大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 東京上空で飛行する魔の11分 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 角館 青柳家 | main | 福島原発内に不発弾 >>
東京上空で飛行する魔の11分


東京オリンピックに向けて、舛添元都知事の時に決められたのが羽田空港増便計画である。
日本は、島国なので外国から日本に入国しようと思うと、飛行機が非常に重要である。
東京の年間観光客数は、5億2000万人である。
そのうち外国人客が1310万人である。

羽田空港から飛び立った飛行機が東京23区を時計回りに迂回し、千葉県方面から海に出て行く。
私が見たのはそのうちの1機だろう。
港区、大田区、渋谷区、新宿区、中野区、北区、練馬区、品川区などの上を行きかう。
東京タワ-の333mより低い300mまで降下し羽田へ着陸する。
今のような夏の時期、南風に乗って埼玉上空から新宿900m、渋谷〜大井〜羽田に着陸する。

私が今日見たのは、何mだか知らないが、エンジンやタイヤをしまう扉の形が判別出来た。
新宿で900m、恵比寿で400mである。
スカイツリーが634m、東京タワーが333mである。

東京には米軍の横田基地がある。
この米軍基地が持つ横田空域のエリアを日本の航空機は通過できない。
横田空域のせいで、日本他民間機は大廻りして移動している。
時間もかかり、その間無駄に使う燃料は、大阪羽田間の年間燃料費代に匹敵する。

クリティカル‐イレブンミニッツ(critical eleven minutes)と言う言葉を、皆さまご存じだろうか。
クリティカルは「危機的」の意味である。
航空機の離陸後3分と着陸前8分の、合計11分間が、非常に危ない事を表している。
雪や突風など天気の変化、鳥の衝突の恐れがあり、この11分間の操縦はマニュアルで行われる。
ヒューマンエラーもあり、事故が起こりやすくなる時間帯である。
魔の11分間を東京の上を飛ぶことになる。

もしもエンジンに異常が起きたら、どうするのか。
実際、飛行機事故の8割はこの11分の間に起きている。
乗務員が最も緊張する時間である。
もしも、この時間にエンジントラブルが起きたら、対処が非常に難しいとパイロットは証言する。
32年前羽田を離陸した日航123便も、この直後に事故が起きた。

飛行機が何でもなくても、氷や部品など落とし物をすることだってありうる。

いま日本は、すべて経済優先に動いている。
多少の犠牲はやむを得ないとすら、政官財は考えているのではないか。

2020年までに外国人観光客数を4000万人にする。
それは国家戦略である。
そのために、羽田では国際線の大幅な増便が急がれている。

全ては経済優先、米国優先の国家戦略である。
経済団体は、一般国民よりはるかに密接に政治家を支援しつながりを持っている。
昨今では、小池ゆり子、若狭勝、細野、長島、渡辺と言う米国利益代弁者の日本政治家がグループを作りそうだ。
国民も自身の生活と安全のために、政治に参加して行かないと生命財産を守れない。

【2017.08.09 Wednesday 20:21】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)警視庁高井戸署は暴力団事務所なんだな。
しかし子供にすら、まともに相手できないのか、呆れるわ
弱いものに強くでるなんて、人間の屑だな、男の腐れだね
当然恐喝罪で逮捕だろ。丸暴だな
警察庁長官、警視総監、安倍内閣総理大臣は謝罪せよ、
国民の皆さんに謝れ。

飛行機は非常に危ない代物です。化石燃料を燃焼させて
飛ぶなんて、危なくて、危なくて
機長が最初に確認するのは、燃料が確実にエンジンに送られているか
です。滑走路の長さは、途中で離陸を断念した場合に、
確実に飛行機が停止できる長さで設計されています。
つまり滑走を始めてから離陸までに、エンジンの調子を確認して
他異常が無いか機長が滑走中に全て確認して安全を判断して、
副機長が離陸速度に達しましたと、機長に宣言すると、機長は
全ての責任をかぶり、安全宣言をして機を離陸させるのです。
離陸速度は毎回違うそうで、飛行機の重量は搭乗人数、荷物などで
変化しますから、あと自然現象など、空母の艦載機もカタパルトで調整
するそうです。
オスプレイなんぞ欠陥商品でしょ、エンジンがタテになるんですよ、
信じられん構造です。自然法則、物理学を無視しています。
そんな欠陥製品に高い、なけなしの血税投入、これだけでも
刑務所行でしょう。
国の借金は1,080兆円だそうですが、これは国会議員と秘書が
毎月50万円ずつ国に返しなさい。当たり前の話です。

