大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 おんな城主直虎「城主はつらいよ」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 豚の角煮 | main | 植えられた場所で咲きなさい。 >>
おんな城主直虎「城主はつらいよ」

瀬戸方久(せとほうきゅう)は、実在の人物である。
井伊家の庇護を受け、そして井伊家を支えた人物である。
血筋としては、鎌倉幕府を倒幕した新田義貞の末裔と名乗る。

瀬戸方久(せとほうきゅう)は、井伊家や農民に金を貸し豪商にのし上がっている。
戦国時代、戦国大名や小さい領主、農村などはどこも戦乱や天候不純天変地異で財政が苦しい。
金を借りる相手は、神社仏閣、豪商、豪農である。
利子が5割程度と、バカ高い。
取り立ても厳しい。
でも、応じないと次が借りられない。
直虎が、瀬戸方久(せとほうきゅう)に教えられて、単価の高い作物を作るなど新しい商売を始めよと教えられていたが、 そうでもしないと、やっていけないのである。
農民の作る米の年貢だけでは、領国運営は不可能である。

ドラマだから、直虎が出家だから、と言うことで領主としての知識がない直虎。
瀬戸方久(せとほうきゅう)に言われて、直虎が今更ながらに経済政策に気が付いていたが、殺害された直親と言い直虎と言いこれでは国を取られる。
この時代、もっとも成功した経済人に上杉謙信がいる。
このサイトでも何度か書いて来たが、彼のビジネスセンス、洞察力は現代人も目を見張るものがある。
直虎と同じ、出家でそして生まれた家が財政的に苦しいのは同じである。

瀬戸方久(せとほうきゅう)に話を戻す。
彼は、元は松井平兵衛と名乗っていた。
それが、借金の”かた”に瀬戸村の土地をよこすよう要求して来た。
借金が返済されないので、担保の土地を取ったのである。
そして、瀬戸村に移り住んで、瀬戸と名乗り、出家して方久と名を改めた。

この瀬戸方久(せとほうきゅう)と井伊の領地で勢力を争った金貸しに祝田禰宜(ほうだねぎ)と言う人物がいる。
この人は、蜂前(はちさき)神社の神官である。
神官も坊主も大いに金貸しをしたのである。
ちなみに、比叡山なんて今で言えば、三井住友フィナンシャルグループとか、三菱UFJフィナンシャルグループといったたぐいである。
その祝田禰宜(ほうだねぎ)が、金貸し利権をめぐって、瀬戸方久(せとほうきゅう)と対立していた。
瀬戸方久は、井伊家の当主直虎と組んでいる。
祝田禰宜(ほうだねぎ)が組んだ相手が、すっかり悪者になった小野政次である。
祝田禰宜(ほうだねぎ)と小野政次が結託して、今川に「徳政令」を出させようとしたのである。

今回のドラマで出て来たのが、「徳政令」である。
簡単に言うと、借金棒引き、踏み倒しても良いと言うことである。
金を貸した側としてはとんでもないことである。
でも、当時の領民は、戦で人を失い、天候や天変地異で作物生産が出来ない時もありこう言う法令が各地で出された。

ドラマ最後のシーンで、今川が井伊の領地に徳政令を出すと言う情報が入っていた。
瀬戸方久(せとほうきゅう)は、直虎に徳政令(借金棒引き)を出さないよう働きかけている。
そして、農民の担保土地は瀬戸方久(せとほうきゅう)の土地になり瀬戸は直虎の家臣になった。
商人が家臣になるのは何も珍しいことではない。
どの戦国大名にも、御用商人が密接に関係している。
上記の上杉謙信には、伊勢神宮・神官で豪商の蔵田五郎左衛門と言う有能なビジネスパートナーがいるが、彼も家臣である。
謙信の「敵に塩を送る」の故事で、実際塩を運んだのは蔵田だと言われている。

次回放送するのかもしれないが、瀬戸方久(せとほうきゅう)は、今川家に自分の土地だけは徳政令を出さないよう運動する。
もちろん、今川家に献金しているのである。
金の力である。

男性武士ではない直虎と商人の瀬戸方久コンビが良い。
中野の息子、父と違い愛嬌がない。
家臣が全部で瀬戸を含め4人しかおらず、しかも3人が殿様に反旗って井伊の家っていやはや凄い。

戦国時代ドラマは、戦シーンが誠に多いが、経済活動をみると非常に面白い。
武士とは違った視点で動き、武力でなく金の力で世の中を動かす人物がいる。
歴史は経済面から見ると全く違って見える。

歴史とは、史料の分量からすれば大方が昔の政治経済の記録である。


【2017.04.03 Monday 10:20】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)素晴しい
徳政令は室町時代の応仁の乱で頻発されたんですね、
時の将軍、足利義政は13回もだして、御家人、家臣の
借金を踏み倒した。
これが戦国時代の始まり、これに怒って、不満を抱いた
農民、馬借達が一揆を起こし、力で徳政令の発布を守護や
大名に迫った。(中央だけでなく地方の守護や大名も出す)
役人だけがいい思いをして、一般市民はブラック企業かと、
今の情勢に瓜二つです。
徳政令は借金だけでなく、年貢(税金)にも適用されたそうな、
まったく今の情勢に似ている、震災復興税は、国会議員、秘書
霞が関官僚達は免除だが、一般納税者からは、容赦なく天引き
されておる、どうゆうわけだ、バカ安倍自民党・公明党
ふざけた連中だ、国民の皆さん一揆ですぞ。

松平元康(徳川家康)が三河で一向一揆に悩み苦しめられた時、
今川での人質時代の時に教えをいただいた太原雪斎からの
教えを思い出し、「治者(船)がよい政治をおこなえば、民(水)は支えて
くれるが、悪政をおこなえば波を立てて船を覆す」
中国の皇帝が家臣と交わした対話集で貞観政要という中国の古い本です。
直虎時代の大名はみんな知っていたらしいです。
つまり松平元康は民(水)を苦しめたから、一向一揆に悩まされた。
この本を、家康は生涯座右の本にしていたといいます。

「水はよく船を浮かべるが、またよくくつがえす」
こうでなくてはいけません。船を浮かべているのは官僚ではなく、
一般国民なんですよ、昔はいづな先生がおっしゃている通り、
よくくつがえしていたんですね。
| 串かつ | 2017/04/10 4:44 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
徳政令、鎌倉時代、室町時代と頻発していましたね。
農民も一揆起して

>これが戦国時代の始まり、これに怒って、不満を抱いた
農民、馬借達が一揆を起こし、力で徳政令の発布を守護や
大名に迫った。(中央だけでなく地方の守護や大名も出す)

今、応仁の乱が大人気ですけどね、面白いですよ。
本もいくつか出ています。
現代人は、もっと声出して行動しないと駄目ですよね。
共謀罪なんて制定したら、本当恐ろしいですよ。
実際会って話し合わなくったって、SMSだって共謀罪問えるというのでしょう。

>「治者(船)がよい政治をおこなえば、民(水)は支えて
くれるが、悪政をおこなえば波を立てて船を覆す」
中国の皇帝が家臣と交わした対話集で貞観政要という中国の古い本です。
直虎時代の大名はみんな知っていたらしいです。

いらない殿は首を挿げ替える。
今もやらなければいけませんよね。
今川、雪斎が死んでガタが来て、寿桂尼でガタガタですね。
| いづな薫 | 2017/04/10 8:45 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417237
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中