大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 おんな城主直虎「おんな城主対おんな大名」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 米軍が北朝鮮への先制攻撃準備か | main | 戦争と金 >>
おんな城主直虎「おんな城主対おんな大名」
中野の衣装を着て駿府御所に行った直虎。
中野は、直虎の着物を着て帰ったのだろうか?!笑

蛇が出て、小野が直虎を助けに行こうとした?ら怪力の傑山に抑え込まれる。
腕筋鍛えているね、ミリタリー坊さん。
敵だか味方だか分かんない奴、小野。

途中、直虎を殺そうとした刺客がいた。
あれは、家督を譲らせるため小野が放った設定なのか?

ことごとく直虎に盾をついてた中野、今回からは直虎の味方になるのか。
この脚本家、朝ドラの人気作品を書いたそうだが、最初仲が悪い人々はみな仲良くなると言う風に持って行くのが
パターンなのか。
中野もそうだし、後の井伊直政の生母しのともそういうパターンだそうだ。

今回、ドラマとしてそこそこ面白かったが、何が史実かと言うと、前回1568年の氏真による徳政令まで書いてしまったので、あまりない。
実は、史料では小野政次が直虎家督相続には反対している様子がない。
直親が謀反と今川氏真に讒訴し、直親を死に至らしめたのは、小野政次である。
井伊家で力を持っている小野が、直虎をすんなり次の殿様と認めたのは不思議である。
今川氏真も、反対しなかった。
昨年暮れ、京都の井伊美術館館長が、直虎男性説を発表した。
それによると、今川家臣関口氏経の息子を、”井伊次郎”として、今川氏真が井伊の領地を与えたと言うものである。
井伊家の成人男性の死に絶えた後、今川から送り込まれたと見る説である。

史料が新たに出て来た場合、精査し研究しないと何とも言えない。
直虎が女性である説も、十分考えられる。
直虎が女性の場合、直虎が家督相続して今川氏真、小野政次らも反対しなかったのは寿桂尼の意思かもしれない。

寿桂尼、次回は具合が悪くなるようだ。
寿桂尼の夫は今川氏親、氏親が十数年病床にあったので、政治を補佐した。
没後、長男氏輝が家督を継ぐが14歳であったためやはり政治を補佐。
しかし、氏親が24歳で若死にしてしまう。
そして、同じ日にもう次男が死ぬ。これは間違いなく事件性があるだろう。
そして、側室の子で3男の玄広恵探(げんこう えたん)と家督争いをしたのが5男今川義元である。
勝ったのが今川義元である。
その義元も、信長に殺された。
孫も、松平元康に攻められ自害。

今川仮名目録(法令集)は、今川氏親の名前で発布されたが、病床の身だったので、実際は寿桂尼は側近たちによるものと考えられる。
そして、今川氏の国務を取り仕切ったのである。
寿桂尼は、死しても今川の守護たらん遺言し駿府御所の鬼門(北東)龍雲寺に遺骸が埋められた。
公家の出でいて、女性でいてまさに戦国大名以外何物でもない人生である。

【2017.04.17 Monday 21:15】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417247
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中