大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 燭台切光忠 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 安倍晋三小学校問題とPKO撤退は無関係ではない。 | main | 籠池元理事長の緊急インタビュー >>
燭台切光忠


茨城県の水戸市にある、徳川ミュージアムに来ています。
長船派の刀、燭台切光忠(しょくだいぎり)を拝見するためです。
織田信長→豊臣秀吉→伊達政宗→徳川頼房か光圀(水戸黄門)と渡り代々水戸徳川家受け継がれて参りました。
鎌倉時代、長船光忠作。
製作当時は、太刀だったが後年すり上げられて今は打ち刀に分類されています。
信長が光忠が大好きで収集していました。
光忠の子が、大般若長光とか数々の名刀を世に送り出した長光です。

燭台切の由来は、伊達政宗が言うこと聞かない小姓を燭台ごと斬ったから。おいおい。

惜しむらくはこの刀、1923年の関東大震災の時火災に遭ってしまったことだ。

高温で焼かれたため、刃紋は焼失してしまった。
残念ながら、美術品的価値はない。
金のハバキが溶けて刀身に付着した。

燭台切だけでなく、この日展示の、細川幽斎の刀だった児手柏(このてがしわ)も刀身が焼けている。




水戸徳川家の刀剣類は水戸屋敷の武器庫に保管されていて、関東大震災の時、小梅御殿は焼けても、武器庫は焼けずに残っていた。
武器庫は密閉された造りで、それが逆に中に一酸化炭素を充満させた状態となった。
極めて高温で燃えやすくなっていたが、土蔵は酸素が供給されないため、開けなければ燃えない。
内部温度が下がった時に開ければ良かったが、名刀の数々を確認するため開け、爆発して焼けてしまった。

水戸徳川家の歴史もそれなりに史料を読み込んでいるが、やはり震災で焼けたのは返すがえす残念。
燭台切の刀身が直刀に近くなっているのは、おそらく火災に遭ったからからだろう。
刀は、作刀時、水に浸けてそりが生まれるが、熱が加わる伸びてしまう。


刀を見に行くと、先々で出逢うゲームファンに話しかけてみる。
皆様良く勉強されているし、実に親切。
名刀鑑賞会にふさわしく、良かった。

【2017.03.12 Sunday 11:55】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417221
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中