大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 おんな城主直虎 「亀之丞帰る」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 弥彦神社 その1 | main | 弥彦神社 その2 >>
おんな城主直虎 「亀之丞帰る」
平和でない戦国時代に女性が城主になるのだから、そりゃあもう大変である。
何が大変って。
成人男子が、みんな死に絶えていないっと言うことである。

戦国時代の井伊家は、今川支配下にある。
宗主である今川に、幾度も疑いをかけられ、亀の父が殺され、亀もまた殺される。
まだ数えで28歳の若さである。

亀が今川を裏切ったと、今川に讒言したのは、家老小野政直の息子、鶴である。
昨日のドラマで、家老小野が死んでいたが彼とは違って井伊に優しい息子の鶴も、また父と同じ道を歩む。

讒言(ざんげん)により、亀父子を2代に渡って殺害したのが鶴父子である。
亀の妻ひよの父、奥山朝利(おくやま ともとし)も、鶴によって暗殺される。

その鶴は、長じて小野政次(おののまさつぐ、道好みちよし・とも言う)となる。

後に、小野政次が亀を無実の罪で死なせたことを徳川家康に訴えたのは、直虎(おとわ)である。
小野政次(鶴)は、家康によって処刑される。その子2人も斬刑となった。



井伊は、今川に一族を次々と殺されながら、それでも今川に付いていった。
主人公直虎の父直盛は、桶狭間の戦いで戦死。
主君今川義元と共に、多くの重臣も死んでいる。
前田吟さん演じる曽祖父直平もまた、今川氏真の命じた戦で戦死。
長生きした直平は、息子孫が今川によりどんどん戦死、刑死していくのを経験し、自らも非業の死を遂げた。

直平の死で、井伊の男子は亀の息子で数え3歳の虎松1人だけになってしまう。
そこで、女性の直虎が城主になる。

今川の領国支配は、小さい領主がたくさん領内にいてそれぞれ支配権を維持したまま今川が力で押さえ込むと言う形を取る。
押さえ込んでおくためには、絶対的な力を誇示する必要がある。

戦国時代において、小さい勢力が大きな勢力に従うと言うのは、普段から絶対的支配の上、戦に連れて行かれれば最前線に連れて行かれ、死傷率もかなり高くなる。

直虎が父を失う、桶狭間の戦い、もしも織田信長が戦わず今川に屈服したら井伊的立場になっただろう。
織田家家臣は信長に降伏を進めたが、信長は断固拒否している。

家康は、井伊の立場とさほど変わらない今川の人質だったがよく生き残ったな。
今年も、昨年同様家康の伊賀越えが見られるかもしれないが、この時22歳の井伊直政(亀の子)が同行しているのである。
伊賀超え微妙かな。信長が死んだ時起きる伊賀超え、直虎もその3カ月後に死去なので。


直虎、4回目のおとわが小坊主になったあたりから面白くなって来た。

今川義元の人質&側室になった佐奈を、直虎は”おば上”とドラマでは呼んでいる。
実際は、お爺さんのきょうだいなので大おばである。
しかも、南渓和尚の姉のようだ。


家康の妻になる瀬名が出ている。
瀬名は、佐奈の娘である。
佐奈が、今川に人質に行き今川家の養女となり、今川家臣関口親永(せきぐちちかなが)に嫁いで出来た娘である。
母佐奈が、未だに今川義元の元にいて妾生活しているように書かれているが。

猫の南渓和尚も、おじいさんのきょうだいである。
南渓和尚は、今川義元が桶狭間で死んだ時、遺骨を安置して読経している。


そして、亀の父(今川に殺された)もまたおじいさんのきょうだいである。
つまり、亀は、おとわ(直虎)のいとこではなく、直虎の父直盛のいとこである。

【2017.02.06 Monday 20:23】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
頭がくらくらしてきた ^^
ややっこしいです
| さくら | 2017/02/07 12:08 AM |
さくら様

ややこしいのにお読み下さり、ありがとうございます。笑
戦国時代って、味方だと思っていたのにすぐ敵になったり、その逆もまたしかりです。
それに自分と一族の命を賭けて戦っているのだから、大変ですね。
使えない殿様だと、家臣が首挿げ替えるか下剋上なんてよくある話ですよね。
現代日本人は、安倍の首挿げ替えられないでいます。

戦国時代と言うのは、しょっちゅう戦っているようなイメージあるけれど実はそうではありません。
経済も流通もとても盛んです。
大河では、なかなかそんな所放送しませんけれども。
| いづな薫 | 2017/02/07 9:49 AM |
佐奈が人質に取られているから、逆らえなかったんじゃないの
ま、義理堅い人たちだわね、織田信長に爪の垢でも飲ませたいものだわね
死ぬのは弱いからだわね、強ければ死なないわね剣術、格闘
見掛けも大事ですよ、能力も、イマイチ劣っていたんだわね
おとわが強かったんでしょう。弱は弱はしければ城主にはなれない
見かけは女だが、中身は男だわね、そういう人現代にもいるよ
凄い美人なんだけど、話しているうちに男と話しているんじゃないかと
錯覚した事あるよ、あとカミソリ、この人カミソリと思った女の人いるよ
仕出し屋の女将でしたが、この人凄か〜震えました。
おとわも、おそらく、いづな先生みたいに強い人だったのでしょう。
下克上の戦国時代で城主になったんだから普通じゃ勤まりません。
| 串かつ | 2017/02/09 7:43 PM |
串かつ先生

連投ありがとうございます。
今川の領国、凄いことになっていますよね。
これから、織田信長がぶっ壊すわけですが

>見かけは女だが、中身は男だわね、そういう人現代にもいるよ

競争社会に生きると、男も女もないのです。
そうしないと、生き残れませんから。社会性も強くなりますね。
私の周りには、女性経営者が結構います。串かつ先生にお会いしたら、男みたいな人たちと仰るかもしれません。
そう言う私も、ブログだけだと男性だと思う方が結構いらっしゃいます。
私の世代だと、男女分業と言う感覚もありません。
| いづな薫 | 2017/02/10 8:50 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417203
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中