大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 おんな城主直虎「罪と罰」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 刀剣 | main | 岡山で太刀山鳥毛 >>
おんな城主直虎「罪と罰」
龍雲丸は、どうやって逃げたのだろう。
仲間がたくさんいるから、壁掘りしたのかもしれないが。
ふと、便所の穴から糞まみれになって逃げた、同時期の山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)を思い出してしまった。笑

山中鹿之助の主君は、尼子義久である。
尼子氏が滅亡してしまい、山中鹿之助は、尼子家再興に奔走することになる、
尼子家再興のためならば、「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈っちゃったりする。
この人、出雲や鳥取あたりで戦を繰り広げていたが、末吉城(鳥取県西伯郡)で降伏。
現、尾高城(鳥取県米子市)に幽閉された。
牢の中から「腹が痛い、赤痢になった」と言い繰り返し厠に行った。
牢番を油断させておいて、便所の穴から糞まみれで逃げて行ったと言う武将である。
この人の子孫は鴻池財閥となり、三和銀行になり今は三菱東京UFJ銀行に吸収されている。
そういえば、三菱東京UFJ、名前変わって三菱UFJになるんだよね。

ドラマでは、武田信玄が、今川との軍事同盟を破棄して今川氏真が大慌て。
復活した寿桂尼が、恩知らずの松平元康(家康)と結べと言っていたが、無駄無駄。
松平元康は、今川とは結ばない。
武田信玄は長男義信を廃嫡、幽閉しその妻(氏真の妹)を今川に返す。
信玄4男の勝頼を跡取りにして、織田信長の娘と婚約させる。

今川は義元の師で軍師だった雪斎が死に、義元が殺され、寿桂尼も死にどんどん弱体化する。
後に、家康が天下人になった頃のことである。
家康の前に、宗襦覆修Δん)と名乗る老人が現れた。
この老人こそ、かつて家康が人質に行った先の今川氏真であった。
戦国大名としての今川家は武田信玄の侵攻により滅んだが、
後年、氏真は京都で歌人として名を上げていた。
氏真は、まだ戦国大名だった頃、冷泉為益(れいぜい ためます)を師匠として和歌の道をきわめている。

時を経て、家康と対面した氏真は、歌道論をぶち上げ、自分の歌人としての才能を自慢した。
ここら辺が、根っからのアホなのだろう。

家康は、「歌道の理屈をこねるより、感じたままを歌に詠めば良い。」と言った。
そして、家康はこうも言った。
「歌道を学ぶ時間があれば、武道を学べばよかったのに。
そうすれば、和歌に夢中になり、国を失うことはなかった。」

今川氏真、武将になり切れない所があり、家が滅んでも命永らえたが、
大国だった今川領を失った。

【2017.05.15 Monday 16:21】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417260
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中