大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 レオナルド・ダ・ビンチ ミケランジェロ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 金継ぎ(きんつぎ) | main | おんな城主直虎 「井伊家最後の日」 &最近の不倫報道 >>
レオナルド・ダ・ビンチ ミケランジェロ


レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ展を見て参りました。
場所は、東京の三菱一号館美術館です。

レオナルドダ・ビンチ、建築、科学、解剖学と研究を重ね、しかも反転した鏡文字で記録している。
天才なので、脳のポテンシャルが余っているようだ。
レオナルドとミケランジェロは、同時期に生き互いに芸術家として交流がありその書簡が展示されている。
日本で言えば、彼らが生きたのは戦国時代初期の頃である。
毛利元就や北条早雲の時代である。

弟子へ、ひたすら素描練習を促す言葉、筋肉も骨格も知り尽くした解剖学者のような芸術家である。

素描はいわゆるデッサンで、芸術家の力量を表す上で最も重要である。
芸術の創造の源はデッサンであり、中でも、ダ・ビンチとミケランジェロは秀逸である。
そのふたりの巨匠を一度に楽しめる機会となっている。

展示もさることながら、会場の三菱一号館美術館が、復元ながら見ものだった。
1894年、明治時代にジョサイア・コンドル設計で建てられたが、1968年老朽化のため取り壊している。
40年経て復元した建物は、背の高い天井、ドア、重厚な造りで往時を忍ばせている。

【2017.09.03 Sunday 11:25】 author : いづな薫 
| 芸術 文化 書籍 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ああ 反転した鏡文字?
なんだそれは? ってなさくらおばさんです
ネットで分かるよね 
友人はなんでもスマホでその場で調べます
真似しようと思いつつ。。 時にはしますよ

そう デッサンです やっていますか?
きっとなんでも人知れず努力されていますよね。

↓ 偶然にも同じ器を持っていました
単に似ているだけかもしれませんが。。
清水焼ですよね
こういうきれいに安全に修復する方法も
目から鱗でした
発掘で土器つなぎなどを見ていた割には
発展していかない発想ですね

楽しく 厳しく いいブログです
勉強できています ありがとう
| さくら | 2017/09/07 11:13 AM |
さくら様

コメントありがとうございます。
鏡文字調べました?
鏡に映したように文字を反転させて書きますね。

>そう デッサンです やっていますか?

やっていませんよ。笑
昔は書いていましたが。

修繕した器は一点ものなので、さくら様のもそうだと思います。
この器の土の音が好きなんです。

>こういうきれいに安全に修復する方法も
目から鱗でした

金継ぎは面白いですね。
渋すぎる趣味ですが。笑
最近は東急ハンズの漆コーナーに行くのが楽しみです。

>楽しく 厳しく いいブログです
勉強できています ありがとう

こちらこそご贔屓にして下さり感謝いたします。
昨日、コメントいただいた頃、ちょうど私もさくら様のブログを拝見しておりました。
これからまた参りますね。


| いづな薫 | 2017/09/08 2:25 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417318
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中