.geocities.jp/fxtjm929/neko/neko.html
写真見ると分かるでしょ。
いつも機嫌悪そうな、ムスーって顔してるんですよ、腹立つ(`・ω・´)
俺が来たから機嫌悪いのか、悪かったな、まーたくもう(^ω^)。
私の両親に可愛がられているので、又、邪魔なのが来たと思っているのでしょう。

この猫が笑ったのです。ブルブル(゚Д゚)
私は猫に騙されたフリをしたのですが、トムコが廊下で振り向き様、
ニコっと笑ったのです。本人はしてやったりの猫顔でした。
人間をなめたらあかんぞ〜
でも大したものだなと、人間を試したんですから、猫恐ろしい。
私は、猫に試されたんですから、お〜人間として恥ずかしい。
詳しい内容はまたの機会に。

私は仕事がうまくいかなくて、少し落ち込んでいました。
用事があり、夜実家に行きました。
居間に入るとソファーの上にいたトムコが私に唸りだしたのです。
う〜〜しゃ〜、トムコの目は赤く充血、恐怖におののいています。
初めての事なのでびっくりです。
私はトムコに近づき、顔をのぞきました。唸りが凄いです「ど〜したトムコ、うん」
上目ずかいで、怖がっています。
そこで気が付きました。トムコは私ではなく、私の顔の右側を
見て威嚇していたのです。え、( ゚д゚ ) 私は思わず右側を振り返りました。
ギャー・・・・詳しい内容はまたの機会に。

トムコは私が心配ごとがあり、悩んでいると、
私に近づき、心配な顔をして、私を眺めているのです。
その時のトムコの顔は猫の顔ではないのです。
顔をゆがめ、口もゆがめて、心配そうに私を眺めているのです。
私は、心に秘めているんですよ、表に、口に出さないのに、
トムコには分かると言うことだと思います。
人間から出ているオーラの色で分かるんでないでしょうか。
| 串かつ | 2017/01/21 7:00 PM |
串かつ先生

連投ありがとうございます。

>私の両親に可愛がられているので、又、邪魔なのが来たと思っているのでしょう。

これは、わかりますね。笑
トムコちゃんは、ご両親様を本当の親御さんだと思っているでしょう。
猫って、孤高の生き物ですが、親子関係はあるんですよね。

心配事があると、どうしたの?っていう感じに見ている時がありますね。
心配していないんでしょうが。笑
でも、病気になったのを看病してあげたりすると、犬みたいになつきますね。
猫は可愛いです。
私はあと、かわうそが好きです。

| いづな薫 | 2017/01/22 6:19 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417186
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中