大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 角館の旅 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< うちでとれた野菜です。 | main | 大阪地検特捜部が近畿財務局を捜査へ >>
角館の旅


秋田新幹線に乗って、角館を旅して参りました。
角館に出かけたのは初めてです。
まずは、角館駅で下車してホームにあった山車。
角館祭りのやま行事と言うお祭りに使われるものです。
2016年「ユネスコ無形文化遺産」に登録されています。
毎年9月7〜9日の3日間に行われる角館神明社(しんめいしゃ)と薬師堂(やくしどう)のお祭で、約400年続いて参りました。

やま(山車)がそれぞれ神明社・薬師堂へお参りしたのち、佐竹氏一門、殿様の一族である佐竹北家に見せるため町内を練り歩きます。
その道中、やま(山車)は鉢合わせしたり、ぶつかりそうになったりします。
各町内の交渉役の若衆が通行の優先権を巡って交渉します。
上手くいけば、やま(山車)はすれ違い、失敗すれば山車をぶっつけ合います。

9月7日夕方から角館神明社を参拝し、8日佐竹北家へ見せて、夕方から見せ場のやま(山車)ぶっつけが始まります。
9日夕方からは多くのやま(山車)が町中に繰り出し賑やかなお祭りとなります。

秋田が豪雨で大災害となっている中、隣の宮城県でゴルフをした挙句に、ビールを飲んで寝てしまい、12時間以上連絡がつかなかった秋田県知事知事。
佐竹知事だが、この人が角館の佐竹北家の末裔である。
豪雨対策会議にも間に合わず、欠席の大失態。
佐竹知事は、ロシアのプーチン大統領からいただいた、シベリア猫ミール君の飼い主でもあります。



【2017.07.30 Sunday 15:57】 author : いづな薫 
| | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)俺が地獄へ行く、カッチョエ〜
俺を信じろ、ガッキョエ〜
一度でいいから言ってみたい。あんた馬鹿じゃないのて言われそう〜。
バカでもいいいから一度言いたい。

籠池夫婦が逮捕されましたね、清めて出てきてください。
他に逮捕する馬鹿野郎いるだろう。え(`ω´)薬物議員だよ、公にするぞ安倍
投票日前にな。これを追及するのが民進党でしょうが、馬鹿野郎共が
同じ国会議員様達だから仲間だと思っているな、馬鹿野郎。
お前ら全員歳費を国民の皆様にお返ししろ。
上西議員様が次の選挙に備えメディアに出ていますが、
非常に危険です。上西議員様が刺されるのを見たくないので、
誰か注意してください。非常に危険です。
おとなしい飼い殺しの羊ではない国民もいますので、危険です。
もっとも、刺されたら同情票期待か、やるな〜(`ω´)成り行き任せます。
もはや、莫大な歳費獲得に向けて命がけだな、情けなや〜(`ω´)奴ら

角野舘は、「たそがれ清兵衛」の撮影拠点ですね、
「顔なぞ付いていればいんだ。どうだ」本家の丹波哲郎さんの名台詞が思い出されます。
まだ肌寒い、田んぼの風景、幕末まで生き残った主人公、しかし最後の戦いで戦死
| 串かつ | 2017/07/31 7:31 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>(`ω´)俺が地獄へ行く、カッチョエ〜

問題起こしたのは俺だけど、地獄へ行くのは君。by安倍
日報の全容知る人物も海外転勤命じられましたね。

<籠池夫婦が逮捕されましたね、清めて出てきてください。

近畿財務局、財務省の背任は罪重いです。
国民の財産を、大幅に損失させたのですから。
あと、今忙しくて書けないでおりますが、安倍でも加計でも財務省でもない第三の勢力があるような気がいたします。

上西議員、維新を離れたから叩かれているのですか。
今、情報が少なくおかしなこと申しておりましたらすみません。

>角野舘は、「たそがれ清兵衛」の撮影拠点ですね、
「顔なぞ付いていればいんだ。どうだ」本家の丹波哲郎さんの名台詞が思い

たそがれ清兵衛の撮影に使われた武家屋敷行きましたよ。
後日、出て参ります。
| いづな薫 | 2017/08/01 8:44 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417295
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中