大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 おんな城主直虎「さらば愛しき人よ」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 大河より小説より奇なり | main | 共謀罪閣議決定 >>
おんな城主直虎「さらば愛しき人よ」
次郎法師が、おんな城主になるには、井伊の成人男子はすべて死ぬと言うことよ。
直親も、その祖父直平も、殺されるか討ち死にする。


井伊の侍たちよ、若くしてまたは不慮にして皆、死にすぎた。
情報を集め、もっと上手く立ち回らないと命がいくつあっても足りぬ。


後の徳川家康、松平元康が、今川義元が死んだので、本拠地岡崎城に帰った。
これは、家康にとって実に賢明な判断。
元康は、岡崎城周辺だけでなく東に向かっても軍事行動を起こしているのである。
それが、やがて鵜殿長照(うどのながてる)の居城西郡上之郷城(にしごおりかみのごうじょう)にまで及んだ。
元康に攻められ自害した鵜殿長照(うどのながてる)は、寿桂尼の孫である。

そこで、報復として元康の妻瀬名と子供たちが殺されることになった。
今回ドラマ冒頭で、元康からの使者が来て人質交換を申し出たのである。
家康は、今川から寝返り、鵜殿の城を攻め、その子供を人質に取るようあらかじめ計画を立てている。
妻子を救出する手段を練っていたのである。
元康の今川寝返りは、今川家臣団に大きな動揺を与えたのは間違いない。
今川からは家臣団の離反が相次ぐ。

激怒した寿桂尼が、これまた孫の今川氏真をののしり、裏切り者をあぶり出し粛清しろ!と命じた今回。

そこで、次郎法師のもとに、お礼の使者の山伏が直親宛の手紙を持って来る。
差出人は松平元康、と書いてある。
ああーそれがうその手紙。

元康の元に走ろうとする人は多いのだから、粛清しようとする今川にも最大限の注意を払いましょう。

今川に、井伊が元康に内通したことがばれ、「直親、ちょっと来いっ!」となったのである。
史実では、小野政次が今川に讒言し、「直親、ちょっと来いっ!」となっている。
ドラマでは小野政次は、結構いい人に書かれていて、そのうち父と同じ道をたどる様に描かれる。

直親は、今川氏真の家臣で掛川城主の朝比奈泰朝(あさひなやすとも)に駿府への途中殺される。
直親は、本当に元康に通じていたのか。
これは史料がないので、不明。
直親が、本当に元康に内通してばれたなら、駿府にはもう行かないはずである。
では、内通していなかったのか。
それも、不明。
元康に通じることを予測した今川が、先に殺してしまったのか。


プチメモ。
うちのお屋形様はこの頃何しているでしょう。
信玄との最大の戦いであった、第4回川中島を終え、破竹の勢いで関東の諸城を攻略しています。
直虎らとさして年の変わらぬ謙信公、勢いが止まりません。
井伊が信濃あたりにいたならば、謙信公が助けてくれた可能性は高いですね。
井伊直親の没年と同じ年、謙信公の師であり当時最高の知識人(僧)であった天室光育も没。94歳。すごい。


3月23日の籠池氏の国会・証人喚問をNHKが高校野球のため中継しない、との情報が入りました。
先ほど、中継しろのお電話いたしました。携帯に番号入っています。笑
よろしければ、皆さまもお電話かメール、お願いいたします。
以下がNHKへのご意見サイトです。

https://www.nhk.or.jp/css/sp/



【2017.03.20 Monday 17:19】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417231
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中