大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 弥彦神社 その1 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< アライグマの赤ちゃん | main | おんな城主直虎 「亀之丞帰る」 >>
弥彦神社 その1


駅から15分歩いて、弥彦神社の鳥居が見えて来た。
雪景色に赤い鳥居がドラマティック。

下の写真の奥は、玉の橋と呼ばれる橋。
人間がけっして渡れない橋である。
渡るのは神様である。
境内の御手洗川(みたらしがわ)にかかっている半円形の橋で、御神橋(ごしんきょう)とも言う。


まず、手水鉢で手と口を清める。いわずもがな寒い。
身の引き締まる寒さが、逆に心地よかったりする。




柄杓の台につらら。
何とも美しい、冬の造形美。



【2017.02.04 Saturday 20:48】 author : いづな薫 
| 春日山城、新潟 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
冬の弥彦神社は行った事がありません。
寒くて、人も少ないし、淋しいし、結構歩くし、
いづな先生よく行きましたね(゚Д゚)オドロキモモノキシャンショノキ
温泉も良いですが、ラーメンもおいしいですよ、新潟のラーメン、

弥彦神社の近くに原発が出来る予定でしたが、巻住民が覆しました。
聖域ですからね、天香山命 (あめのかごやまのみこと)様が怒ったんだね、
なんせ、アマテラスの曾孫だかんね、お〜恐(゚Д゚)
宝物館には日本有数の大太刀(長大な日本刀)である「志田大太刀(しだのおおたち、重要文化財)」や、
源義家や源義経、上杉謙信などに所縁と伝えられる武具などが社宝として展示されている。
今、新潟に居ないので、
いづな先生のお写真で拝ませていただきます。
| 串かつ | 2017/02/05 4:26 AM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
今は、御仕事先なのですね。
お体にお気をつけてお仕事なさって下さい。

冬の弥彦神社、気候の良い時に比べたら人少ないでしょう。
でも結構参拝者いらっしゃるんです。
観光バスも何台か到着していました。
境内、サイクロン式に吹雪いているんですよ。
パタゴニアみたいなカッパ来た人が参拝していました。
私も、東京じゃ暑くて着られないダウン着ていました。
新潟のラーメン、大好きです。
以前、ホテルに入った後どうしてもラーメン食べたくなって、夜な夜な外出したことがあります。
食材が美味しいのでどんな料理でも美味しいです。
上越のあごすけさんでは1時間並んで食べましたよ。
あごだし、美味しいです。

>弥彦神社の近くに原発が出来る予定でしたが、巻住民が覆しました。

私、東京で巻町産の野菜とか果物見かけると必ず買うんです。
そう、原発計画を覆してくれたからです。
スイカなんて絶品ですよ。

>宝物館には日本有数の大太刀(長大な日本刀)である「志田大太刀(しだのおおたち、重要文化財)」や、
源義家や源義経、上杉謙信などに所縁と伝えられる武具などが社宝として展示されている。

ふふふ、もちろんそれが目当てでございます。
| いづな薫 | 2017/02/06 9:06 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417194
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中