しかしさ、音速の20倍の速度で落下してくるミサイルを
迎撃できると思っているのかね、自由落下させてんだよ

しかしさ、まったく仕事していない国会議員と秘書に税金で
ある歳費を支給させていいのかね、そんな国があるんかね。
皆さん名前を憶えておいてください。次は落選させましょう。
| 串かつ | 2017/08/11 11:43 AM |
(`ω´)素晴らしい
私なんぞ、紙に名前を書いて、トイレの壁に貼っていますよ、
全国指名手配犯人みたいにさ、エクセルで顔写真を張り付けてね、
選挙区や犯した犯罪歴も記入していますよ。
今度は秘書の名前を付けくわえようかと考えています。
しかし人相悪いね、揃いも揃って、他の犯罪者といい勝負だ。
もちろん安倍も記入してます。
最近はハゲ〜のおばさんも付け加えました。
| 串かつ | 2017/08/11 12:26 PM |
串かつ先生

コメントサンキュです。
国会周辺を「平和」「9条」「NO.9」とかをプリントしたTシャツだの袋持っていると示威行動とみなされ職質だそうですよ。

>飛行機は非常に危ない代物です。化石燃料を燃焼させて
飛ぶなんて、危なくて、危なくて

そうですね、そうなんですね。
海外行く時は仕方ないにしても国内ではなるべく乗りたくないです。
近距離線など乗ると、揺れるしタクシーくらいしか壁ないんじゃないの?と思えて怖いです。
最近、猛暑で空気が薄くなり離着陸に影響が出ているそうですね。
持ち上がらないの。

>機長が最初に確認するのは、燃料が確実にエンジンに送られているか
です。滑走路の長さは、途中で離陸を断念した場合に、
確実に飛行機が停止できる長さで設計されています。
つまり滑走を始めてから離陸までに、エンジンの調子を確認して
他異常が無いか機長が滑走中に全て確認して安全を判断して、
副機長が離陸速度に達しましたと、機長に宣言すると、機長は
全ての責任をかぶり、安全宣言をして機を離陸させるのです。
離陸速度は毎回違うそうで、飛行機の重量は搭乗人数、荷物などで
変化しますから、あと自然現象など、空母の艦載機もカタパルトで調整

串かつ先生、凄く詳しいです。
飛行場の設計もされるのですか。
オスプレイは、危ないから米国内で飛ばすなと米国民が言うので、日本で飛ばしているんですね。
これ見て喜んでいる人の気が知れないです。
米軍納入時70億円なのに、日本では100億円で買うんでしたね。
血税で。

>しかしさ、音速の20倍の速度で落下してくるミサイルを
迎撃できると思っているのかね、自由落下させてんだよ

できませんなー。
PAC3よりミサイルの方が早く、しかもどこに飛んで来るかわからないと来ています。
迎撃ミサイルが有効なように言っている政府、マスコミは狂っています。

>私なんぞ、紙に名前を書いて、トイレの壁に貼っていますよ、
全国指名手配犯人みたいにさ、エクセルで顔写真を張り付けてね、
選挙区や犯した犯罪歴も記入していますよ。
今度は秘書の名前を付けくわえようかと考えています。
しかし人相悪いね、揃いも揃って、他の犯罪者といい勝負だ。
もちろん安倍も記入してます。
最近はハゲ〜のおばさんも付け加えました。

すごーい!!
指名手配ポスターみたいなの作ったのですか??
それお持ちになってデモに行かれると良いですね!
東京でも関西でも、デモ会場でなく街中で「安倍政治を許さない」のカードをバックに下げている人時々見かけます。
私は必ず声をかけるんです。
先日、東大寺近くの奈良ホテル内で、上品な紳士がカバンにつけていらしたので「それ素敵ですね。」と声をかけたのです。
「素敵でしょ。」とにこっと微笑んでいらっしゃいました。

総選挙が近づいて来ていますね。
| いづな薫 | 2017/08/11 4:31 PM |
串かつ先生

大きな鶏に追い掛け回される地獄を描いた、「地獄草紙」今公開中です。
奈良国立博物館蔵(8/8〜9/3)です。
| いづな薫 | 2017/08/11 4:35 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417306
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中