大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 謙信公願文 弥彦神社 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< エビチリ | main | おんな城主直虎「桶狭間に死す」 >>
謙信公願文 弥彦神社


弥彦神社宝物館に、謙信公の願文が残されている。
それを拝見させていただくことが弥彦に行った目的である。

永禄7年(1564)に弥彦神社に収められた願文(神仏への誓い文)である。
文面では信濃、越中への出兵の理由を述べすべて人助けのためであり、私利私欲から起こした派兵ではないと述べている。

気になっていたことがある。
この願文を、誰が弥彦神社に持参したか。
それを、神社の宝物館管理の方や、神主さんに聞いてみた。
神社に伝わる話や、民間伝承があれば幸いだ。
その日お留守だった弥彦神社古文書管理の専門の方からも後日お電話でご説明いただいた。


誰が持参したか。その話は伝わっていないと言う。
謙信公御本人さまが来た記録はない。
家臣か。
家臣で豪商、謙信公の最良のビジネスパートナーだった蔵田五郎左衛門か。
蔵田である可能性は強いと思う。
彼は、大きな船を操る伊勢の商人でもある。
そして、伊勢神宮の御師(おんし)である。御師とは、伊勢神宮の御札を配ったり伊勢神宮に行く人を運んだり宿の予約をしてくれる旅行代理店のような仕事だ。

今上越の春日山城と、弥彦は船では簡単に行き来していただろう。
誰かが、春日山城で書かれた願文を預かり弥彦神社に運んで来た。

願文の中で、謙信公が私欲非道は行わないと繰り返し述べているのが印象的である。
謙信公の神仏への敬虔な態度が伺える。

「だから、神様仏様は私に協力してね。」とも述べている。

謙信公のすごく達筆だが、ちょっとまるいような筆跡が、懐かしい心地さえした。
墨は黒々とし紙も虫食いがない。

さっき、墨が乾いたかのようだ。
450年もの月日が、忽然と流れている。

【2017.03.08 Wednesday 21:20】 author : いづな薫 
| 春日山城、新潟 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
元祖ビュジュアル系、長尾影虎
私も歴史本ですが、影虎が着ていた着物ですか、見ました。
継当てでカラフル、色の配色がセンスいいです。
明るい感じの仕上がりで、見てると楽しくなる代物ですね、
また、それが似合う人物だったんでしょうね。
ワダエミさんは、これでアカデミー賞の意匠デザイン賞を受賞した。
この辺でも影虎は凄いな、姉の桃姫もセンス良かったんじゃないでしょうか、
弟の面倒をみているわけだし、身につける物も意見したんでしょう。
なんせ、弟が長尾影虎、のちの関東管領上杉謙信ですからね〜
妬けますか、いづな先生。

武田信玄晴信が遺言で、ワシが死んだら、越後の上杉謙信に
頼れ、謙信は男らしい武将であるからと言いました。
日ノ本で信用できるのは上杉謙信だけであると、もはや幕府に
力はない、謙信と共に乱世を終わらせてくれと、頼むタノム

上杉軍は暴行略奪などしない、軍律で厳しく統一している、
謙信が馬上から全軍を前に演説する時は、兵だけでなく民衆も聞きに来た
シビレるでしょうね〜  大事無い、大事無い
謙信が善光寺平に出撃するときは、通る道、道に村娘達が、花一輪を
謙信に渡したそうです。
| 串かつ | 2017/03/11 3:01 AM |
電通の強制捜査と検察庁への書類送検は「かとく」と言う
過重労働撲滅特別対策班がおこないました。
東京と大阪の労働局にだけ設置されている特別班です。
地検の特捜部みたいなもんです。
特別班と全ての労働基準監督署には
司法警察権限による逮捕権と刑事訴訟法に基ずく強制捜査権が
与えられています。(゚◇゚;)オソロシ

重大災害と言うのがあります。
例えば同じ作業現場で3人以上が怪我をする事を重大災害と言います。
一人の場合はウッカリミスが考えられますが、3人以上が同時に
ウッカリミスをするでしょうか、まずないです。
つまり、その作業現場の安全設備に問題があるか、その会社の
安全管理に問題があると言うことです。
管轄の労働基準監督署は非常事態宣言を発令し、
現場の一斉臨検をおこないます。

監督官が来られる時は、高い日本茶と猫屋の羊羹を用意し
安全書類を机上に並べて臨戦態勢で望みます。
しかし検地の岩松と同じで、まず口にしません。
「現場を見させていただきます。」
「は、ご案内申し上げます」(゚◇゚;)こちらからどうぞ
「そこの足場に手摺がありませんよ、法令違反ですよ」
「は、今直ぐに、今直ぐに設置いたします。」(゚◇゚;)鳶を呼べ
「今回は是正勧告に止めておきますので、早急に書類を提出
してください。安全が確認できるまで足場の使用は避けてくだい」
「は!」(゚◇゚;)助かった
| 串かつ | 2017/03/11 6:45 PM |
串かつ先生

ためになるコメント、面白いコメントいつもありがとうございます。

>私も歴史本ですが、影虎が着ていた着物ですか、見ました。
継当てでカラフル、色の配色がセンスいいです。

この着物、現代の呉服屋さんが再現しています。
「金銀襴緞子縫合胴服」とググると出て参ります。
緞子は、当時輸入品ですからたいへんなお値段でしょうね。
茶道の茶入れをこの生地でこしらえた袋に入れます。仕覆(しふく)と言います。
小さな袋ですが、1つ、1万円くらいするでしょうか。
仙桃院と謙信公は、姉弟であるけれども景勝にとっては実の両親のようでしたね。

>なんせ、弟が長尾影虎、のちの関東管領上杉謙信ですからね〜
妬けますか、いづな先生。

何でですか????

>武田信玄晴信が遺言で、ワシが死んだら、越後の上杉謙信に
頼れ、謙信は男らしい武将であるからと言いました。

この遺言すごいですよね。
謙信も信玄も。
謙信公が上洛した時、京都は三好三人衆や松永久秀に牛耳られて政情不安でしたが、謙信が上洛した時は平和が保たれたそうです。
京都の人びとは長尾景虎を好意的に見たでしょう。

>電通の強制捜査と検察庁への書類送検は「かとく」と言う
過重労働撲滅特別対策班がおこないました。
東京と大阪の労働局にだけ設置されている特別班です。
地検の特捜部みたいなもんです。
特別班と全ての労働基準監督署には
司法警察権限による逮捕権と刑事訴訟法に基ずく強制捜査権が
与えられています。

そうなのですね。
重大災害は、同作業現場で3人以上が怪我をする事なのですか。

>つまり、その作業現場の安全設備に問題があるか、その会社の
安全管理に問題があると言うことです。

ふむふむ。

>監督官が来られる時は、高い日本茶と猫屋の羊羹を用意し
安全書類を机上に並べて臨戦態勢で望みます。

猫屋の羊羹とは何ですか?虎屋でなくて?美味しいのですか?

串かつ先生が、労働基準監督署を当たれと仰ったわけが見えて参りました。
| いづな薫 | 2017/03/11 8:05 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417199
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中